三菱電機株式会社
ミツビシデンキ

三菱電機株式会社

総合電機/重電/半導体・電子部品/家電/コンピュータ・通信機器
  • 会員制ページ
  • 株式公開
  • 正社員
業種
総合電機(電気・電子機器)
重電・産業用電気機器/半導体・電子部品・その他/家電・AV機器/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
東京

特集記事とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力をリクナビが独自に取材した情報です。

特集テーマ:宇宙にかかわる技術特集

入社2年目に「日本全エリア」をカバーする通信アンテナを開発。

「教育に携わるか、アンテナをつくるか。」大学院で電子工学を専攻し、アンテナ・電磁波の研究に取り組んできた瀧川は、悩んだ末、「やはり自分は、アンテナの開発がしたい。一生をかけるからには、世界でも最先端、前例なき開発ができる場を選びたい」と考えた。アンテナの学会発表を聴講し、その中で三菱電機が情報通信・アンテナ分野で屈指の専門研究、実績を持っていることを知り、就職を決めた。実習として入社1年目から、衛星に積載される超高性能アンテナの試験を担当。多くのことを学んでいく。2年目には早くも、通信衛星に搭載される「反射鏡アンテナ」の設計開発を推進。「日本の全てのエリアをカバーする通信衛星アンテナをつくりあげる」という重責を担いながらも、設計と改良を繰り返し、社内のエキスパートたちと力を合わせて完成させた。入社3年目には、大学院時代の研究の延長線上となる衛星に積載する「小形アンテナ」を担当した。しかし、開発は難航。宇宙空間ゆえの難しさに直面した。数百℃の単位で計算が必要な温度対策。放電の影響。こうした課題を、機械・電気・製造分野のエンジニアと共に克服。開発に成功している。

プロフィール

情報技術総合研究所 アンテナ技術部

瀧川 道生

宇宙空間を含めた広い領域での開口面アンテナの研究開発。衛星に搭載する「反射鏡アンテナ」「小形アンテナ」等、さまざまな開発を担当。院時代は電子工学を専攻。研究室にてアンテナ・電磁波工学の研究に従事。その当時から研究テーマは「小形アンテナ」。

[これが私の仕事]

地上をはじめ、宇宙で使用する開口アンテナの研究開発に携わってきました。

入社以来、アンテナおよび給電回路技術の研究・開発を行っています。現在は研究所において、主に開口面アンテナの研究開発を担当。アンテナは無線技術の中心的な技術であり、製品の性能を左右する重要なコンポーネントでもあります。新たな技術の実現に向けて、私は「アンテナ方式」の立案から、設計、評価に至るまで、ほぼ一連の開発業務を担当しています。情報技術総合研究所は、製品開発の中で最も上流の設計を担うので、最終成果の成否を決めるほどその責任は重いのですが、より良い製品に仕上げるために、製造の技術者、技能者および他分野の研究者と連携して開発を進めています。

[宇宙と関わる技術]

宇宙ステーション補給機に搭載される超高性能アンテナの開発に成功しました。

三菱電機は専門技術において国内屈指の研究開発セクションを持っています。アンテナ関連だけでも、「開口アンテナ技術」「小形アンテナ技術」「アレーアンテナ技術」とフィールドが広く、世界に先駆けた開発を行うことも夢ではありません。宇宙が相手だけに、難しい技術課題も多数ありますが、製造現場をあげて協力してくれる風土は、技術者として大きな力。上司やメンバーはかけがえのない存在です。私も持てるアンテナ技術を集約し、宇宙ステーション補給機に搭載される超高性能アンテナの開発に成功しました。今、この瞬間も宇宙でアンテナが活躍していると実感することが、やりがいになっています。

[忘れられない仕事エピソード]

困難な壁にぶつかった時、上司から励ましてもらった言葉は忘れられません。

大きな壁にぶつかったのは、入社3年目。衛星搭載の「小形アンテナ」の設計を担当した時です。学生時代も専攻していたことから、この分野は私の得意分野と思っていましたが、宇宙におけるアンテナ開発は、予想を超える大変さ。その時、上司から「どうして『できない』ということを恥ずかしがる。相手は宇宙。難解で当然。困ったら何でも相談しろと言っていただろう?」と励ましてもらったことは今でも忘れません。開発者として、ずっと胸に刻んでいる言葉です。自分の技術をより多くの研究者・技術者とひとつにすることで、世界でも前例のない開発ができる。三菱電機は多様な技術資産を持つ会社です。

[今後、挑戦したいこと]

世界一のアンテナ技術を開発し続けること。学位の取得も今後の目標です。

今まで、製造のエキスパートをはじめ、さまざまな分野の人と協力して、研究開発を行ってきたことから、私のまわりには多くのつながり、技術の蓄積があります。こうした知識を学会等の社外で発表することも仕事の一つになります。もちろん、さらに連携を強化して、力を結集させることで、高性能・高品質のアンテナを世の中に送り出していきたいです。研究者として、より多くのアイデアを創出し、世界一のアンテナ技術を開発し続けること、そして、学位を取得することも今後の目標であり、挑戦していることです。世界中の人に役立ち、喜ばれる技術を実現することが私たちの使命だと考えています。

過酷な宇宙環境を再現する、人工衛星一貫生産工場「スペースチェンバー」

「こうのとり」の頭脳である電気モジュール開発にも三菱電機がかかわる

「ひまわり7号」では、高精度姿勢制御系により気象観測に必要な精度を実現

他の取材記事を読む

理系の仕事

特集テーマ:女性エンジニアが活躍する企業特集

2人の子供を育てながら、マネージャーとして働き続けられる理由

1人目の子供を授かった時が、ひとつの転機でした。悩んだ末、上司に「辞めます」と言ったのですが、返ってきたのは「続けてみたら?」という言葉でし…続きを読む

掲載開始:2017/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
宇宙にかかわる技術特集
女性エンジニアが活躍する企業特集

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になる気になるリストに追加済 プレエントリー
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)