岩手県警察本部
イワテケンケイサツホンブ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
公社・官庁
本社
岩手

先輩社員にインタビュー

盛岡西警察署 地域課
巡査
【出身】日本体育大学  体育学部武道学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 管内のパトロールや巡回連絡等、地域に密着した活動をしています
地域警察官として、発生した事件や事故の現場にいち早く臨場して行う初動活動のほか、管内のパトロールや巡回連絡といった地域に密着した活動をしています。
警察官は地域住民との信頼関係が必要不可欠ですので、「相手の立場に立った行動」を心がけ、心を込めた対応となるよう努めて勤務しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「こんなにも人を幸せにできるなら、私も警察官になりたい」と言われたこと
ある事件で捜査の一部に従事したときのことです。一般の方との世間話の中で、その方から「こんなにも人を幸せにできるなら、私も警察官になりたい」と言われたとき、あまりの嬉しさと感動に、涙が溢れてきて、必死に堪えたことを覚えています。そのときに警察活動の重要性を改めて実感しました。その方の言葉は、私が今後警察官として生きていく上で一生忘れることはありません。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 私の特技である「剣道」を生かせるから
私は小学生のときから「剣道」を続けており、その「剣道」を通じて岩手県に貢献したいと考えたことが一番の志望理由です。
実際に警察官として勤務をしていると、剣道だけでなく、事件や事故の処理、巡回連絡や、遺失物・拾得物の取扱い等、全てが県民のためになっているのだと実感します。また、日々のパトロールで小学生から敬礼をされたり、対応した方から「ありがとう」と言ってもらえたときは、警察官になってよかったと感じます。
 
これまでのキャリア 警察学校(半年) → 盛岡西警察署・地域課(現職)

この仕事のポイント

仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

警察官は、困難に直面することもありますが、「全ては地域住民のために」との気持ちがあれば、困難も乗り切れます。また、事件や事故を未然に防いだり、捜査を尽くして犯人を検挙したときはとてもやりがいを感じることができる職業です。
岩手のために、県民のために、一緒に頑張りましょう。

岩手県警察本部の先輩社員

治安警備、山岳・水難救助、警衛・警護、災害対応等が任務です

岩手県警察本部警備部機動隊
巡査

犯人の検挙等を通じて地域の安全を守る仕事です

紫波警察署 刑事課
巡査長

掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)