株式会社アクワイア
アクワイア
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社アクワイア

ゲームソフト/アプリ/勇者のくせになまいきだ/天誅/侍道
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
ゲームソフト
ゲーム・アミューズメント機器/インターネット関連/通信/その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

『天誅』シリーズや『侍道』シリーズ、『勇者のくせになまいきだ。』シリーズ等の家庭用ゲームソフト開発から、スマートフォン向けゲームアプリ開発と配信を手がけているアクワイアは幅広いプラットフォームにおける開発販売実績があります。2017年10月にはVRを使用した「V!勇者のくせになまいきだR」を。今後も「独自性」を大切に、デバイスに捉われることのない、マルチに対応するゲームの開発を行っていきたいと考えています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

脱マンネリ、そして新しい一歩を。

世の中には数えきれないほどのゲームが溢れています。家庭用ゲーム機が主流だった以前と比べ、スマートフォンやVRなど技術の進化に合わせて多種多様な楽しみ方ができるようになったゲーム。それでも変わらないのはユーザーを楽しませるという目的。アクワイアも例外ではありません。ユーザーの意外性をついた刺激的な開発をしたいと考えています。試行錯誤した期間もありましたが、やっと「らしい」開発に着手できる準備が整いました。今からアクワイアは、面白いことを作り出していくために大きく動き出します。新しいスマートフォンタイトルの企画・マルチ対応のタイトル制作。過去のヒット作を超える、新しい作品が生まれるまであと少しです。

魅力的な人材

おとなしくしていても、刺激的なものは作れない。

20年前、友人3人と立ち上げた「チームアクワイア」がいつしか「株式会社アクワイア」となり、世の中に様々なタイトルを発表できる会社に成長。設立当初から今に至るまで刺激的なタイトルを発信していくという考えは変わっていません。誰かひとりが面白いものを作ろうと思っても、ゲーム制作は分業制。全員が同じ方向を目指していないといいものは作れない。なので、企画ベースでも、ポイントだけでもいい、オリジナリティを持った意見を持ち、発信できる方をお待ちしています。自分が会社を代表するような作品を作り上げる。それくらいの野望を持っているくらいが、ゲームクリエイターとして確実に成長していけるはずです。期待しています。

社風・風土

肩ひじ張らずにひとつのテーブルを囲んで

オフィスの中央にはテレビ、ゲーム機、書籍、ソファー、(時々お菓子)などがおかれた広いスペースがあり、その真ん中にあるのが、テーブル。ちょっとした打ち合わせやミーティングの際に使われています。もちろん会議室でのしっかりとした打ち合わせもありますが、新しいアイデアや面白い企画を生むにはこういったユルイ、リラックスした雰囲気・環境も必要だと考えています。デスクにしがみついてはいいアイデアは出てきません。複数の人間が連携して作り上げるゲーム開発には、お互いのコミュニケーションが何よりも大切。何でも話せて、気軽に相談できる場所としても活用されています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【ゲーム・クリエイティブ】
ゲームプログラミング・3DCG・ゲーム企画など

【ソフトウェア開発】
アプリケーション開発・画像処理(3D主体)・DB・ネットワーク・設計など

【グラフィック・CGデザイン】
2D/3D 静止画/動画 業務用/TV CM デモ等の映像制作・Webデザインなど

会社データ

事業内容 家庭用ゲームソフト及びスマートフォンゲームの自社開発販売
家庭用ゲームソフト及びスマートフォンゲームの受託開発
モーションキャプチャー
その他(システム受託開発・CG制作など)
設立 1994年12月
資本金 1億円
従業員数 92名(2017年12月現在)
売上高 非公開
代表者 代表取締役社長  遠藤 琢磨
事業所 本社/東京都千代田区外神田1-16-9 朝風2号館ビル3F
主取引先 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)
(株)コーエーテクモネット
(株)スクウェア・エニックス
(株)スパイク・チュンソフト
(株)ソニー・インタラクティブエンタテイメント
(株)テレビ東京
日本テレビ放送網(株)
(50音順)
業界の一翼を担いたい アプリゲームの台頭、新しい家庭用ゲーム機の登場。
この数年でゲーム業界を取り巻く環境は大きく変化しています。
生き残るためには他社との差別化が重要なポイント。
他社はライバルであるのと同時に業界を共に盛り上げてゆく仲間。
より面白く、刺激的なゲーム作りと更なる発展を目指して、
ゲーム業界の一翼を担っていきたいと考えています。
社長自らが研修の講師に 企画、音楽、グラフィック、プログラムなど、ゲームを作る上で
必要なあらゆる業務は、時代と共に専門性が高くなりつつあります。
それぞれのプロフェッショナルが連携して一つのゲームを作るには、
お互いのコミュニケーションが欠かせません。
これからの開発スタッフには、より高いコミュニケーション力が求められてくるでしょう。
そのため当社では、社長や役員が講師となり、
コミュニケーション力向上の研修を4年前から行っています。
グループディスカッションや3分間スピーチなど様々なカリキュラムを通じて、
社内だけでなく社外でも円滑にコミュニケーションがとれる
ビジネスパーソンとして成長できるはずです。
20周年を越えて 平成6年12月に創業したアクワイア。
2016年に20周年という大きな節目を迎え、
会社のロゴとコーポレートメッセージを一新。
ココロに、さされ。というメッセージを掲げています。
スマートフォンの普及に伴いゲーム会社も数年で増加。
よりコンテンツの面白さで評価される時代へ突入しています。
その中で頭一つ抜きんでるために、アクワイアらしさを
全面にだした自社ゲームの開発を行っていきます。
将来を切り開くために、あなたの力を貸してくれませんか。
遊び心を求めて 以前こんなことがありました。
あるプログラマーは「ただ言われたとおりにプログラミングを
するだけじゃ物足りない、つまらない」と思い、
企画会議で思いついた、ある仕掛けを追加しました。
普通にゲームをしていたらまず気付かれない
ゲーム攻略本にも書かれていないほどの仕掛けですが、
なんとそれをユーザーが発見したのです。
この仕掛けはゲームの進行には大きな影響を及ぼすことのない些細なものでしたが、
「見つけられたかあ(笑)」ととても喜んだそうです。
ユーザーが喜ぶゲーム作りはもちろん制作者も遊び心を大切にして、
日々の仕事に取り組んでいます。
意見をぶつけ合う アクワイアの社員は意見のぶつかり合いを恐れません。
それはけんか腰で話すということではなく、
相手の意見を聞きつつ、自分の考えを相手に伝える・表現することが上手ということです。
言い換えれば受け身の姿勢で仕事をする人がいないということ。
仲間とコミュニケーションを活発に取り、相手の意見を聞き、
自分もアイデアを発信して、いいものを作り上げていくスタイルです。
チャレンジを恐れない アクワイアを代表するゲームは言うまでもなく『天誅』ですが、
まだこれを越えるゲームが誕生していないのも事実。
その為には社員全員でアイディアを出し合うことが大切です。
年齢やキャリア関係なく、面白いと思った企画を上長や社長に
プレゼンする機会がアクワイアには設けられています。
あなたのアイディアから次の代表作が生まれるかもしれません。
受け身にならず、おもしろいことに貪欲に。
自分がココロにささるゲームを生み出すんだという熱い情熱を
持っている方と一緒に仕事をしていきたいと考えています。

連絡先

〒101-0021
東京都千代田区外神田1-16-9 朝風2号館ビル3F
お問い合わせ:jinji@acquire.co.jp

ホームページ ⇒ http://www.acquire.co.jp/

【最寄り駅】
JR山手線・総武線・京浜東北線「秋葉原駅」 徒歩1分
地下鉄日比谷線「秋葉原駅」 徒歩2分
都営新宿線「岩本町駅」 徒歩5分
掲載開始:2018/03/01

株式会社アクワイアに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社アクワイアに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)