浜松光電株式会社
ハママツコウデン
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
半導体・電子部品・その他
本社
静岡

私たちはこんな事業をしています

MRセンサ、圧力センサ及び各種センシングユニットの開発・設計・製造・販売
浜松ホトニクス・グループとしての光センサ製造

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

センサにより実現できる機能を高めて事業を安定的に拡大

浜松光電のメイン製品は、「センサにより実現できる機能」です。光、磁気、圧力を数値化する製品の開発・設計・生産を行うことで、私たちは事業領域を安定的に拡大してきました。中でも「強磁性体磁気抵抗素子(MRセンサ)」や「半導体式圧力センサ」に関しては、常に最先端の製品を開発し続けています。この他に、国内外の要望に応えてアプリケーション(モジュール製品)の設計・製造にも独自性を発揮。当社のモジュール製品としては、衝撃圧に強い給湯器の「水位センサ」などが広く知られています。「最先端技術を各家庭でも利用できる製品に活用した例」として、当社の事業領域の幅広さと研究開発の柔軟性を証明した製品になっています。

事業優位性

高品質で環境保全型の事業は、約40年前から評価されていた

今から約40年前の1974年。当社は、「反応性スパッタリングによる、紫外線検出器の開発研究」により、当時の通産省から高評価を受けて研究補助金を受けました。研究補助金は他の開発でも次々と受けられ、当社の認知度は着実に高まっていきました。そして事業領域の拡大に合わせ当社は、品質管理体制の確立も推進してきました。1998年には、国際的な品質管理基準のISO9001認証を取得。さらに2003年には環境基準ISO14001認証も取得し、「鉛ゼロ」などを追求しています。当社は、「最先端の製品を提供し続けるため、時代を先取る高品質製品を環境保全型の工場で創造する」ことを、さらに未来に向け実践していきます。

社風・風土

技術者の個性と独自性を活かして、最先端の研究開発を推進

最先端のセンサ技術と特殊な製品を提供する当社は、グループ単位で「ユニット化」や「評価技術」などの開発プロジェクトを推進しています。技術者はフレックスタイムなどを活用し、各自のペースで開発を進めています。グループ単位の開発であっても、「常に基本としてあるべきものは、技術者個人の個性や独自性」と考えてきたからです。各自の発想をグループとして熟成し、世界に通用する製品を生み出してきた浜松光電。もちろん研究開発ばかりでなく、生産部門においても自由な雰囲気があふれています。これからも私たちは、設立以来の「自由な社風と風土」を守り続けることで、常に当社だけの「最先端技術」を確実に熟成させていきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

デバイス開発・商品開発・MRセンサ設計・製造技術・営業・システム管理

会社データ

事業内容 MRセンサ、圧力センサ及び各種センシングユニットの開発・設計・製造・販売
浜松ホトニクス・グループとしての光センサ製造
設立 1967年4月1日
資本金 7950万円
従業員数 253名(男132名、女121名)
売上高 38億8,281万円(2016年3月実績)
代表者 代表取締役  鈴木 正孝
事業所 本社・工場/静岡県磐田市宮本249-9
東京事務所/東京都中央区京橋1-17-2 (昭美京橋ビル6F)
沿革 1967年04月 浜松ホトニクス(株)の関連会社として設立
1974年12月 資本金を1,000万円に増資
1974年度※ 反応性スパッタリングによる、紫外線検出器の開発研究で、通産省
      から研究補助金を受ける
1978年03月 竜洋工場(磐田郡竜洋町宮本)を開設
1978年08月 資本金を2,200万円に増資
1979年度※ DIP型フォトカプラーの研究で、通産省から研究補助金を受ける
      光導電半導体のプリント製法研究で、静岡県から研究補助金を
      受ける
1980年01月 光導電体層の形成法で、特許取得
1980年03月 竜洋二棟を建設し、シリコンフォトダイオードの製造開始
1980年04月 ハイブリッドICの製造開始
1980年08月 資本金を3,500万円に増資
1981年度※ アモルファスシリコン光導電素子の研究で、通産省から研究補助金
      を受ける
      DIP型ゼロクロス内蔵ソリッドステートリレーの開発研究で、
      静岡県から研究補助金を受ける
1984年04月 竜洋工場敷地内に本社社屋完成移転
      資本金を5,800万円に増資
1984年05月 竜洋三棟完成
1984年度※ アモルファスシリコンフォトダイオードアレーの開発で、
      通産省から研究補助金を受ける
1985年10月 強磁性薄膜抵抗素子の製造開始
1991年09月 資本金を7,950万円に増資
1992年05月 福田工場完成
1995年01月 竜洋二棟連結新工場完成
1998年02月 ISO9001認証取得
1998年03月 半導体圧力センサの製造開始
1999年11月 竜洋四棟・五棟完成
2003年12月 ISO14001認証取得
2008年04月 竜洋工場開設時の工場棟を解体し、新工場建設
2012年03月 クリーンルーム増設

連絡先

〒438-0207
静岡県磐田市宮本249-9
総務グループ 担当/松島 広太郎
TEL:0538-66-5611
FAX:0538-66-6127
会社HP:http://www.hkd.co.jp/
E-mail k-matsushima@hkd.co.jp

交通機関
JR東海道本線豊田町駅南口から、遠鉄バス「とつか・掛塚線」宮本下車、徒歩5分(JR豊田町駅からは、約2kmの距離です)
掲載開始:2017/03/01

浜松光電株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

浜松光電株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)