※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
業種 食品陸運(貨物)/倉庫/商社(食料品)/レストラン・フード
本社 熊本
雇用形態 正社員

私たちはこんな事業をしています

2012年7月に食肉加工センターとして熊本ミートセンターを設立。食品メーカー機能と物流サービスの2本柱で事業展開中。ミートセンターでは、枝肉のカット、ハンバーグ・ハム・ソーセージの製造など、食肉加工を行い、最新衛生設備の工場で安心・安全な商品づくりを行っています。物流サービスでは、お客様のニーズに合わせた物流システムを開発・提供し、様々な工程をサポートすることで効率化、コストダウンに寄与しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性 “食品”をお届けする仕事で、人々の暮らしを支えています

当社は「物流改革企業」。お客様の多様化するニーズに合わせて変化し成長してきました。“食品”を取り扱う事業をメインとし、たくさんの方へ安心・安全をお届けしています。特徴は県内東西南北4ヵ所の『物流センター』+鮮度管理技術を活用した『配送システム』で九州一円を網羅していること。具体的な業務としては、商品の集荷から在庫保管、流通加工(お菓子の包装など)、仕分け、配送に至るまで物流の様々な工程を包括して請け負います。更にお客様に合わせた3PL事業も展開。お客様のニーズに合わせた物流コンサルティングを行います。その他にも全国的にも珍しい“家畜便”事業も手掛けています。

戦略・ビジョン 2015年5月「Mamatoco」誕生!

新事業として、2012年7月に食肉加工工場「熊本ミートセンター」を新設し、食肉加工・製造・販売事業をスタートしました。6次産業化を支援し、物流センターも併設しているため、店舗・宅配までワンストップでご提供できます。2015年5月には、「ママトコ」がOPEN。工場見学やBBQガーデン、ソーセージ作り体験教室など、「食育」イベントを通じて、「いのち」「食」に関する知識・体験を複合的に学べる施設が誕生しました。これまでにない「見て、体験して、食べて、学ぶ」ことのできる食育教育の場を提供することで、「いのち」と「食」の大切さを次世代の子どもたちに伝えています。また情緒教育を担うことで地域社会に貢献していきます。

社風・風土 次世代へつなぐ、共同のバトン

後継者育成、さらなる事業発展の為に、7年前から新卒採用をスタートしました。現在新卒者は12名(うち内定者2名)。若いパワーで会社全体が活気づいてきています。小さな運送会社からのスタートでしたが、現在では従業員237名、障がい者35名を抱える会社に成長しました。当社の目的は「人に喜ばれること」。人間の本質的な喜びは「人の役に立つこと」だと考えます。このような社長の熱い想いに惹かれ、入社を決めた社員がたくさんいます。大切なのは、あなたの情熱。まだまだ発展途上の会社ですが、志を共有し、バトンを繋いでくれる仲間を募集しています。一緒に次世代のリレーを走りませんか?あなたのパワーが必要です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◎まずは、各物流センターに所属して、配送、荷受、検品等のセンター業務全般の実務研修を通じ、
運送に関する知識、物流の仕組みをしっかりと覚えていただきます。

◎その後は適性に合わせて、物流部門(物流センター管理)、営業部門、食肉加工・製造・販売部門、
その他管理部門(総務、安全管理など)へ配属先を決定。

将来の幹部候補として期待していますので、一緒にがんばっていきましょう。

会社データ

事業内容 お客様の用途に合わせて、4つの物流センターと、最新設備をそろえた、
食肉加工センターを事業としています。
また、2015年5月には、新しい事業として、カフェ・手づくり体験教室等を併設した食育複合施設「ママトコキッチン」がオープンしました。

物流センターでは、配送だけでなく、様々な物流工程をサポートすることができ、仕分け、保管、流通加工も可能です。また、徹底した鮮度管理を行っており、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯に対応しています。
数々の受託実績と品質管理ノウハウでお客様からも信頼を得ています。

食肉加工センターでは、1次加工(枝肉や部分肉製造)、2次・3次加工(スライス肉、ハンバーグ、ハム、ソーセージ製造)を行っています。
「ママトコキッチン」では、女性の視点・母親の視点で、地元熊本の新鮮なお肉を使ったおいしくて安全なものづくりをおこない、お母さんのココロに出会えるお肉屋さんを運営していきます。


◎一般貨物運送事業      ◎商品管理事業
◎貨物運送取扱事業      ◎物流センター事業
◎石油製品販売事業      ◎物流コンサルタント事業
◎共同配送事業         ◎人材派遣事業
◎食肉加工・製造・販売
経営理念 物流と食の改革企業として社会に貢献し 社員の自己実現をめざす
2015年度経営方針 『チーム力を結集してカイゼン運動を実施する』
2015年度行動指針 1.安全最優先の徹底
2.スピーディにチャレンジする
3.5Sの徹底・カイゼン運動の実施
熊本ミートセンターの理念 ●安心・安全な商品作り
「正直なこころ」で本当に安心・安全な製品づくりをします

●障がいを持つ人と共に生きる
ハンディを持つ人たちと共生して働く社会を体現します

●6次産業化を支援
生産者の方たちと協力し、「本当に価値のある商品」を創造します

●熊本の酪農支援
評価の低い「乳用経産牛」の価値を見出し、いのちを最後まで大切にいただきます

●食育運動への参加
いのちを大切にいただき、いのちに学ぶ食育啓蒙活動を行います

設立 1971年10月
資本金 1,000万円(2015年3月現在)
従業員数 ◆2015年11月現在
246名(社員:132名、パート:114名)
売上高 13億円 (2015年3月期)
代表者 代表取締役 山下 敏文
当社の特徴 社長との距離が近く温かい社風が自慢!!

●社長ってどんな人?
・熱い想いを持ち人を大切にする人!「頑張らないけどあきらめない」
・よく講演会の依頼があり、社長の講演は毎回好評です!
 社長の人柄に惹かれ入社した社員もいるほど。
・障がい者雇用に力を入れている!現在35名(2013年11月末)の方がいきいきと働いています☆

魅力ある人材が働いている!!

●物流技術管理士が1社になんと3名(男性2名:女性1名)。熊本企業初のジョブコンダクター3名。障がい者生活相談員11名。男性の多い職場ですが、女性が活躍できるフィールドが当社にはあります!
事業所 ■本社
 熊本県合志市栄3766-24

■第1物流センター
 熊本県合志市栄3766-24
*共同配送、3温度帯一括配送システムで、九州各地に効率よく配送します。

■松橋物流センター
 熊本県宇城市松橋町両仲間90
*宇城市と進出協定を結び、マルショク様(約20店舗)の仕分け・配送をしています。
  CO2削減にも取り組み環境に優しいセンターです。

■田崎市場物流センター
 熊本県熊本市西区八島町728-1
*田崎市場の中心部に位置し、魚の加工・冷凍品の日付打ちや青果物のカット加工、店別仕分け、センター配送などを行なっています。

■パークサイドSS
 熊本県合志市栄3766-24
*本社に隣接しているガソリンスタンドです。

■熊本ミートセンター 
 熊本県菊池市七城町蘇崎1310-3
*枝肉のカット、ハンバーグ・ハム・ソーセージの製造など、食肉加工を行っています。

■菊池ロジスティックセンター
 熊本県菊池市七城町蘇崎1310-3 
*熊本ミートセンターに隣接し、仕分け、保管、ギフトなどの加工作業も行います。


主要取引先 SBSフレック株式会社様
熊本県酪農業協同組合連合会様
株式会社ケイ・エフ物流様
株式会社熊本菓房様
株式会社トワード様
天翔物産株式会社様
熊本県経済農業協同組合連合会様
九州乳業株式会社様  他
沿革 1971年10月
共同運輸有限会社設立

1994年11月
日本コールドネット協議会(JCN)加盟

1999年6月
共同運輸低温第1物流センター開設

2002年10月
共同運輸第2物流センター開設

2003年7月
共同運輸第3物流センター開設(2009年9月閉鎖)

2003年12月
株式会社共同運輸に組織変更

2004年12月
安全性優良事業所認定取得

2005年5月
国際規格ISO9001:2000認証取得

2006年4月
(社)全国重度障害者雇用事業所協会(全重協)入会

2009年2月
共同運輸松橋物流センター開設

2010年1月
障害者雇用優良企業認証取得

2011年3月
グリーン経営認証取得

2012年4月
田崎市場営業所開設

2012年7月
株式会社共同に社名変更

2012年7月
熊本ミートセンター、菊池ロジスティックセンター 開設

2015年5月
熊本ミートセンター敷地内に、「ママトコキッチン」OPEN

本社所在地 熊本県合志市栄3766-24
関係団体 日本コールドネット協議会(JCN)
全国物流経営者会議
熊本県トラック協会
(社)全国重度障害者雇用事業所協会(全重協)
熊本県中小企業家同友会

連絡先

〒861-1113
熊本県合志市栄3766-24
TEL:096-248-1133
採用担当:西浦、山下、福田

URL:http://www.kyodo-logi.com
掲載開始:2016/03/01
「じぶん研究」を使うことで、自分の興味の傾向を知ることができます。「じぶん研究」した企業は「じぶん研究リスト」からいつでも確認できます。(「じぶん研究」はログイン後にご利用いただけます) じぶん研究に使う