株式会社ツルヤ
ツルヤ

株式会社ツルヤ

スーパー/食品
  • 正社員
業種
スーパー・ストア
本社
長野
残り採用予定数
5名(更新日:2017/06/19)

私たちはこんな事業をしています

当社は安全、健康、新鮮、旬(味・価格)をキーワードに世のため人のために役立つスーパーマーケットを目指しています。

「お客様のコト、本気で考えたい」
そう思ったら、ぜひ当社の会社説明会にお越しください!

当社の魅力はここ!!

企業理念

豊かな食生活を創造する。それがツルヤの企業使命です

当社のシンボルデザインは「心」という字の点と点、ハートの原型を表したものです。これは、私たちの心とお客様の心がひとつになることを願いデザインされました。当社が経営姿勢として掲げているのは「お客さまの夢に商品でこたえる」こと。これは「商品経営」「堅実経営」「共育経営」という従来からあった3つの経営の柱から導き出された理念です。具体的には、お客様の満足を第一に、高品質・高鮮度の商品を提供。そして、お客様・取引先・従業員・会社の限りない夢を堅実に実現していきます。今後も優れたサービスを提供し続け、豊かな食生活の創造に貢献します。

社風・風土

お客様に喜んでいただける仕事をする。それが私達の存在意義です

「食」。それ自体が人の心を豊かにしてくれるものです。楽しいだんらん、温かなおもてなしの場面をつくり、生活に喜びを演出してくれます。そんな「食」の役割を大切にしながら、安全で調理が簡単な、そして新しい味わい方を秘めた商品を提供している当社。健康を育み、経済的にもゆとりを生む商品を提供し続けることで、地域の方の豊かな暮らしに貢献しています。お客様に選ばれるお店になるために大事なのは、売上げ・利益を上げようと思う前に、お客様の喜びを第一に考えること。お客様に喜ばれる魅力的なお店づくりができて、はじめて本当の売上げ・利益が上げられるのです。この当社の考えに共感できるあなたをお待ちしています。

戦略・ビジョン

新SSMをコンセプトにした新店舗で今後、50店舗体制を目指します

小売流通業は大競争時代に突入しています。その中で当社は、ツルヤTRY120ビジョンを策定しました。具体的には、今後10年間で「新SSM(スーパー・スーパーマーケット)」をコンセプトととして、物販だけでなくサービスも充実した新店舗を中心に、50店舗体制を目指します。戦略目標としては、現在の長野県全域でのお客様の支持をより強固に再構築すると同時に、鮮度の高い商品を提供できる地区には積極的に店舗を展開。そして、新しい商品群を開発し、イートイン・テイクアウトなどのサービスを強化・育成します。当社のビジョンと、人生の目標が重なったあなた、私たちと一緒にお客様の笑顔をつくっていきましょう。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

入社時は部門担当として商品化および商品管理の販売管理、またはPOSレジのオペレーションおよび接客のレジ業務からスタート。

その後は部門主任として担当売り場の責任者、またはチェッカーチーフとしてレジ部門の責任者としての業務を経験します。

会社データ

事業内容 スーパーマーケット
設立 明治25年
資本金 5000万円
従業員数 3900人(男1200人 女2700人)
売上高 ●850億円(2017年6月期)

●810億円(2016年6月期)

●764億円(2015年6月期)

●733億円(2014年6月期)

代表者 代表取締役社長 掛川健三
事業所 ●営業本部・研修センター/小諸市御幸町2-1-20
店舗/
東信地区・・・小諸店、野沢店、臼田店、丸子店、みかげ店、小諸東店、上田中央店、、佐久中央店、神畑店、佐久穂店、立科店、山口店、御代田店、軽井沢店、塩田店、かのう店
北信地区・・・徳間店、長野南店、稲荷山店、須坂西店、一本木店、松代店、小布施店、青木島店、飯山店、長野中央店
中信地区・・・なぎさ店、平田店、広丘店、並柳店、山形店、池田店
南信地区・・・伊那福島店、赤穂店
沿革 明治25年  長野県北佐久郡小諸町(現 長野県小諸市)に
        初代鶴屋菊之助商号で海産肥料商として創業
昭和25年  株式会社つるや設立
昭和40年  小諸店新築オープン
昭和45年  野沢店新規オープン
昭和46年  臼田店新規オープン
昭和47年  丸子店新規オープン
昭和50年  軽井沢店新規オープン
昭和52年  上田東店新規オープン
昭和56年  総合センター完成
昭和60年  岩下店新規オープン
昭和61年  小諸東店新規オープン
昭和62年  滋野店新規オープン
昭和63年  営業本部を総合センターより現地に移転 / 中込原店・上田原店新規オープン
平成元年  佐久町店新規オープン
平成3年   C.Iを導入、商号を株式会社ツルヤと変更 / 小諸東店リフレッシュオープン
平成4年   立科店・上田西店新規オープン
平成6年   御代田店新規オープン
平成7年   北信地区1号店徳間店新規オープン
平成8年   軽井沢店新規オープン
平成9年   塩田店新規オープン
平成10年  長野南店・稲荷山店新規オープン
平成11年  須坂西店新規オープン
平成12年  みかげ店・かのう店・山口店新規オープン
平成16年  中信地区1号店 なぎさ店新規オープン / 一本木店新規オープン
平成17年  平田店新規オープン
平成18年  広丘店新規オープン
平成20年  松代店新規オープン
平成22年  上田中央店新規オープン
平成23年  並柳店・伊那福島店新規オープン
平成24年  小布施店新規オープン
平成24年  赤穂店新規オープン
平成25年  山形店新規オープン
平成26年  青木島店新規オープン
平成26年  神畑店新規オープン
平成27年  飯山店新規オープン
平成28年  長野中央店新規オープン
平成28年  佐久中央店新規オープン
平成29年  池田店新規オープン
~青木島店店長 久保田の考える「ツルヤのお客様へのこだわり」~ ◇・・・◆ ツルヤの「お客様へのこだわり」を強く感じる エピソード ◆…◇

入社した頃は「早く店舗経営をしたい」と考えていたこともあり、鮮魚部門で魚を切る日々にはとまどった時期もありました。
でもそんな時、先輩の一言で大きく変わったんです。

お客様から「ますを一尾ほしい」とご注文をいただいたので、一尾持って行こうとしたら先輩に「3匹くらい持って行きなさい」と怒られました。
意味が分からず「どうしてですか」と聞き返すと、先輩は「スーパーマーケットというのは基本的にセルフのお店であって、お客様が自分で選んで買える業態だ。頼まれた時も押し売りではなくて、何尾か持って行ってお客様に選んでもらいなさい」と言ったのです。

それを聞いた時に「商売って面白い」「そんな考えで先輩たちは仕事をしていたのか」と思い、「自分もそうありたい!」「そういう仕事をしたい!」と強く感じました。
そこから仕事に対するやりがいも大きく変わり、また、本気になればなるほど、いろいろなことを任せていただけるようになり、自分の成長にも大きくつながりました。
同期の中ではいち早く主任・次長・店長に昇進し、責任ある仕事を任せてもらえるようになりました。

ツルヤの「お客様へのこだわり」が社員に浸透していると感じたと同時に、お客様のために本気で取り組む姿勢を感じました。

連絡先

〒384-0005
長野県小諸市御幸町2-1-20
(電話)0267-26-2113
担当/労務リーダー 美齊津 武
ホームページ/http://www.tsuruya-corp.co.jp/
E-mail/rm-t5msz@tsuruya-corp.co.jp
掲載開始:2017/03/01

株式会社ツルヤに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ツルヤに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)