サムテック株式会社
サムテック

サムテック株式会社

熱間鍛造・冷間鍛造による精密複合鍛造等の技術開発/高圧容器
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
自動車
金属製品/機械
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

◎国内トップの生産量を誇る自動車部品「ホイールハブユニット」をはじめとする、鍛造品の製造を行っています。
◎特にプレス工程で発生する「取り代」を極小化する技術や、熱間鍛造+冷間鍛造による精密複合鍛造など、技術開発型の企業です。
◎安定した鍛造製品の製造に加え、次世代大型商品として高圧容器事業に取り組んでいます。
◎国内メーカーからグローバルメーカーへ転換のため、アメリカ・タイへも進出しております。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

自動車の重要保安部品を、最新最強の鍛造技術で

自動車用鍛造部品メーカーとして、独創的な開発を続けるサムテック。“鍛造”とは、金属素材を加熱し、金型でプレス成形していく作業。その鍛造の生命線である金型にこだわり、高精度な金型の設計・製造技術を独自に開発することで、“塑性加工(金属材料を切削せずに成形していく加工法)”を核に先端複合技術を確立しています。また一貫生産ライン導入により、プレス工程で発生する取り代(加工代)を最小限に抑え、軽量化とコストダウンを実現。溶接が不要で一体成型ができるフローフォーミング加工法と鍛造の融合による高圧ガス容器の開発・製造にも注力し、近年ではアメリカ宇宙事業にも使用されるなど、国内外で高い評価を獲得しています。

施設・職場環境

惜しまぬ設備投資は、新事業進出や技術開発を支えています。

最新の設備と、高い技術力が備わったモノづくりの現場である自社工場。1989年の羽曳野第1工場完成を皮切りに、フローフォーミング加工技術確立による部品の一体化、軽量化等時流を踏まえた新分野への進出を機に1995年第2工場を竣工。NEDOの助成事業として着手し、当社新規事業への足がかりとなった超高圧容器の開発・製造に向け、2005年第3工場が完成しました。その後も、研究開発と量産化に向けた技術開発が着々と進行。鍛造部品一貫加工の生産開始や最新鋭機の導入などの体制整備にあわせて第4工場、第5工場第6工場、工機工場と次々と設備投資を実施。世界屈指の高技術を誇るエンジニア集団にとって使い勝手の良い設備を完備しています。

戦略・ビジョン

国内メーカーから、グローバルメーカーに向けて

自動車の車輪をボディに取り付ける「ホイールハブユニットベアリング」の鍛造において国内トップの生産量を誇る当社。昨年、国内においては物流拠点の新設や、既存工場への新規ライン増設を行いました。また、海外ではアメリカの高圧ガス容器事業に加え、タイ工場がホイールハブユニットベアリングの専用工場として稼働。現在はメキシコへの進出準備を行っており、大阪から世界に向けたビジネスを展開しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◎技術系総合職

新卒採用のため、総合職募集ではありますが、職種は技術職(開発設計・生産技術・金型設計・品質保証・設備保全)を想定しております。

※入社後半年間は研修、その後配属となりますが、1~3年間は、仕事の流れを勉強したり、社内の人脈を築くことを目的に、生産現場を
 経験していただくこともあります。

将来的には、長期出張等にて海外でも活躍していただく場合があります。

会社データ

事業内容 自動車用鍛造品およびフローフォーミング成形品ならびに高圧ガス容器及び薄肉ライナーの製造販売
◎熱間鍛造品:ホイールハブユニットベアリング、変速用ギヤ、テーパーベアリング
◎精密複合鍛造品:MT変速機用ドッグ歯成形ギヤ
◎フローフォーミング成形品:AT変速機用ドラム、ビスカスカップリング
◎高圧ガス容器:自動車天然ガス用、自動車水素用、空気呼吸器用、消防士用
設立 1949年5月
資本金 9500万円
社員数 350名
売上高 145億円(2014年11月実績)
156億円(2015年11月実績)
150億円(2016年11月実績)
代表者 代表取締役 社長 阪口 善樹
事業所 ■本社・工機工場(大阪府柏原市)第1~6工場(大阪府羽曳野市)
子会社 ■ SAMTECH International Inc
■ SAMTECH Thailand Inc
■サムテック興産株式会社
平均年齢 37.0歳
自社ホームページURL http://www.samtech.co.jp/index.html
交通機関 近鉄「道明寺」駅より送迎バス(10分)★マイカー通勤可
技術の特徴 ◎熱間鍛造+冷間鍛造による自動車向け精密複合鍛造品をはじめ、冷間フローフォーミング成型による自動車部品の開発及び容器完成品の開発など、常に時代の要請にマッチした技術開発を行っている
◎丸形状品、特にホイールハブユニットやギヤなどの熱間鍛造品で、従来ではなし得なかった「取り代」極小の精密熱間鍛造品(ニアネットシェイプ)を生産し、顧客の絶大な信頼を得ている
◎鋼材切断から高周波誘導加熱、トランスファー送り装置を駆使した鍛造成形まで、自社開発による一貫自動鍛造ラインを持ち、高い生産性を誇っている
主要取引先 マツダ株式会社、株式会社ジェイテクト、日本精工株式会社、NTN株式会社、GKNドライブライントルクテクノロジー株式会社、NSKワーナー株式会社、川崎重工業株式会社

連絡先

【本社 管理部 総務課】
〒582-0027 大阪府柏原市円明町1000-18
TEL:072-977-8851 元山 吉田 中川
E-Mail:soumu@samtech.co.jp
掲載開始:2017/03/01

サムテック株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

サムテック株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)