日本テレビ音楽株式会社
ニホンテレビオンガク

日本テレビ音楽株式会社

【日本テレビグループ】
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
放送
芸能・芸術
本社
東京

先輩社員にインタビュー

事業本部 商品化ライセンスセンター
植原 朋也
【出身】国際学部国際学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 日本テレビで放送する番組の商品化権管理窓口業務
一言で番組と言ってもアニメ・ドラマ・バラエティと色々なジャンルの番組があり、当然ながらその番組に携わっている人も違いますし、各番組でやりたい事や求める事も違うので、その番が求めていることに応じた商品化の提案をし、企画を成立させ、各メーカーに対して商品化のライセンスを行い、商品が市場に出るまでのお手伝いをするのが私の仕事です。
そのため、市場のニーズであったり、各番組のニーズであったりをいち早くキャッチ・理解し商品化のライセンスをしていくのが主な仕事になります。
色々なニーズをくみ取るということを考えると、何か一つにとらわれず、色々な視点で物事を見ることが求められる仕事でもあると思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分がたずさわった商品がお客様の手に渡り喜んでもらえる事
自分がたずさわった商品がお客様の手に渡り喜んでもらえる事がこの仕事をやっていて一番良かったな・嬉しいなと思う瞬間です。
メーカーではなく商品化権をライセンスする仕事ということで中々直接お客様の反応を見る機会は少ないですが、イベントやお店で自分が関わってきた商品を購入する姿を見ると、色々な番組があり苦労する部分はそれぞれ違いますが、商品が出来て良かったなと思う瞬間であり、嬉しい瞬間でもあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き アニメ・キャラクターが好きだったから!!
アニメ・キャラクターが好きだったこともあり、ただ漠然とアニメ・キャラクターにたずさわれる仕事がしたいと思って就職活動を始めました。就職活動を始めた当時はキャラクターライセンスという仕事も知らず就職活動をしていましたが、日本テレビ音楽の会社説明会に参加したとき、キャラクターライセンス業務があるということを初めて知り、その説明会の際に聞いた「キャラクターの世界観を守る仕事」という言葉に憧れ、その仕事をやってみたいと思い入社することに決めました。
 
これまでのキャリア 商品化権管理窓口業務(9年目)

この仕事のポイント

職種系統 商品企画・プランニング
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

将来なりたい自分の姿を思い浮かべながら就職活動をすると自分のやりたい仕事が見えてくるのではないかと思います。

日本テレビ音楽株式会社の先輩社員

日本テレビ番組タイアップ業務や、アーティストプロモーション。

事業本部 音楽事業センター 制作部
植田 みのり

楽曲の著作権に関する契約業務。

事業本部 音楽事業センター 著作権部
芳形 奈奈

日本テレビのドラマ・スポーツ番組等の音楽コーディネート、レーベル業務。

事業本部 音楽事業センター 制作部
穐山 仁美

アンパンマンの商品化権管理窓口。

事業本部 商品化ライセンスセンター
渡辺 恵

作詞・作曲家との契約担当、著作権管理団体への手続担当。

事業本部 音楽事業センター 著作権部
杉本 将司

アニメなどの番組タイアップ、BGM制作、アーティストマネジメント。

事業本部 音楽事業センター 制作部
高谷 楓

掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)