スズキ株式会社
スズキ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 株式公開
  • 正社員
業種
自動車
輸送機器/機械/半導体・電子部品・その他/その他製造
本社
静岡

私たちはこんな事業をしています

「価値ある製品を」、スズキはこの言葉を会社の「モットー」として、ものづくりに励んできました。
それは、誰の手にも届きやすい高品質・低価格な製品。時代のニーズや国ごとのライフスタイルにマッチした製品。
スズキは人の心に寄り添いながら、本当に必要とされる価値を提供していきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

小さいって、つよい。

「小さいって、つよい。」コンパクトカーをひと言で表すなら、そんなコトバがふさわしい。環境性能、経済性、日常の足としての使いやすさ。今、コンパクトカーは、時代が求める価値そのものだ。と同時にそれは、スズキという会社を表すコトバでもある。より身近でよい製品をお届けするために、ムダを減らし製造期間を短縮する「小少軽短美」という考え方も、そのひとつ。そして何より、プロジェクト成功のためコンパクトにスピーディに動くチームの力。“チームスズキ”と呼ばれる、私たちのつよさの源だ。小さいことは、個性。私たちだからこそ提供できる価値。次の100年に向けて、ともに歩いてくれる人は、いますか。

技術力・開発力

より良い製品、より豊かな暮しをめざし、チャレンジし続けます。

「価値ある製品」づくりをめざすスズキは、これからの新しい時代、変化する社会に向かって、豊かな感性で、スズキが創造すべき「新しい価値」を絶えず追い求め、それを実現するための新しい技術にチャレンジしています。二輪車、四輪車などの製品開発をもちろん、次の世代の自動車開発を進め、その領域は広範囲にわたっています。

企業理念

つくる喜びと使う喜び。その国の人々の笑顔が信頼の証です。

スズキのグローバル展開は、単に海外でスズキ製品を販売すればいいというものではありません。相手国をパートナーと考え、ともに成長していくことが、私たちの事業理念。現地に工場を建設し、雇用を生み出すこと。人々にクルマやバイクのある生活の豊かさを広めていくこと。スズキの企業姿勢は、各国から多くの賛同をもって迎えられ、現在、19の国や地域で27社の現地生産会社が稼働しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

スズキの「価値ある製品」づくりから、その製品をお客様へお届けし
アフターサービス活動まで、幅広い分野の仕事に携わっていただきます。

■技術職/先行開発、設計、実験、品質保証、生産技術など
■サービス技術/四輪車のメンテナンスやアフターサービスに関する業務
■営業職/国内営業
■事務職/海外営業、財務、法務、ITなど

会社データ

事業内容 二輪車、四輪車、船外機、電動車いす、産業機器の開発・製造・販売
設立 1920年(大正9年)3月
資本金 1,380億1,476万円(2017年3月31日現在)
代表者 代表取締役社長 鈴木 俊宏
従業員数 15,138名(2017年3月31日現在)
事業所 本社(静岡県浜松市)
高塚工場(静岡県浜松市)
豊川工場(愛知県豊川市)
湖西工場(静岡県湖西市)
磐田工場(静岡県磐田市)
大須賀工場(静岡県掛川市)
相良工場(静岡県牧之原市)
スズキ塾 引佐研修センター(静岡県浜松市)
スズキ塾 観月園研修センター(静岡県浜松市)
東京支店(東京都港区)
横浜研究所(神奈川県横浜市)
二輪技術センター(静岡県磐田市)
船外機技術センター(静岡県湖西市)
下川コース(北海道上川郡)
相良コース(静岡県牧之原市)
スズキ歴史館(静岡県浜松市)
主なグループ企業 子会社 :136社(国内69社、海外67社) 
関連会社:32社
(2017年3月31日現在)
売上高 3兆1,695億4,200万円(2017年3月期連結)
沿革 1920年 鈴木式織機(株)として設立
1952年 輸送用機器へ進出 バイクモーター「パワーフリー号」(2サイクル36cc)を発売
1954年 鈴木自動車工業(株)に社名変更
1955年 軽四輪乗用車「スズライト」(2サイクル360cc)を発売
1965年 船外機部門に進出
1983年 インド、マルチ・ウドヨグ社でスズキ四輪車生産開始
1990年 スズキ(株)に社名変更
1992年 ハンガリー、マジャールスズキ車で四輪車生産開始
2002年 四輪車累計販売台数3,000万台を達成(全世界)
2005年 四輪車累計生産台数500万台を達成(インド、マルチ・ウドヨグ社)
     二輪車累計生産台数500万台を達成(インドネシア)
2007年 インド子会社を「マルチ・スズキ社」に社名変更
2010年 四輪車累計販売台数1,000万台を達成(インド)
     新型「スイフト」が2011年次RJCカーオブザイヤーを受賞
2011年 四輪車累計生産台数1,000万台を達成
    (インド、マルチ・スズキ社)
2012年 四輪車累計販売台数1,000万台を達成(インド、マルチ・スズキ社)
     タイで新型「スイフト」の生産・販売を開始
     新型「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を発売
     軽四輪車累計販売台数2,000万台を達成(日本)
2013年 「スイフト」が世界累計販売300万台を達成
     四輪車の世界累計販売台数が5,000万台を達成
2014年 「スイフト」が世界累計販売400万台を達成
     船外機「DF25A/30A」がアメリカマリン工業会の技術革新賞を受賞
    「ハスラー」が2015年次RJCカーオブザイヤー、
     2014-2015年次日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞
2015年 インド生産の二輪車「GIXXER(ジクサー)」が13のバイクオブザイヤーを受賞
    「アルト/アルト ラパン」が2016年次カーオブザイヤーを受賞
2016年 新型小型乗用車「イグニス」を発売
      新型小型車「バレーノ」を発売
     「スイフト」が世界累計販売500万台を達成
2017年  新型「スイフト」を発売
              新型「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を発売
     新型「スイフト」が2018年次RJCカーオブザイヤーを受賞
     最大出力350馬力の新型船外機「DF350A」を発表
     「DF350A」がアメリカマリン工業会より技術革新賞を受賞
     新型「スペーシア」を発売
     新型小型車「XBEE」を発売

連絡先

〒432-8611静岡県浜松市南区高塚町300
        スズキ株式会社 人事部 採用担当
■電話 (053)440-2086(ダイヤルイン)
■URL  http://saiyo.suzuki.co.jp/
■交通機関 JR浜松駅より 東海道本線下り「高塚駅」下車徒歩10分
掲載開始:2018/03/01

スズキ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

スズキ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)