RESERVATION イベント予約

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 所属:福島研究開発部門 福島環境安全センター
安全管理・放射線計測グループ 兼環境動態研究グループ

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
所属:福島研究開発部門 福島環境安全センター
安全管理・放射線計測グループ 兼環境動態研究グループ

萩原 大樹

新潟大学大学院

自然科学研究科 自然構造科学専攻 修士課程修了

埼玉県出身 / 2007年入社

放射能分析技術の高度化に取り組み
福島原発の事故に向き合う。

学生時代、漠然と興味があったのは、環境分野。将来も自然科学の分野で研究に取り組みたいと考えているなかで、就職活動を通し高レベル放射性廃棄物の地層処分の基盤となる深地層の科学的な研究を知り、環境問題の解決に貢献できると考えて今の会社を志望しました。現在の仕事では、福島第一原子力発電所の事故によって飛散した放射性物質の分布状況を把握するため、放射能分析技術の高度化に関わる業務に関わっています。直接住民の意見を聞く機会もありますし、分かりやすく研究の内容を伝えるべき時もある。福島の現状を正しく伝えることの難しさを感じながら、研究の意義を考えることができることにやりがいを感じています。

people

people