仙台小林製薬株式会社
センダイコバヤシセイヤク

仙台小林製薬株式会社

電気・電子/機械/設計/CAD/生産技術/薬事
  • OpenES
  • 正社員
業種
その他製造
化学/医薬品/機械
本社
宮城

私たちはこんな事業をしています

小林製薬の東日本唯一の製造拠点であり「主力品の大量生産工場」です。機械により自動化された一貫生産ラインで、毎日数十万個の製品を日本全国に向けて供給しています。主な生産品目は、テレビでもお馴染みの「アイボン」「アンメルツ」などの家庭用医薬品、「ブルーレット」「サワデー」など芳香消臭剤です。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

現場を知り尽くしたプロが、合理的でフレキシブルなラインを構築

製品サイクルの早い当社では、ラインの設計から組み立て、部品の調達、オペレーションに至るまで生産技術職が一貫して関与します。投入する材料・人員に対し機械装置が100%のパフォーマンスを発揮できるのは、機械を知り付くし、ボトルネックの生じないラインを構成できる優秀な技術者たちがいるから。生産現場における設備の運用は常にフレキシブルで、PDCAサイクルを繰り返すことで課題の早期発見と解決に努め、生産ラインの質そのものを向上させていきます。そのツールとして、TPM手法に則った独自の手法を作り上げるなど、正確な状況判断に基づく合理的な生産体制を、生産技術者が中心となって構築しています。

事業・商品の特徴

小林製薬グループの基本理念 「創造」「革新」「団結力」

私たちは小林製薬グループの一員として、主力商品の大量生産工場という役割を担っています。東日本唯一の製造拠点であり、「アイボン」「アンメルツ」「ブルーレット」「サワデー」といった製品を、機械により自動化された一貫生産ラインで生産しています。私たちは、初めての技術に挑戦する「生産者魂」と、全員が同じ目的に向け努力を重ねる「団結力」を大切にしています。特に、自分の考え・アイデアから新しいものを創り出す「創造」、古い考え・手法にとらわれず新しいものを求め続ける「革新」は、小林製薬の原点ともいえる精神です。時代やニーズの変化に機敏に対応し、世の中の「あったらいいな」をカタチにしていきたいと思います。

社風・風土

「生産者魂」と「技術力」が、生産性のアップと安定供給を実現

国内メーカーの製造拠点の海外移管が進む中、当社は「TPS(トヨタ生産方式)」をいち早く取り入れ、工場での生産活動を最適化してきました。従業員一人ひとりの「利益」への意識と、生産活動の「質」へのこだわり。商品カテゴリーごとの一貫した開発体制を確立し、早いタイミングから経営陣が参画することで、圧倒的スピード開発を実現しています。また、海外からの生産設備調達や、生産ラインに応じた設備の内作化にもいち早くチャレンジ。「生産者魂」と「技術力」を発揮し、さらなる品質の向上、コスト競争力アップ、生産リードタイムの短縮に向け、主力商品の「容器成形~充填~包装」に至るトータルな生産体制を構築しました。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

1)生産技術職【理系】
 ・生産ラインの監督運営や新規ラインの立上げ・設備導入等を行います。
2)品質管理職【理系または薬剤師】
 ・手順書作成、設備や製造工程に問題が無いかの確認等、良品を作り続けるための環境を整えます。
 ・法律に基づいて医薬品の製造管理を行います【薬剤師】
3)生産管理職【全学科】
 ・生産計画の立案や原資材の調達、安定して生産が行えるためのコントロールタワーを担います。

会社データ

事業内容 家庭用医薬品・医療機器・生活衛生関連製品などの製造。

上記の分野で、新製品開発企業として定評がある小林製薬株式会社のグループ会社として、
アイボン・アンメルツ・ブルーレット・サワデーなどの生産を手がけています。
設立 1993年11月

※操業開始/1994年6月
資本金 2億円(小林製薬100%出資)

従業員数 273名(2017年2月11日時点)

売上高 100億円(2016年3月期)
代表者 代表取締役社長 木村 典哲
事業所 宮城県黒川郡大和町松坂平4丁目3番地 (仙台北部工業団地内)
企業理念 絶えざる創造と革新によって新しいものを求め続け、人と社会に素晴らしい「快」を提供する
「0/100」にこだわるものづくり 小林製薬グループ製造部門において、商品開発の強みである「スピード・柔軟性・全員参加」に
さらに磨きをかけるため、2006年12月に、小林流ものづくり“KPM”を宣言。

KPM構築に向けて大きな流れを示したのが、ここ仙台のものづくり工場です。

先陣を切って始まった取り組みがお手本となって、グループ工場の独自の活動に広がり、
KPM活動に結びついています。

ダントツラインへの取組みや生産設備の自社製作も実現されています。
環境に負荷をかけないものづくり ものづくりの現場の課題は、必要な製品を約束した数量で納期の通りに生産することです。

環境への負荷を減らしながら、生産を支えるシステム・設備に細心の配慮を施し、
機会損失を未然に防ぎます。

エネルギーの有効利用はもちろんのこと、産業廃棄物のゼロ化や危険物の安全な取扱い、
排水処理設備の管理にも日々取組んでいます。

連絡先

〒981-3408
宮城県黒川郡大和町松坂平4-3 仙台北部工業団地内
人事担当
022-344-4300
掲載開始:2017/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
機械系の専攻を生かせる生産工程の仕事特集

仙台小林製薬株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

仙台小林製薬株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)