株式会社日本マイクロニクス
ニホンマイクロニクス
2019

株式会社日本マイクロニクス

東証一部上場/半導体/精密機器
  • 株式公開
業種
半導体・電子部品・その他
精密機器/重電・産業用電気機器/機械/商社(電機・電子・半導体)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

■□■「検査」の分野から、世の中の安心・安全を支えています!■□■

当社の主力製品である、半導体検査器具の「プローブカード」は、世界でトップクラスのシェアを維持しています。
目標は「他社が10年は追いつけない製品」を開発すること。お客様の要望に対応するため、開発から資材調達、製造、管理までを独自の方法で展開すると共に、人材育成にも力を注ぐことで、世界初、業界初のモノづくりを目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

世界トップクラスのシェアを誇る検査器具と装置

日本マイクロニクス(MJC)は半導体製造工程で使用される検査器具“プローブカード”、検査装置“テスタ”などを半導体メーカーに提供しています。シェアは世界トップクラスを誇り、これらは半導体の品質や性能を支えるため、高い精度を用いて開発・製造されています。トップメーカーであり続けるために、自社で製造装置を開発しているのも特徴です。また、検査器具や装置を、お客様のニーズに合わせ「テストソリューション」という形でも提供しています。多様化するニーズに対応するため、営業と技術だけでなくグローバルスタッフが常にチームを組んでおり、売上全体の約7割が海外向けとなっています。

技術力・開発力

研究開発への積極的投資。現状に満足せず、常に未来志向。

半導体業界は、技術革新のスピードが速いことが特徴です。MJCは常に最先端の技術や製品を提供するために、売上の約1割を研究開発に投資しています。また、半導体関連に限らず基礎研究や新分野への挑戦も積極的に続けており、全社員で共に成長し、世界トップクラスのプロービングカンパニーとして進化を遂げています。

会社データ

事業内容 半導体検査機器、計測器具の開発・製造・販売
設立 1970年11月2日
資本金 50億1,800万円
従業員数 930名(グループ全体:1,251名)※2017年9月現在
売上高 284億5,500万円  ※2017年9月実績
代表者 代表取締役社長 長谷川正義
国内ネットワーク 【本社】
〒180-8508
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-6-8

【工場・研究所】
■青森工場
〒036-0114
青森県平川市町居南田571-2

■青森松崎工場
〒036-0164
青森県平川市松崎西田41-1

■大分テクノロジーラボラトリー
〒870-117
大分県大分市高江西2-5-1

【営業所・出張所】
■青森営業所
〒036-0114
青森県平川市町居南田571-2

■大分営業所
〒871-1117
大分県大分市高江西2-5-1

■関西出張所
〒650-0033
兵庫県神戸市兵庫区塚本通6丁目2-14 二川ビル301

■熊本営業所
〒861-2202
熊本県上益城郡益城町田原2170-9
海外ネットワーク ■北米
・MJC Electronics Corporation
・MJC Electronics Corporation: California Branch

■欧州
・MJC Europe GmbH (ドイツ)

■韓国
・MEK Co., Ltd.

■中国
・MJC Microelectronics(Kunshan) Co., Ltd.
・China MJC(Shanghai)Co., Ltd.

■台湾
・Taiwan MJC Co., Ltd.

■東南アジア
・MJC Electronics Asia Pte.Ltd.(シンガポール)

■販売代理店・協力会社
・Gallant Precision Machining Co., Ltd. (台湾)
沿革 1970年11月/シンクロスコープ、ファクシミリ、産業半導体、真空試験装置のメンテナンスを目的として、東京都目黒区にトーワ電気株式会社を設立  

1971年 7月/東京都武蔵野市に本社を移転 、半導体を対象とした計測技術及び微細加工技術の研究開発を開始  

1973年11月/半導体検査装置及び精密測定機器を開発、販売を開始  

1975年 4月/商号を株式会社日本マイクロニクスに変更

1976年 3月/プローブカード開発

1977年 8月/マニュアルプローバ1号機を完成  

1981年 5月/青森県南津軽郡平賀町(現 青森県平川市)に平賀工場を新設  

1983年 1月/マニュアルプローバ(モデル705)が日経産業新聞に重要特許抄録としてとりあげられる

1985年 3月/青森県南津軽郡平賀町(現平川市)に新平賀工場(現青森工場)を新設  

1985年 4月/青森営業所を開設  

1985年12月/液晶ディスプレイ検査装置1号機を完成  

1989年 8月/東京都三鷹市に研究開発拠点として研究開発センターを開設 (2012年9月 本社・青森松崎工場と統合)

1992年 1月/パッケージプローブ開発に着手  

1994年 6月/神戸市中央区に関西営業所(現 関西出張所)を開設  

1997年 4月/日本証券業協会に株式を店頭登録  

1997年 6月/大分工場及び大分営業所を大分県大分市高江西に移転し、大分テクノロジーラボラトリーに名称変更  

1998年12月/熊本工場及び熊本営業所を熊本県上益城郡益城町に移転し、熊本テクノロジーラボラトリーに名称変更(2012年9月 大分テクノロジーラボラトリーと統合)

1999年 3月/米国カリフォルニア州サンノゼ市にサンノゼ支店を開設  

2000年 7月/青森県南津軽郡平賀町(現 青森県平川市)に青森松崎工場を増設  

2003年 1月/中国上海市に子会社MJC Microelectronics(Shanghai)Co., Ltd.を設立  

2004年 5月/茨城県真壁郡(現 筑西市)に茨城テクノロジーラボラトリーを開設 (2011年11月 青森工場と統合)

2004年 7月/台湾桃園市に子会社Taiwan MJC Co., Ltd.を設立  

2005年 1月/世界初の8インチウェーハ一括測定プローブカードを製品化  

2005年 3月/中国上海市に子会社China MJC(Shanghai) Co., Ltd.を設立  

2006年 6月/米国デラウェア州に子会社MJC Electronics Corporationを設立  

2006年10月/東京都三鷹市に子会社 株式会社MJCテクノを設立  

2007年 5月/青森工場に新棟を増設  

2007年 5月/独国ザクセン州に子会社MJC Europe GmbHを設立  

2008年10月/韓国京畿道富川市に子会社MEK Co., Ltd.を設立  

2010年 1月/国内全拠点においてISO9001、14001を認証取得  

2011年 4月/中国に子会社MJC Microelectronics(Kunshan) Co., Ltd.を設立

2013年 7月/東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

2015年11月/東京証券取引所 市場第一部に上場

2016年12月/シンガポールに子会社MJC Electonics Asia Pte.Ltd.を設立

2017年10月/子会社株式会社MJCテクノを吸収合併
主要取引先 Samsung Electronics Co.,Ltd、マイクロンメモリジャパン株式会社、ルネサステクノロジ株式会社、株式会社東芝、Intel Corporation、Micron semiconductor Asia Pte.Ltd.、富士通株式会社、三菱電機トレーディング株式会社、Nan Ya Technology Corporation、Innolux Corporation
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)