マルコメ株式会社
マルコメ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
食品
本社
長野

私たちはこんな事業をしています

かつてお味噌は、暮らしの必需品でした。
でも、本当に必要なのは、これからだと思うのです。
おいしさや健康はもちろん、毎日のよろこびを、生きる力の源を、
世界中のあらゆる人々に届けていくこと。
それが日本の発酵と向き合ってきた、私たちマルコメの使命です。
発酵は未来へ向けたエネルギーである。
その可能性を信じて。マルコメはこれからも歩みつづけます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

日本古来の発酵技術を通じて生活者のすこやかな暮らしに貢献する

世界は、IT革命などにより多くの国々が急激に豊かになっています。しかし、同時に各国で肥満や成人病などが深刻化しているのも事実です。当社のある長野県は、世界一の長寿県でもあります。また、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の「ど真ん中の素材」を持っている当社が世界でやるべき役割・使命は、まだたくさんあると考えております。現在、当社は『マルコメの発酵技術で圧倒的な「驚き」「感動」「健康」を届けていく』というビジョンのもと、社員一人ひとりがミッション達成に励んでいます。

事業優位性

お味噌売上 国内NO.1メーカーです!

味噌カテゴリーにおいて、国内でNO.1シェアとなっており「だし入り」「液体みそ」「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」など、どこよりも早く他社とは違う新しいチャレンジを行ってきたからだと考えております。最近では、接点が少なかった若年層とのコミュニケーションとして、日本独自の文化“HARAJUKU CULTURE”を世界に発信する「アソビシステム」とコラボした「カワイイ味噌汁」や味噌の原材料に着目した「ダイズラボシリーズ」など新しい試みをどんどん行っています。海外においても、アメリカを中心に英国・韓国・タイなど現地法人を構え、海外の売上も好調です。

社風・風土

是非、マルコメホームページの「先輩紹介」をご覧下さい。

社内の座席はフリーアドレス制となっており、毎日、違う座席に座る事で、様々な部署とコミニュケーションを取りやすい環境となっています。隣に社長・役員がいる場合もあります(汗)。「日本古来の発酵技術を通じて生活者のすこやかな暮らしに貢献する」と言う企業理念に外れなければ、新しい挑戦をどんどんさせてもらえる会社です。開発部門の社員に限らず、パート含め全従業員に商品提案が出来る環境や女性だけのプロジェクトなど、ポジティブな方にとっては自己実現が出来るチャンスの多い会社です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

当社は日本の伝統食品である「発酵食品」や「みそ」を、より健康指向のニーズ対応した商品に仕上げ、世界に愛されるものにしていくためのマーケティング、研究開発、製造、販売を行っています。具体的には皆さんに製造、生産管理、研究開発、品質管理、営業等幅広く経験し、活躍していただきます。

会社データ

事業内容 発酵食品及び味噌の研究開発、製造、販売。
商品には、一般家庭用・業務用・贈答用みそ、即席みそ汁、糀関連食品、大豆関連食品、発酵食品、及びそれに関わる機器などがあります。
設立 昭和23(1948)年3月
資本金 1億円
従業員数 436名(男性349名 女性87名)
売上高 410億4,000万円(2016年3月期)
代表者 代表取締役社長 青木時男
事業所 本社・工場/長野市
支店・営業所/東京、兵庫、札幌、仙台、名古屋を含む14カ所
関連会社 東京マルコメみそ販売(株)
九州マルコメ味噌販売(株)
Marukome U.S.A. lnc
Marukome Korea Co.,Ltd.
Marukome Europe Ltd.
Marukome Thailand Co.,Ltd.
沿革 安政元年●味噌・醤油製造業開始
昭和23年●青木味噌醤油株式会社設立
昭和27年●売上げが1億円突破
昭和35年●袋詰め包装機の開発
昭和41年●売上げが10億円突破
昭和42年●社名を「マルコメ味噌株式会社」と改称
昭和53年●販売数量業界トップになる
昭和57年●だし入り味噌「料亭の味」発売
昭和57年●「即席生みそ汁」発売
昭和60年●売上げが100億円突破
昭和61年●だし入り味噌「料亭の味」がトップブランドになる
昭和63年●フリーズドライ製法の固形味噌汁“味噌汁食堂”発売
平成元年●販売数量が業界シェア1割突破
平成2年 ●新コーポレートメッセージ「お味噌は、からだと生きていく」導入
平成2年●社名を「マルコメ株式会社」に改称
平成4年●「ソフトボトルみそ」発売
平成10年●本社工場にてISO9002認証取得
平成15年●「Dr.MISO」シリーズ(健康特化商品)発売
平成16年●本社事務棟完成。美麻高原蔵完成
平成17年●天然醸造味噌発売(みそ玉造り、一年みそ)
平成19年●マルコメ ロサンゼルス工場完成
平成21年●だし入り「液みそ」発売
平成21年●売上げが300億円突破
平成23年●高山工場完成(長野県高山村)
平成24年●「プラス糀シリーズ」発売
平成24年●キッチンカー「マルコメ号」導入
平成25年●新コーポレートメッセージ「日本のあたたかさ、未来へ。」導入
平成26年●糀エナジードリンク「hacco」発売
平成26年●ロックバンド「味噌汁's」とコラボ
平成26年●「スタジオコロリド」、「ロボット」制作のアニメコマーシャルが評判に
平成27年●「ダイズラボシリーズ」発売
平成27年●「アソビシステム」とのコラボレーション
平成27年●辻口博啓氏プロデュースメニュー提供の「ダイズラボカフェ」期間限定オープン
平成28年●東京・原宿に「カワイイ味噌汁屋さん」期間限定オープン
平成28年●ミランダ・カーさんとのコラボによる、「私に生きる食。」プロジェクト実施
平成29年●モーニング娘。’17とのコラボによる、「モーニングみそ汁」発売
日本のあたたかさ、未来へ たとえば、お味噌汁のまわりには、
家族の健康を願う、母がいる。
疲れた心をほぐす、安らぎがある。
母から娘へ、受け継がれる絆や、
人と人とが心を通わす時間、みんなのほころぶ笑顔がある。
そう。日本の発酵食品には、おなかを満たすだけではない、
日本人が古くから培ってきたあたたかさが
ぎゅっと詰まっているのです。

そんな誇るべき日本のあたたかさを、未来へ。

かつてお味噌は、暮らしの必需品でした。
でも本当に必要なのは、これからだと思うのです。
おいしさや健康はもちろん、毎日のよろこびを、生きる力の源を、
世界中のあらゆる人々に届けていくこと。
それが日本の発酵と向き合ってきた、私たちマルコメの使命です。

発酵は未来へ向けたエネルギーである。
その可能性を信じて。マルコメはこれからも歩みつづけます。

連絡先

本社/長野市安茂里883 〒380-0943
採用担当/人事総務課 小林(こばやし)
電話/(026)226-0258
■URL
http://www.marukome.co.jp/  
掲載開始:2018/03/01

マルコメ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

マルコメ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)