株式会社 極 洋
キョクヨー

株式会社 極 洋

食料品/商社(食品・水産)/総合食品会社/メーカー
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
食品
商社(食料品)/水産
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

◎水産商事事業
 世界各国から農水産物の輸出入・国内商事を行います。
 また水産物の三国間貿易を行います。

◎冷凍食品事業
 農水産物などの冷凍加工品の製造、販売を行います。

◎常温食品事業
 農水産物などの常温加工品の製造、販売を行います。
 
◎物流サービス事業
 冷蔵庫事業を行います。

◎鰹・鮪事業
 カツオ・マグロの漁獲および養殖、加工、販売を行います。
 

当社の魅力はここ!!

企業理念

極洋の企業理念 『人間尊重』

私たち極洋は「人間尊重を経営の基本に、健康で心豊かな生活と食文化に貢献し社会とともに成長することを目指します」という企業理念のもと、生活に欠かせない「食」という分野を通し、お客さまに豊かな食卓を提供できるよう日々努めています。昭和12年に捕鯨から始まった極洋は良質な水産物を見極める「確かな目」を持っています。確かな目と豊かな経験を活かし、現在は水産商事事業・冷凍食品事業・常温食品事業・物流サービス事業・鰹鮪事業を中心とした事業を展開しています。また近年はシーフードだけでなく肉製品、デザートなど様々なニーズに合わせ、世界中のお客さまに「極洋のおいしさ」と「安心」を提供しています。

魅力的な人材

社員の「個」を伸ばす人材育成

極洋の人材育成の特徴は、個々の自己啓発を優先するスタイル。また企業理念でもある「人間尊重」をベースに、伸び伸びと企業人として育っていけるような育成システムを組んでいます。例えば研修では新入社員対象の工場研修・営業研修など、若手社員(入社1~3年目)対象のフォローアップ研修、中堅社員以上の階層別研修などを実施しています。また社内公募による海外研修制度も設けており、自らテーマを掲げ、行動し研修を創っていくことを目的としています。これらは言い換えれば自分自身で切磋琢磨しなければならないということ。積極的に行動する人には、限りないチャンスが与えられるのも極洋の特徴です。

採用方針

求む!“キョクヨーのチカラ”

私たちは、キョクヨーの未来を一緒に作っていく仲間、また、常に変化する「食」ワールドの担い手を探しています。何事にも元気よく、前向きに取り組む人、自分で考え行動する人を求めています!また「人」を重視しているキョクヨーは面接を中心とした選考を行っています。営業・管理系については学部・学科は問いません。水産や食品の知識がない方も大歓迎です。是非会社セミナーへお越しいただき「生のキョクヨー」を感じて下さい。※エントリー、会社セミナーについては決定次第リクナビでご案内致します。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【総合職】
●営業・管理系
 ○国内営業
 ○貿易・商事
 ○海外事業
 ○品質保証
 ○生産管理
 ○法務
 ○人事
 ○経理
 


●研究・開発系
 ○新製品の研究開発
 ○製品の分析・検査
 ○加工技術の開発と指導

会社データ

企業理念 =======================◆◇◆◇

人間尊重を経営の基本に、健康で心豊かな生活と食文化に

貢献し社会とともに成長することを目指します。

◇◆◇◆=======================
事業内容 ●水産商事事業 / 世界各国からの農水産物の輸出入・国内商事、三国間貿易

海外の駐在員事務所と関係会社のグローバルネットワークを通じ、良質な農水産物(主に現地加工の魚介類)を買い付け、輸入しています。
また海外での水産物需要の高まりから、買い付けた水産物を中国等で加工し、欧米へ輸出するなど三国間貿易も行い、魚食のグローバル化にも対応しています。


●冷凍食品事業 / 農水産物の冷凍加工品の製造、販売

世界の海から調達される魚介類をはじめ、畜肉類や野菜などの様々な食材を寿司ネタ、フライ、カツなどに加工し、居酒屋、量販店、コンビニエンスストア、学校給食などに販売しています。
また最近は魚の骨なし製品や、冷凍の状態で調理ができる製品の開発など、時代の流れと共に変化するお客様のニーズに合わせ、商品を開発・販売しています。

●常温食品事業  / 農水産物の常温加工品の製造、販売

さけ・ツナ・ほたてなどの魚介缶詰や、コーンなどの野菜缶詰、「DHA]、「グルコサミン」といった健康食品も取り扱っています。
またキョクヨーグループである(株)ジョッキの海鮮珍味など多岐に渡るラインナップで美味しさと健康をお届けしています。


●物流サービス事業 / 食品の鮮度の管理および配送

キョクヨーグループであるキョクヨー秋津冷蔵(株)において冷蔵庫事業を運営し、東京・大阪・福岡で迅速なサービスを提供しています。


●鰹・鮪事業 / カツオ・マグロの漁獲および養殖、加工、販売

キョクヨーグループである極洋水産(株)所有のまき網船で主にカツオを漁獲しています。
また世界各地からのマグロの買付や、国内2ヶ所(高知県・愛媛県)で本マグロの養殖を行っています。
これら原料を自社工場及び国内外の協力工場にて付加価値を高めたカツオ・マグロ加工品として製造しています。

設立 1937年
資本金 56億6,400万円
株式 東証1部上場
従業員数 2,193名(連結・2017年3月期)
平均年齢 40.0歳
売上高 2,365億6,100万円(連結・2017年3月期)
経常利益 37億900万円(連結・2017年3月期)
代表者 代表取締役会長    多田 久樹
代表取締役社長    今井 賢司
事業所 ●本社
東京(港区)
●支社
北海道(札幌市)、宮城(仙台市)、東京(港区)、愛知(名古屋市)、大阪(大阪市)、広島(広島市)、福岡(福岡市)
●営業所
青森(青森市)、石川(金沢市)、愛媛(松山市)、鹿児島(鹿児島市) など
●研究所
宮城(塩釜市)
●工場他
青森(八戸市)、宮城(塩釜市)、茨城(ひたちなか市、神栖町)、東京(江戸川区)、静岡(焼津市)、愛媛(北宇和郡、南宇和郡)、高知(宿毛市)、鹿児島(指宿市) など
●海外
オランダ(アムステルダム)、アメリカ(シアトル、ロサンゼルス、ニューヨーク)、インドネシア(スラバヤ)、中国(青島)、タイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミン) など
関連会社 ●国内
<冷蔵倉庫業>
 キョクヨー秋津冷蔵株式会社(大阪、東京、福岡)

<農水産物などの買付・販売業>
 極洋商事株式会社(東京)

<冷凍加工品などの製造業>
 極洋食品株式会社 (宮城、青森、茨城)
 キョクヨーフーズ株式会社(愛媛)
 サポートフーズ株式会社(北海道)

<海外まき網漁業、かつお・まぐろの加工・冷蔵倉庫業>
 極洋水産株式会社(静岡)

<まぐろなどの養殖、加工・販売業>
 キョクヨーマリンファーム株式会社(高知)
 キョクヨーマリン愛媛株式会社(愛媛)

<水産物の種苗生産、養殖、販売業>
 極洋フィードワンマリン株式会社(愛媛)

<まぐろ加工品などの製造・販売業>
 極洋フレッシュ株式会社(東京)

<かつおまぐろ、農畜産物などの加工および販売業>
 指宿食品株式会社(鹿児島)

<海産物珍味の製造・販売業>
 株式会社ジョッキ(東京)

<焼き魚製品各種の加工・販売業>
 株式会社エィペックス・キョクヨー(兵庫)

<食品・惣菜の製造販売事業>
 株式会社新東京フード(東京)

<鮭加工品などの製造・販売業>
 海洋フーズ株式会社(茨城)

<保険代理店業>
 キョクヨー総合サービス株式会社(東京)

<コンピューター・システム関連サービス業>
 インテグレート・システム株式会社(東京)

●海外
<水産物などの買付・販売業>
 KYOKUYO AMERICA CORPORATION(アメリカ)

<冷凍食品の買付け・販売業>
 K&U Enterprise Co.,Ltd(タイ)
 青島極洋貿易有限公司(中国)
 Kyokuyo Europe B.V.(オランダ)

<全ての商製品の輸出入、国内卸売業>
 Kyokuyo (Thailand) Co., Ltd.(タイ)

取扱商品 取扱商品を一部ご紹介します。


=水産商事事業==========================

【冷凍魚】
水産加工一部
 北洋魚
 南方魚
 アジ、サバ、イワシ

水産加工二部
 サケ、マス
 カニ
 魚卵(スジコ、イクラ、タラコ)

水産加工三部
 エビ

世界中の海から魚介類を買い付け、国内および海外のお客様へ販売します。


=冷凍食品事業==========================
〈業務用(BtoB)〉
○調理品
  エビフリッター、オーシャンキング(冷凍カニカマ)、クリームコロッケ、グラタン、エビカツ、エビフライ、カキフライ、白身魚フライ など
○水産加工品
  寿司ネタ、刺身、骨なし切身シリーズ など
○野菜
  枝豆、ほうれん草、大根 など
○畜肉加工品
  豚串カツ、鶏の竜田揚げ、鶏の天ぷら など

居酒屋、量販店、すしチェーン店、コンビニエンスストア、学校給食などに販売しています。

〈家庭用(BtoC)〉
  焼き魚、お弁当用商品 など

スーパー、コンビニエンスストアなどに販売しています。

=常温食品事業==========================
○缶詰
  紅鮭、サバ、カニ、コーン など
○レトルト
  マグロフレーク、ホタテフレーク など
○おつまみ
  さきいか、鮭とば、するめいか など
○健康食品
  DHA、グルコサミン など

量販店、コンビニエンスストアなどに販売しています。

ここ5年の動き 【2010年】
●本マグロ養殖事業で2社目となるキョクヨーマリン愛媛(株)を設立
●マグロ加工品の製造・販売を行う極洋フレッシュ(株)を設立
●鮭加工品の製造・販売を行う海洋フーズ(株)を連結子会社化
●食品・惣菜の製造販売及び生鮮魚介類の輸出入販売を営む
  エス・ティー・アイ(株)(現(株)新東京フード)を設立

【2011年】
●極洋水産(株)とキリバス政府との合弁会社「Kiribati and Kyokuyo Co.,
 Ltd」設置
●本マグロの種苗生産、養殖、加工・販売分野で、日本配合飼料(株)
 (現 フィード・ワン(株))と業務提携

【2012年】
●日本配合飼料(株)との合弁会社、極洋日配マリン(株)(現 極洋フィードワンマリン(株))設立

【2013年】
●「焼き魚」を主体とした水産加工品及び惣菜品の製造・販売を行う
 (株)エィペックス・キョクヨーへ資本参加
●新ブランド「シーマルシェ」発表
【2014年】
●タイに現地法人「Kyokuyo (Thailand) Co., Ltd.」を設立
●Kyokuyo Europe B.V. とHero Management SK k.s. との合弁会社、
 「K&H Food Impex GmbH」をオーストリアに設立

【2015年】
●連結子会社であるKYOKUYO AMERICA CORPORATIONがロサンゼルス市
  近郊に営業所を開設
●かつおまぐろその他水産物および農畜産物の加工および販売を行う
  指宿食品(株)を設立
●冷凍食品の基幹工場となる極洋食品(株)塩釜新工場が完成
極洋を支える「力」 ■良いものを見極める「力」■ 
~歴史ある総合食品企業~ 

昭和12年に捕鯨会社としてスタートした極洋は、現在、「総合食品会社」として成長し続けています。

かつてクジラやサカナを追って世界の海へ乗り出し、世界の海を舞台に成長してきた極洋には良質な水産物を見極める確かな目があります。

その確かな目と永年培ってきた経験は、海外での買い付け・生産指導・品質管理などの「極洋ノウハウ」となり、現在の事業を支えています。


■世界中に広がる極洋ネットワークの「力」■ 
~おいしさを世界中の食卓へ~

今や水産物のマーケットは日本のみならず、世界に広がっています。
健康志向から欧米諸国をはじめ、水産物の需要は急速に高まってきており、そのなかでも「SUSHI」は特に人気があります。

極洋はタイに寿司ネタや冷凍寿司の生産工場を構え、日本そして欧米諸国向けに
これらを供給できる体制をとっています。

また、水産物の海外販売を強化するために、2014年にタイおよびオーストラリアにて現地法人を、2015年には現地法人であるKYOKUYO AMERICA CORPORATIONがロサンゼルスに営業所を立ち上げました。
成長の著しいASEAN地域、「SUSHI」や「和食」が生活に密着しつつある欧米での販売を強化しています。

特にロサンゼルスの営業所は2015年に立ち上げたばかりですが、既にカツオのたたきやホッケ、ズワイガニをはじめとした、極洋自慢の製品を多くの日本食レストランなどに販売しています。

これらの現地法人、海外駐在員事務所、国内外の拠点、協力会社とのグローバルネットワークを通じ、これからも日本国内と海外へ極洋製品を広めていきます。

■新たな分野に挑戦し続ける「力」■
~家庭用冷凍食品への本格参入/クロマグロの完全養殖~

【家庭用冷凍食品の本格参入】
これまで業務用を中心に販売してきた極洋ですが、2013年より市販用商品事業の拡大を掲げ、新しいブランド「シーマルシェ」を発表いたしました。
そして、総合食品会社としてさらなる成長のため、2014年には家庭用冷凍食品へ新規参入いたしました。焼き魚の冷凍食品をスーパーで販売するなど、より手軽に魚を楽しんでもらえるような商品を直接皆様に届けていきたいと思います。
また、これらの事業を強化するため、2015年には宮城県塩釜市に冷凍食品の基幹工場となる新工場を設立しました。

【クロマグロの完全養殖】
国内2か所で行っているクロマグロの蓄養養殖に加え、2012年にはクロマグロの完全養殖を目的に極洋日配マリン(株)(現 極洋フィードワンマリン(株))を設立しました。
設立からわずか2年で第2世代のマグロ稚魚の沖出しに成功しました。
業界内でも事業化が難しいとされていた完全養殖ですが、2017年には200トンの出荷を予定しています。

■極洋の商品開発・販売の「力」■
~お客様のニーズに合わせた商品を~

冷凍食品事業では、寿司ネタ(エビ・サーモン等)や鶏の竜田揚げなど人気商品を、業務用としてすしチェーン店・居酒屋・量販店・コンビニエンスストア、学校給食などに販売しています。
最近は魚の骨なし製品や冷凍した状態で調理ができる製品など、時代の流れと共に変化するお客様のニーズに合わせ、商品を開発、販売しています。
素材の旨味・鮮度を逃がさないスピーディーな加工技術は食品業界から高い信頼を得ています。
「プロ」を育てる 極洋の特徴として挙げられるのは「現場主義」であること。
新入社員は入社後、工場研修および営業研修を行います。工場研修では、製造の現場にて自社製品の生産・品質、工場管理などの基礎知識を学び、営業研修では、実際の販売現場を体験し、営業の基本を理解していきます。
その後はすぐに現場に立ち、仕事を肌で感じながら、また、先輩に色々な情報やスキルを教わりながら仕事を覚えていきます。
環境方針 極洋グループは、食品メーカーとして水産物資源などの有効活用と、
安全で安心な食品の提供を心がけるとともに、常に地球環境への影響に配慮した
事業活動を推進し資源循環型社会の実現に努めています。

<省エネルギー> <省資源> <リサイクル> <汚染の予防> <社会貢献>

これらのカテゴリーに分け、事業活動を推進しています。

====================================

詳細はこちらでご紹介しています↓
http://www.kyokuyo.co.jp/environment/index.html

====================================

連絡先

株式会社 極洋
総務部人事課
採用担当

〒107-0052 東京都港区赤坂3-3-5
TEL:03-5545-0704
E-mail:st@kyokuyo.co.jp

◆極洋採用HPはこちら◆
http://www.kyokuyo.co.jp/recruit/new_gra/index.html
掲載開始:2017/03/01

株式会社 極 洋に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社 極 洋に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)