株式会社トマト銀行
トマトギンコウ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
地方銀行
本社
岡山

先輩社員にインタビュー

支店長代理
川北 幸一
【年収】非公開
これが私の仕事 支店長代理として業務目標にコミットする
支店の目標達成のための業務推進に、担当役席として責任をもって取り組んでいます。営業現場の最前線で、法人のお客さまから個人のお客さままでより良いお取引関係を築き、もっとお客さまの満足度の高いサービスを提供してトマト銀行ファンを増やして行きたいという思いでがんばっています。
また役席としては、マネジメントもとても重要な仕事の一つです。
部下の、人としての成長や目標達成のため、働きやすい職場作りをすることはもちろんの事、部下がやらされていると感じて仕事をするのではなく、自分で考え、自分で決めさせるように意識して接しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
一番はやはり部下の成長ですね。
部下をもつようになり数年になりますが、やはり人が成長する瞬間というのがあるんですね。部下とは定期的に面談を行いますが、まず自分で目標を考えさせます。その自分で考えさせた目標について話し合いをする中で『今の実力なら、さらに上の目標を達成できるはずだ』と思えた時は、もっと高い目標を目指すようじっくりと話をします。その時はまだ自信もなさそうで不安顔なのですが、十分話し合うことで納得し、かけられた期待や責任にやりがいを感じはじめたときには、確かに表情が変わってきます。その部下の、成長過程やより高い目標をやりきって満足した顔を見た時は、本当にうれしく思えますね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人と一番身近に接することができる仕事
私は、東京の大学に進学していました。都会には様々なものがあり刺激的でしたが、この先ずっと暮らしていくことを考えると、ここではないなと感じました。また、私が就職活動を行った時期は、いわゆる就職氷河期と言われた時代。長く勤められる会社はどこかと考えていたとき目にした「地方分権」という言葉にピンときました。地方に権限や財源が移るということは地方が活性化するということ。地元での就職活動を決めました。その中でも当社に決めたのは、仕事を通じ地域社会に幅広く貢献できる業種であること、そして、お客さまとのコミュニケーションが緊密で人を重視する社風を感じることのできた銀行だったからです。それは、私の求めていた仕事のスタイルにピッタリでした。
 
これまでのキャリア 渉外業務/営業店役席/本部役席/営業店役席

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・新規開拓中心)
仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

約20年の人生経験で、一生働く可能性のある会社を決めるというのは、自分自身振り返ってみても難しいことだと思います。しかし、就職活動は自分の将来を本気で考える最高のイベントです。この機会に、自分がしたいことは何なのかとことん考えてみてください!そして、少しでも興味を持った会社があればインターンシップや会社説明会など様々な手段を使って、納得がいくまで調べてみてください。きっと、自分にピッタリの会社が見つかるはずです。

株式会社トマト銀行の先輩社員

法人のお客さまとの取引深耕と新規取引開拓。

小田義行

窓口業務と資産運用のアドバイスを担当。

中澤真理子

新サービス導入に必要な企画開発を担当。

調査役
佐々木千秋

支店長として支店の運営、管理を行っています。

営業店支店長
万殿 純子

お客さまに借入のご相談、提案をおこなっています

支店長代理
宮家 一紀

掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)