株式会社ミツバ
ミツバ

株式会社ミツバ

東証一部上場
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
輸送機器
自動車/医療機器/設備・設備工事関連/半導体・電子部品・その他
本社
群馬
ミツバエントリー

私たちはこんな事業をしています

二輪・四輪自動車用電装品の開発・製造・販売を行う「独立系自動車部品メーカー」です。
■ワイパーシステム
■スターターモーター
■パワーウインドモーター
■パワーステアリングモーター
などのモーター製品を主軸として開発を行っています。
その他、産業機器や介護用電動ベッドなどの機器にもミツバのモーター・技術が使用されています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

世界トップシェア商品を持つ『独立系自動車部品メーカー』

MITSUBAはスターターモーターやワイパーシステム、パワースライドドアシステムなど、自動車やバイクの電装部品の開発・製造・販売までを一貫して行ってる「独立系自動車部品メーカー」です。独立系の強みを活かし、国内自動車メーカーはもちろん、数多くの海外主要自動車メーカーと取り引きがあります。エンジンを始動するスターターモーターは二輪電装部門世界シェアトップ、小型軽量設計により、高級車などで幅広く使用されているサンルーフモーターは四輪電装部門世界シェアトップと、多くの「世界トップシェア商品を持つ企業」です。MITSUBA独自のモーター技術と制御技術を用いて、新たな市場創造に挑戦しています。

戦略・ビジョン

グループ・グローバル

強みとするモーター技術に制御技術および機構技術を相互に結び合わせたトップランナー商品の開発を強化し、多様化するモビリティ市場において、お客様の安全・安心ニーズにお応えしたいと考えています。また、グループの総合力を結集した商品・サービスにより、エコロジー社会や高齢化社会を重点ターゲットとした新市場の創造にも挑戦してまいります。あらゆる現場で活躍する多様な人材が、一人ひとりの成長とグローバルコミュニケーションによってチームワークを発揮し、その実現を支えます。

社風・風土

夢(未来)への挑戦

ミツバでは、社員各々が個性を活かしながら、自らの能力開発を積極的に行っており、会社としてそのチャレンジ精神をサポートする体制を整えています。例えば、社員の有志で結成する「EVエコランチーム」に、入社2年目の若手社員チームが参入しています。会社からモーター等必要部品の提供を受けながら、毎年好成績を収めています。また、社員からの提案で新規事業展開を行う「起業家提案制度」を策定し、社員の意見・チャレンジを具現化する仕組みも整えています。あなたの夢をぜひ当社で叶えてみませんか?

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●開発部門(製品設計・実験等)
●研究開発部門(要素技術研究・先進技術研究等)
●生産技術部門(工程設計、加工技術研究・機械設計・試作等)
●品質保証部門
●開発支援部門
●生産支援部門
●販売部門
●業務部門(購買・総務・経理等)
●情報システム部門(情報インフラの企画・整備・管理等)

会社データ

事業内容 二輪・四輪自動車用電装品(ワイパーシステム・スターターモーター・パワーウインドモーター・パワーステアリングモーター・パワースライドドアシステム・ほか)の開発・製造・販売を行っています。

電装品とは、モーターやランプなど電気を通して機能する部品の総称のことです。普段乗っている車で何気なく使っている機能部品がミツバ製かもしれません。

ミツバグループは
1)輸送用機器関連事業
2)情報サービス事業
3)クリエイティブ事業
の3つの事業に分かれています。

その中でミツバは輸送用機器関連事業に携わっています。
設立 1946年3月8日

終戦の翌年に設立された歴史のある企業になります。
資本金 98億8500万円
従業員数 連結:21,720名
単独:3,969名

連結は国内・海外拠点(ミツバグループ連結決算対象企業)を含みます。
代表者 代表取締役会長 日野 昇 
代表取締役社長 長瀬 裕一
事業所 本社
:群馬県桐生市
研究開発センター
:群馬県桐生市、神奈川県横浜市
営業所・オフィス
:宇都宮、鈴鹿、横浜、浜松、名古屋、大阪、水島、広島、福岡
工場
:赤城、新里、鬼石、利根、富岡、新潟、福島(国内7拠点)
海外
:14ヶ国27拠点
売上高 連結:3,332億32百万円(2016年3月期)
単独:1,469億02百万円(2016年3月期)
 ▲
連結:3,060億30百万円(2015年3月期)
単独:1,490億58百万円(2015年3月期)
平均年齢 平均年齢: 40.4歳
関連会社 国内
:(株)両毛システムズ、(株)タツミ、東日本ダイカスト工業(株)、
 (株)大嶋電機製作所、(株)サンユー 他
海外
:アメリカン・ミツバ・コーポレーション(アメリカ)
 コルポラシオン・ミツバ・デ・メヒコS.A.de.C.V(メキシコ) 他
沿革 1946年03月
:群馬県桐生市に株式会社三ツ葉電機製作所として創立。
1946年06月
:自転車用発電ランプ販売開始。
1951年06月
:自動車用警音器(ホーン)生産販売開始。自動車関連事業始まる。
1970年01月
:(株)両毛電子計算センター創立。(1982年07月株式会社両毛システムズに改称)
1976年07月
:新里工場完成、操業開始。
1977年06月
:東京店頭市場に株式公開。
1987年07月
:米国ミシガン州マウントプレザント市にCMEコーポレーションを設立。
1988年02月
:東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
1989年06月
:新里に実験棟が完成。
1989年09月
:東京証券取引所市場第一部に指定替えとなる。
1993年05月
:ミツバ環境宣言・行動指針発表。
1993年12月
:フロン全廃計画達成。
1995年05月
:トリクロロエタン全廃計画達成。
1996年07月
:CI実施。
1996年10月
:社名変更。株式会社ミツバとなる。
1997年09月
:新ミツバ環境宣言、行動指針発表。
2001年10月
:桐生地域に研究開発部門集結。ミツバ研究開発センター開設。
2002年04月
:株式会社大嶋電機製作所から、自動車用ミラーとランプの営業権を譲り受ける。
2002年12月
:自動車電機工業株式会社と業務・資本提携契約を締結。
2003年08月
:環境報告書発行。
2004年08月
:株式交換により自動車電機工業株式会社を完全子会社化。
2005年04月
:会社分割により自動車用品事業を分社化。
2006年12月
:MITSUBA WAY制定。
2007年04月
:自動車電機工業株式会社と合併。
主要取引先 本田技研工業(株)、日産自動車(株)、富士重工業(株)、三菱自動車工業(株)、
いすゞ自動車(株)、スズキ(株)、マツダ(株)、ヤマハ発動機(株)、川崎重工業(株)、ダイハツ工業(株)、トヨタ自動車(株)、パラマウントベッド(株)ほか
様々なメーカーの車に関われます! 独立系企業のミツバでは、全ての自動車メーカーと取引が可能であり、
高い技術力をもとに現在国内全乗用車メーカーとお取引がございます。
皆さんの頑張りによって世界中の全自動車メーカーと取引をすることも
夢ではありません!皆さんの力に期待しています!
世界トップクラス製品もあります。 二輪車用のスタータモータは世界でトップクラスのシェアを誇っています。
小型車から大型車まで様々な環境に対応できるよう、多彩なバリエーションを
揃えています。世界中でミツバのモータを搭載したバイクが走っています!
人を活かす企業 終戦の翌年に設立したミツバの創業の「思い」である“人を大事にする”風土は
現在でも受け継がれており、階層別教育や機能別教育、自己啓発支援制度など、
社員の個性や能力を活かせる職場作りを進めています。

また、ミツバには共済会クラブがあり、「上司」「部下」の枠組みを取り払った
積極的な交流が行われています。
環境への配慮 ミツバでは地球環境保全活動への取り組みを重要課題として位置づけており、
群馬県内初の工場の屋上緑化や、「燃費向上、省エネ、省資源、高効率」に
向けた商品開発を行っています。
地域に貢献 近年、企業の社会的責任(CSR)への関心が高まっています。
2006年、ミツバでは、障害者雇用の促進と自立支援を目的に、株式会社アムコを設立しました。
バリアフリー化や身障者用トイレなどの環境整備を整えた上で、群馬県では初の障害者雇用促進法に基づく特例子会社として認定を受けました。
また、文化・地域活動として各工場での工場まつりの開催や桐生まつりへの協賛、チャリティコンサート・地域美化活動等の開催を行っています。こういった活動を通じて、地域社会との積極的な交流を図っています。
働きやすい環境作りを推進 子持ちの社員も働きやすい環境を整える一環で、ミツバではグループ社員向けの事業所内保育施設を2007年4月に設立しました。
名前は「おひさまガーデン」!社員に急な仕事が入った場合なども対応できるように、預かる時間は柔軟に対応いたします。

本社の近く(車で3分程度)にあるので、子供を預ける両親はとっても楽です。
利用できる条件はありますが、本社と関係会社 両毛システムズの社員であれば
利用対象になります。働く女性が活躍できる職場作りを実施しています。
新規事業展開 自動車用の製品だけではなく、電動介護用ベッドのアクチュエータやロボット用モータ、産業機器など様々な分野でミツバの技術が使用されています。介護用機器の分野では、国際福祉機器展へ出展しており、多くの方々にブースを訪問して頂いています。

連絡先

群馬県桐生市広沢町1-2681
〒376-8555
総務部 人事課 採用担当
0120-328-555(採用直通フリーコール)
★Eメール jinji@mitsuba.co.jp
★URL http://www.mitsuba.co.jp
掲載開始:2017/03/01

株式会社ミツバに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ミツバに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)