株式会社 極 洋
キョクヨー

株式会社 極 洋

食料品/商社(食品・水産)/総合食品会社/メーカー
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
食品
商社(食料品)/水産
本社
東京

先輩社員にインタビュー

家庭用冷凍食品部
匿名(32歳)
【出身】明治大学  経営学部 経営学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 家庭用(市販用)冷凍食品の営業・開発。
極洋として2014年4月に市販冷凍市場に参入しました。市販冷凍売場は競合他社が売り場を占めている中、新規参入メーカーが商品を売り場に導入することには非常に厳しい現状にあります。このような状況の中、粘り強く量販店のバイヤーと商談し、徐々に自社製品が冷凍売り場に展開されたときは非常に喜びを感じました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
量販店冷凍売り場にバイヤーと自分で共同開発した製品が展開されたこと!
量販店のバイヤーと商談していく中で、ヒントや要望を多く頂きます。
実例として、北海道フェア企画をお店全体でやるので、北海道に関連した冷凍食品(弁当品)を製品化してほしいという要望がありました。要望からお店への製品導入までわずか2か月の期間しかありませんでしたが、味からパッケージまで、バイヤーと何度も打ち合わせを行い、製品を導入することができました。
その製品が実際に売り場に展開され、お客様が手に取っている姿を見たときが一番やりがいや達成感がありました。やはり市販用の営業は一から製品を作りこみ最後販売までできることが醍醐味といえます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社の今後の方向性。
もともと食品メーカーを志望しておりました。その中の一つとして当社を選んだ理由は、私が面接を受けていたときの極洋の会社の方向性でした。水産会社から総合食品会社を目指すというビジョンがあり、水産加工・業務用冷凍が強い一方で市販向け商品が缶詰以外なく、今後は市販も徐々に進出していくという方向性でした。極洋という会社ブランドの製品を将来的に量販店などに広めたい思いが強くあり、選びました。
 
これまでのキャリア 営業(今年で10年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社の数は無数にあります。多くの企業を見ることができるのが就職活動です。限られた期間の中で自分の第一希望の仕事につくことは非常に厳しいかもしれませんが、その中でも自分の興味や未来ビジョンを描ける会社を見つけることができればその会社が運命の会社だと思います。

株式会社 極 洋の先輩社員

「新製品の生産方法の開発」製法技術の開発から生産ラインの効率化。

塩釜研究所 技術管理課
匿名

世界各地の冷凍魚の販売。

広島支社 水産加工課
匿名

寿司ネタ・生食商品(水産品)の販売およびメニュー提案を行っています。

大阪支社冷凍食品部冷凍食品第一課
匿名

掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)