Webテスティングとは?テスト形式、問題例、受検の際に気をつけることを解説

就活の選考では筆記試験を実施する企業もあります。筆記試験の案内が届いて、Webテスティング形式での受検を指定された場合、「どんな形式のテストなの?」「いつ、どうやって受ける?」など気になる就活生もいるのでは?この記事では、SPIをWebテスティングで受検するときの方法や出題される問題の傾向、受検時に気をつけることなどを解説します。

Webテスティングとは?

リクルートマネジメントソリューションズが開発した適性検査「SPI」には、4つの受検方法があり、そのうちの一つがWebテスティングです。応募企業からWebテスティングでの受検を指定されたとき、受検する場所や使用端末、受検までの流れについて紹介します。

受検までの流れはどうなっている?

Webテスティングの受検案内は、応募企業から受検者へ通知されます。受検者のメールアドレスにメールで案内が届いたり、企業によっては採用サイトのマイページに案内が届いたりすることもあります。
受検案内メールには「受検期間」「受検に必要なURL」「受検ID、パスワード」などが書かれています。URLから受検ページに進み、受検IDとパスワードでログインして画面の案内に従って受検していきます。

受検場所、受検に使う端末は?

Web テスティングは、インターネット環境に接続できるパソコンで受検するので、受検会場は特に決められていません。指定の受検期間内に自宅や学校のパソコンで受検することができます。

受検に使う端末はパソコンがよいでしょう。マウスでの操作に慣れている人はマウスもあった方がいいでしょう。スマートフォンやタブレット端末からの受検は推奨されていません。

OSやブラウザなど、パソコンの動作環境が整っていないと、Webテスティングに支障が出る場合もあります。推奨されている動作環境かどうか事前に確認しておくと安心です。

Webテスティング以外の受検方法は?

Webテスティング以外にも、SPIの受検方法は次の3つがあります。

テストセンター

SPIを開発するリクルートマネジメントソリューションズが用意する会場のパソコンで受検する形式のWeb適性検査です。指定された受検期間の中から都合の良い日程・会場を予約し、受検します。

ペーパーテスティング

応募先の企業が用意した会場で、配布された用紙にマークシートで回答する受検形式です。

インハウスCBT

応募先の企業に出向いて、企業内のパソコンで受検する形式のWeb適性検査です。

SPIや受検方法について詳しく知りたい人は、こちら↓
適性検査「SPI」とは?テスト内容やポイントを解説【体験版あり】

Webテスティングでは、どんな問題が出題される?

SPIのWebテスティングの場合、出題内容は「能力検査」と「性格検査」の2つに分類されます。
受検の所要時間は、能力検査が約35分、性格検査が約30分の合計約65分になります。ただし、Webテスティングやテストセンターでのパソコン受検の場合、回答状況に応じて問題や出題数が変わります。

能力検査

能力検査は、職種の違いを超えて共通に要求される一般知的能力を測定しています。

また、能力検査は「言語分野」と「非言語分野」の2種類の問題があります。「言語分野」では、言葉の意味や話の要旨を的確にとらえて理解できるかどうかを測定しています。非言語分野では、数的な処理や論理的思考力を測る問題が出題されます。

言語分野 問題例

以下の5つの熟語の成り立ち方としてあてはまるものをA~Dの中から1つずつ選びなさい。

1 大小
2 上下
3 登山
4 絵画
5 河川

A 似た意味をもつ漢字を重ねる
B 反対の意味をもつ漢字を重ねる
C 動詞の後に目的語をおく
D A~Cのどれにもあてはまらない

実際のパソコン画面上では以下のように表示されます。

SPI能力検査・言語分野の問題例

非言語分野 問題例

空欄にあてはまる数値を求めなさい。

1から50までの数字が1つずつ書かれた50枚のカードがある。これらのカードの中から無作為に1枚を引いたとき、それが5の倍数である確率は〔  〕/〔  〕である。約分した分数で答えなさい。

実際のパソコン画面上では以下のように表示されます。

SPI能力検査・非言語分野の問題例

性格検査

性格検査は、日ごろの行動や考え方に関するさまざまな質問を通して、性格やどのような仕事や組織に向いているかなどの、人となりを把握することができる検査です。
具体的には、物事や行動の考え方についての設問が300問ほど提示され、自分がどの程度当てはまるかを選択していきます。性格検査の受検形式は、主にWebテスティングを指定されます。

性格検査 問題例

以下の質問はあなたの日常の行動や考えにどの程度あてはまりますか。
最も近い選択肢を1つ選んでください。

1  A. 一人で旅行するのが好きだ
    B. 皆で旅行するのが好きだ

2  A. 買い物ではよいと思ったらすぐ買ってしまう
    B. 気に入っても一度店を出て考え直す

3  A. 勝負は時の運だ
    B.勝負は努力の結果だ

4  A. 気が合うのは想像力のある人だ
    B. 気が合うのは実行力のある人だ

5  A. うそも方便である
    B. うそはついてはいけない

〔選択肢〕
 Aに近い
 どちらかといえばAに近い
 どちらかといえばBに近い
 Bに近い

実際のパソコン画面上では以下のように表示されます。

SPI性格検査のパソコンでの表示例

Webテスティングの際に気をつけることは?

Webテスティング形式でSPIを受検する際、どんなことに気をつけるとよいでしょうか?
出題内容ごとの気をつけるポイントの解説や体験版の紹介をします。

Webでの受検に慣れておく

Webテスティングの受検を始めてから、画面がフリーズしたり、シャットダウンしたりすることがないよう、必要な動作環境が整っているかを確認しておきたいものです。推奨環境は、受検案内メールの「よくある質問と回答」から確認することができます。

またパソコンを使って受検する場合、計算をして画面上の選択肢から答えを選んだり、穴埋め問題で正しい順番の組み合わせを選んだりするなど、手元のメモと筆記具で作業してから画面で回答する問題があります。次の画面に進むと前の画面には戻れないなど、独特の回答方法や形式もあり、何も準備せずに本番に臨むと戸惑うこともあるかもしれません。

本番で実力を出せるよう、あらかじめWebテストの体験版を受検してみるなど、受検方法に慣れておきましょう。リクナビではWebテスティングと同じく、パソコンで受検するテストセンターの体験コンテンツを提供しているので、活用してみるのもよいでしょう。

▼2021年卒向け詳細情報▼

▼2020年卒向け詳細情報▼

能力検査は問題を解く感覚を取り戻しておく

昔は解けていた問題でも、久しぶりに解こうとすると、解答や解き方に迷うこともあります。SPIの能力検査に出題されるような問題をしばらく解いていない場合は、本番を迎える前に、何らかの形で疑似体験をして問題を解く感覚を取り戻しておきましょう。

リクナビでは、SPI開発部が監修した言語分野・非言語分野のオリジナル問題に挑戦することができます。受検できる期間が決まっていますが、回答のペースや時間配分を知るために活用してみてください。実際に問題を解いてみたい人は、こちら

▼2021年卒向け詳細情報▼

▼2020年卒向け詳細情報▼

性格検査は正直に

性格検査は、準備は特に必要ありません。自分を正直に出して答えることが大切です。志望企業の求める人材像に合うように取り繕って回答しようとしても、質問は約300問もあり作為的な回答をしても、矛盾が出てしまいます。

また、性格検査の結果は、面接時の参考資料や入社後の配属部署、任せる業務内容を検討する際に使われることも。自分の持ち味に合った仕事や企業を見つけるためにも、正直に回答するようにしましょう。

企業によって求める人材は異なりますし、1つの企業が1つのタイプの人材だけを必要としているわけではありません。自分の持ち味に合った仕事や企業に出会うために、正直に回答しましょう。

リクナビでは、自己分析にも生かせる「SPI性格検査」を受検することができます。ぜひ活用してみましょう。

▼2021年卒向け詳細情報▼

▼2020年卒向け詳細情報▼

Webテスティングを自宅で受検する就活生のイメージ

WebテスティングにまつわるQ&A

Q. 制限時間内に解けないときは?

A. 問題ごとに制限時間が設けられ、表示されている時間になると自動的に次の問題に進んでいきます。制限時間内に解けない問題があっても、切り替えて次の問題に集中しましょう。

一定の問題数に回答し、結果の精度が担保されていれば受検結果を出すことはできますが、回答数が不足していると、結果を出すことができません。できる限り時間を確保して、集中できる環境で受けるといいでしょう。

Q. 指定期間に受検できなかったときは?

A. 指定の受検期間内に受検できなかった場合は、原則は選考対象外となります。ギリギリの日程にせず、予定していた日に受検できなくても予備日で対応できるよう、自身でスケジュールを組んでおきましょう。不測の事態が起きた際など、企業に個別に相談するケースもありますが、受検期間の延長に対応するかしないかは企業の判断となります。

Q. パソコンのトラブルで中断してしまったら、どうする?

A. 受検中にパソコンのトラブルが発生した場合は、ヘルプデスクに問い合わせをして、再開の手続き対応をしてもらうことが可能です。「企業別受検ID」「受検企業名」「画面に表示されたエラー番号」など、どんなトラブルが起きたのか、どこの検査で中断したのかを伝え、解決のサポートをしてもらいましょう。ヘルプデスクの連絡先は、受検案内メールに記載されています。

Q. Webテスティングの受検案内メールはどんなもの?

A. Webテスティングの受検案内メールには、「受検期間」「受検に必要なURL」「受検ID、パスワード」のほかに、パソコンの動作環境確認用のURLやパソコンのトラブル時のヘルプデスクの連絡先や受付日時が記載されています。

受検案内メールの例は以下になります。

件名:WEBでの適性検査の受検のお願い

 

りくなび太郎様
この度は弊社の選考にご応募いただき、ありがとうございました。
つきましては、WEBでの適性検査を受検していただきますよう
お願いいたします。

以下のURLにアクセスし、案内に従って受検をしてください。
なお、本メールは受検が終わるまで、大切に保管してください。

◆あなたのIDは**********です。

◆下記URLから手続きを行ってください。
http://xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
※URLをクリックしても正しく表示されない場合は、URLをコピーし、
ブラウザのアドレスバーにはりつけてください。

◆受検可能期間
20××年×月×日×時×分 ~20××年×月×日×時×分

◆検査の所要時間は約●分です。
※事前の環境確認の時間は含まれておりません。
時間に余裕をもって受検いただくことをお勧めいたします。

◆受検に必要な環境は以下の「よくある質問と回答」からご確認ください。
https://arorua.net/viva/docs/ac_s8230.jsp

◆受検に必要な準備物(能力検査受検の場合のみ)
 ・電卓
 ・筆記用具
 ・メモできるもの

【お問い合わせ先】
▼採用に関するお問い合わせ:採用担当
▼WEBでの適性検査の実施に関するお問い合わせ:WEBテストヘルプデスク
 (検査内容に関する質問についてはお答えできません。)
 TEL:0570-012-921(受付時間 9:00~18:00/土日祝含む毎日)

※月曜日~土曜日の朝5~8時、日曜日の朝4~8時は、サーバーメンテナンス
 のため受検ができません。
 途中で受検が中断されないよう、サーバーメンテナンス開始の2時間前から
 ログインできなくなる場合があります。
 直前の利用はできませんのでご注意ください。

++++++++++++++++++++++++
 署名
++++++++++++++++++++++++

Webテスティングは、指定された受検期間内であればいつでも受検できる、受検者の負担が少ない方法で、採用する企業が多くあります。体験ツールなどを活用して、Webテスティングでの受検に慣れておきましょう。

記事作成日:2019年9月10日

合わせて読みたい記事