株式会社商工組合中央金庫
ショウコウクミアイチュウオウキンコ

株式会社商工組合中央金庫

ショウコウチュウキン
  • OpenES
  • 正社員
業種
政府系・系統金融機関
その他金融/都市銀行・信託銀行
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

「全国の中小企業にとって最良のパートナーを目指す」
■商工中金は中小企業向け融資を専門とする政府系金融機関です。
■日本企業の約99%が中小企業で構成されており、日本経済の成長・発展を影で支えているのは中小企業です。その中小企業が円滑に資金調達できるよう商工中金は現在に至るまで安定的な取引を継続してきました。
■あくまで顧客最優先の立場を忘れず、民間金融機関にはない独自のサービスを提供しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

■中小企業金融のプロフェッショナル

商工中金は、昭和11年に政府が民間との共同出資により設立した中小企業専門の政府系金融機関です。設立以来80年にわたり一貫して中小企業向けコーポレートファイナンスに携わり、日本経済の基盤である中小企業のサポートを行ってきました。メガバンク同様の多彩な金融サービスが最大の強み。中小企業の成長段階に応じて、新規事業支援、経営基盤強化、事業再生などを行います。 近時はABLなどの金融手法の強化にも力を入れています。平成20年10月に株式会社化し、より広範なフィールドを手に入れました。今後も経営の自主性を最大限に活かし、「中小企業にとっての最良のパートナー」として取り組んでまいります。

仕事内容

■確かなキャリアプラン ~ 2年目から法人渉外融資を担当

商工中金では、支店配属後2年目から必ず法人融資営業と審査を担当します。フロント融資に興味のある方には、この上ない魅力だと思います。入庫1年目はまず後方セクションでOJTや集合研修を通じた基礎業務を学んでいただき、2年目からフロント業務に移り、コーポレートファイナンスを担当します。クライアントは20~40歳も離れた百戦錬磨の企業経営者たち。最初は緊張するかもしれませんが、徐々に気心も知れ、経営相談を受けることも増えてきます。半年もすれば、自らが担当した融資案件が実際に設備投資に使われ、新製品が生まれるような事例も出てきます。それはおそらく、最初に感じる商工中金の仕事の醍醐味です。

事業優位性

■リーディングバンクとして安定した取引と最新のサービスを提供

中小企業にとっての「リーディングバンク」として、80年にわたって培ってきた金融ノウハウをベースに、全国の中小企業を金融面からサポート。経済・金融環境に左右されない長期的・安定的な取引スタンスにより、お客様との確かな信頼関係を築いています。メガバンクと変わらない総合的な金融機能はもちろんのこと、セーフティネット融資や経営改善計画の策定アドバイスなど、お客様の視点に立った金融サービスの提供にも力を入れています。また、ABLや停止条件付無保証人制度といった金融手法の開発・普及にも取り組んでおり、中小企業金融の新たな地平を開拓しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

入庫後、OJTや集合研修などを通じて基本的な業務知識と金融知識を学んでいただき、2年目から法人融資営業の第一線に配属。企業経営者と直接交渉するフロント業務を通じ、将来的には「コーポレートファイナンスのプロ」として活躍することができます。融資提案のみならず、海外展開支援、シンジケートローン、デリバティブ、M&Aなど様々な金融サービスを提供しています。

会社データ

事業内容 (1)融資業務(注)
(2)預金業務
(3)資金証券業務(金融マーケットでの資金運用・調達等)
(4)国際業務(国際金融、外国為替)
(5)総合金融サービス(M&A・業務提携支援、ビジネスパートナー紹介、株式公開支援、事業承継対策等)
(6)信託代理業務  等

注)商工中金の株主となって頂いている中小企業団体(協同組合など)とその構成員企業を主な融資先としています
正式名称 株式会社商工組合中央金庫
設立 昭和11年(1936年)11月
資本金 2,186億円(うち政府出資1,016億円)
代表者 代表取締役 杉山 秀二
従業員 4,066名
(2016年9月30日現在)
事業所 本店/東京
国内/100店舗(全都道府県に支店あり)
海外/4拠点(ニューヨーク、香港、上海、バンコク)
沿革 1936年 商工組合中央金庫法に基づき設立
1952年 全都道府県に店舗設置完了
1985年 商工組合中央金庫法全面改正
1995~97年 独自の総合支援策「21シリーズ」の取扱開始
      イノベーション21(新規性の認められる事業に対する支援)
      オーバーシーズ21(海外投資に対する支援)
      コーポラティブ21(事業協同組合に対する支援)
      リフレッシュ21(国内産業活性化に対する支援)
2000年 商中第1号投資事業組合組成
2001年 事業再生支援貸付(DIPファイナンス)取扱開始
      売掛債権担保融資保証制度取扱開始
2002年 「貸し渋り・貸し剥がし特別相談窓口」の開設
      中小企業再生支援本部を設置
2003年 デット・デット・スワップ(DDS)わが国第1号案件取組み
2004年 総合支援策リージョン21(地域再生・活性化)の取扱開始
      環境配慮に取り組む事業者に対する総合支援策取扱開始
      女性の社会進出総合支援策取扱開始
      上海駐在員事務所を開設
2005年 流動資産一体担保型融資(ABL)わが国第1号案件取組み
      3年新型定期預金取扱開始
2006年 ものづくり基盤技術支援貸付取扱開始
      個人年金保険の取扱開始
2007年 遺言信託・遺産整理業務の取扱開始
       平成20年10月の新体制移行後の商工中金の位置づけや
      業務範囲等を定める株式会社商工組合中央金庫法が成立
      天候・地震・原油デリバティブ取引の媒介業務取扱開始
2008年 投資信託の取扱開始
      10月1日に株式会社に転換
      危機対応業務における指定金融機関に法定
2009年 株式会社商工組合中央金庫法が一部改正され、危機対応
      準備金として、政府から1,500億円の追加出資が決定
2010年 成長戦略総合支援プログラムを創設
2011年 東日本大震災対策本部を設置
2012年 バンコク駐在員事務所を開設
2013年 成長戦略総合支援プログラムを「成長・創業支援プログラム」に改称
2014年 地域連携室を設置、グローバルニッチトップ支援貸付制度を創設
2015年 地域中核企業支援貸付制度を創設
資本金構成 政府出資/1,016億円(46.5%)
民間出資/1,170億円(53.5%)
営業規模 (2016年9月末現在)
総資金量    10兆  676億円
融資残高     9兆5,276億円
預金               5兆1,442億円
譲渡性預金          1,238億円
債券               4兆7,996億円

連絡先

〒104-0028
東京都中央区八重洲2-10-17
人事部人事グループ
TEL:03-3246-9261

会社ホームページアドレス
http://www.shokochukin.co.jp/
採用ホームページアドレス
https://shochu-saiyo.com/
掲載開始:2017/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
経済の根幹を支える金融業界特集

株式会社商工組合中央金庫に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社商工組合中央金庫に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)