株式会社千代田製作所
チヨダセイサクショ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
自動車
輸送機器
本社
群馬

私たちはこんな事業をしています

◆樹脂成型品に特化した自動車部品のスペシャリスト◆

当社は自動車の外装・内装部品や機能部品など、樹脂成型品に特化した自動車部品メーカー。
設計・開発から成形、塗装、組み立てまでの一貫生産体制のもと技術革新や設備投資にも積極的に取り組み、
最新技術でクライアントニーズに応えています。
私たちの根底にあるものは、“もの造り”へのこだわり。グローバルな拠点展開、業界最高水準の製品品質を目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

◆もの造りで輝き存在感を発揮する

大手自動車メーカーをはじめ20社以上の企業と取引のある当社。各社の主力ブランドに当社製の部品が多く採用されています。当社の製品は、インジェクション成形やブロー成形という樹脂成形の主力技術分野のものであり、自動車のほとんどの樹脂製品はこの技術によってつくられています。この技術を塗装、組み立てまで一貫生産できることが当社の強みで、各クライアントから高く評価される背景となっています。加えて業界最高水準の性能評価試験が可能な体制にあり、安全性能などで最高レベルを求められる自動車分野で、高い技術を蓄積しております。この技術をもとに将来は、医療機器や住宅設備機器などの分野への進出も視野に入れています。

技術力・開発力

◆行動指針“「スピード」と「誠実」”が創る高いクオリティー

当社の“もの造りへのこだわり”は、「もの造りで輝き存在感を発揮する」という企業理念のもとに具現化。設計・開発部門の強化が最優先テーマとなっており、樹脂加工技術や新素材の研究、開発に力を注いでいます。毎週開催の「設計審査会」では、設計・開発・営業・品質保証・生産など各部門のスタッフが集結、各々の視点から新製品、新技術について検討を重ね、開発部門でも毎週行う「開発会議」で、評価試験の結果や新素材に関する情報を共有し、議論を戦わせています。こうしたクオリティ向上のための様々な取り組みによって、ひとり一人のエンジニアとしての能力の開発と、その集積である企業技術の高度化を実現しています。

採用方針

◆【もの造りは人造り】人材育成にかける想い

「企業は人なり」「もの造りは人造り」。当社では、この信念のもと人材の育成に力を注いでいます。その基本理念は「グローバル人材」の育成。広い視野を持ち、何事にも好奇心を持って意欲的に取り組み、異文化とのコミュニケーションの中で自らを成長させられる人材の育成です。そのためにもアメリカ、アジアなどの海外拠点への派遣や人事交流を推進。世界に通用する人材を育てています。2020年までにグローバル売上375億円の達成を目標とする当社。アジア需要の拡大により、今後もグローバル企業としての競争力と企業体質の構築が求められる中、みなさんにも世界に通用する人材としての成長を期待しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【営業・事務系】購買、営業、生産管理、人事・総務、財務・経理
【技術系】製品開発、設計、研究実験、生産技術、品質保証

会社データ

事業内容 自動車部品の製造・販売
設立 1961年12月
資本金 3億6000万円
従業員数 280名
売上高 286億円(2016年3月実績)
代表者 【代表取締役社長】大江 通浩
事業所 本社・工場/群馬県太田市西新町126-2
西新町工場/群馬県太田市西新町105-14
新田工場/群馬県太田市新田小金井町320-5
天竜事業本部/静岡県浜松市天竜区二俣町二俣2058
グループ会社 株式会社チヨダテクノサービス
Chiyoda USA Corporation. 
Chiyoda Philippines Manufacturing Corporation.
大連千日科技発展有限公司
主要取引先 富士重工業株式会社
日産自動車株式会社
本田技研工業株式会社
ダイハツ工業株式会社
ヤマハ発動機株式会社
朝日電装株式会社
スバル用品株式会社
ダイキョーニシカワ株式会社
ダイハツ九州株式会社
寿屋フロンテ株式会社
ヤマハモーターエレクトロニクス株式会社
サカエ理研工業株式会社
スバルテクニカインターナショナル株式会社
アスモ株式会社
株式会社ミツバ

※順不同・敬称略
沿革 1961年12月
>東京都港区青山南町に設立。
1968年2月
>太田工場建設、自社生産体制を拡充する。
1977年4月
>静岡県天竜市に二輪車用ワイヤーハーネス、天竜第一工場を建設する。
1979年7月
>太田市西新町の太田西部工業団地へ進出する。
1980年8月
>本社を太田市西新町に移転する。
1982年4月
>群馬県中小企業合理化モデル工場の指定を受ける。
1986年9月
>CAD/CAM、研究開発・評価技術のためのハード・ソフトの改良充実を図る。
1988年4月
>(財)日本自動車部品工業会に加入する。
1995年6月
>三次元CADシステム増設及びCATIA導入する。
1997年4月
>ISO9001の認証を取得する。(本社・工場)
1999年3月
>ムロオカ産業(株)へ資本参加し、業務拡大の布石をうつ。
1999年9月
>天竜事業所三ヶ日工場を建設する。
2000年6月
>YASUFUKU USA.INC.へ資本参加し、北米の生産拠点とする。
2000年10月
>ISO14001の認証を取得する。
2002年2月
>新田東部工業団地に新田工場を建設し、成形から塗装工程の同期化を図り、
 合理化、スピード化を進める。
2005年5月
>米国インディアナ州にChiyoda USA Corporationを設立。
2006年9月
>フィリピン リマ市に
 Chiyoda Philippines Manufacturing Corporationを設立。
2012年11月
>中国大連に大連千日科技発展有限公司を設立。
 インド パワルのMinda Kyoraku Ltd.に資本参加。
2014年7月
>株式会社チヨダテクノサービスを設立。
環境への取り組み 当社は環境問題と向き合い、CO2削減にも積極的に取り組んでいます。

その取り組みの一つが、塗装廃液浄化システムの自社開発。
環境に無害な天然鉱物を焼成したイオン吸着による
強い凝集効果を持つ「セラデコン」に着目し、
従来の化学薬品による廃液処理に代わる、独自の浄化システムを開発しました。

「セラデコン」は、排水に含まれる多量の汚れを吸着し、
再び溶け出すことを防ぎます。
この浄化システムを導入することで、
半永久的に水の再利用が可能となりました。

さらに、汚れを吸着した「セラデコン」は再利用が可能。
これにより当社は、工場廃液処理において
画期的な「ゼロエミッション」の構築を目指しています。

連絡先

=====================
≪ 株式会社千代田製作所 ≫
〒373-0847 群馬県太田市西新町126-2
TEL:0276-31-8203 採用担当(古川・澤)
<HP>http://www.chiyoda-mc.co.jp/
=====================
掲載開始:2017/03/01

株式会社千代田製作所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社千代田製作所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)