リクナビ

就活ならリクナビ

社会と自分をつなげる自己分析

就活では何度も行いたい、基本のステップ

学校卒業後、苦労して就職の内定をもらい働きはじめたものの、理想と現実とのギャップに直面し、「こんなはずじゃなかった」とすぐに仕事を辞めてしまう…そうならないためには、自己分析をしっかり行い、自分自身と客観的に向き合って、「自分は本当はどんな人間なのか」を知ることが重要です。

自己分析って何?

自己分析とは、「自分は何のために働くのか、どんな職業なら自分を生かせるのか」など自分の志向を理解するための作業です。「大手企業だから」「商品やサービスが有名だから」といった周りの情報に振り回されることなく自分自身の基準で判断するために、自分自身についての理解を深めることが自己分析の原点です。

●自分が本当にやりがいを持って頑張れること

自己分析によって自分自身の特徴や価値観を突き詰めることで、社会に出てからの自分の姿を具体的に想像することができるようになり、「自分が本当にやりがいを持って頑張れること」の発見につながります。変化の早い現代社会で、自分自身の根幹を見いだし、企業と結びつけることは大変な作業ですが、納得いく仕事を探すためにも、時間をかけてじっくりと自己分析の作業を行ってください。

自己分析で、就活を効率的に進める

自己分析をしっかりと行っておくことで、エントリーシートの記入がスムーズになる、履歴書作成する際にも役立つ、面接時の受け答えに詰まることがないなど、円滑な就職活動を行うためにも、大事な作業です。

●自己分析ってどうやるの?
自己分析を何から始めればよいかわからないという方も多いはずです。そこで、自己分析の基本的な取り組み方をご紹介します。まずやってみることが大事です。
●自己分析はいつ始めたらよい?
自己分析をいつ始めたらよいかわからない方、悩んだらまず取りかかってください。また、自己分析は1回で終わりではありません、就活中には何回もブラッシュアップするのが自己分析です。

リクルートが運営する【リクナビ新卒】では、学生の皆さんの就職活動を全面サポート!エリアや説明会から、さまざまな企業の検索が可能です。エントリーシートの書き方、自己分析やSPIについてなど、就活に関するお役立ち情報が満載。