就活時はどんな髪型にする?人事が気になる点、スタイリングのポイントを解説

「就活では、髪は真っ黒にしなければダメ?」「髪の長さはどれくらいがいい?」など、髪型について悩む就活生も多いのでは?企業の人事担当者にどんな点が気になるかアンケート。それを基にヘアスタイリングで気をつけたいポイントと髪型の例を専門家に聞きました。

就活生の髪型が気になる人事は約9割!

新卒採用に携わったことがある人事担当者300人に「就活生と接する際、髪型は気になりますか?」と尋ねてみました。

■就活生と接する際、髪型は気になりますか?(n=300、単一回答)

「就活生と接する際、髪型は気になりますか?」のアンケート結果グラフ

アンケートの結果、「気になる」と回答した人は、87.7%に上りました。

【人事に聞いた】就活生の髪型、どんなところが気になる?

■具体的にどんな点が気になりますか?(n=263、複数回答)

「就活生の髪型で、具体的にどんな点が気になりますか?」アンケート結果グラフ

続いて、具体的にどんな点が気になるかを聞いた結果が以下になります。
最も多かったのは、「髪の色」で81.0%。「髪の長さ」が66.9%、「髪の乱れ」が60.8%と続く結果になりました。

次に、人事担当者が具体的にどんな点が気になると感じたのかを紹介します。

髪の色

就活生の髪型が気になると答えた人のうち、約8割が気になると回答した「髪の色」。具体的には、「染めている」「明るすぎる」などの場合は気になるといった声が見られました。

髪の長さ

続いて多かったのが、66.9%が回答した「髪の長さ」。「目元や耳にかかっている」「前髪が眉毛にかかっている」「極端に長い、短い」などが気になる点として挙げられました。

また、長すぎると「清潔感がない」と感じるといったコメントもありました。

髪の乱れ

60.8%の人が気になると回答した「髪の乱れ」。「寝癖」がついた髪型や「ハネ」「ボサボサ」な髪は、身だしなみを整えていない人という印象を抱かせてしまうようです。

選考に参加する就活生の髪型イメージ画像

では、就活時にはどのような髪型をするとよいのでしょうか。スタイリングをする際に気をつけるポイントと併せて、男女別に紹介するので、参考にしてみてください。

【男子就活生向け】ヘアスタイリングのポイントと髪型の例

ヘアスタイリングのポイント

ポイント1. 短くカットして、清潔感を出す

男性の場合、清潔感を伝えるためには髪を短くカットするのがオススメです。その際、目安となるのは「相手に自分の顔がよく見えるかどうか」。相手に表情が伝わりやすく清潔感のある髪型を作るには、次の4つのポイントを押さえましょう。

1)前髪は眉毛より上までカットする
2)サイドの毛でこめかみが隠れないようにする
3)もみあげの長さは耳までにする
4)襟足は襟にかからない長さに

髪を切る際は、美容師・理容師さんに、4つのポイントと併せて「就活に向けて髪を整えたい」とひと言添えると、イメージが伝わりやすくなるでしょう。

ポイント2. 髪色は地毛に近い自然な色に

髪を明るい色に染めていて、染め直す場合は、理容室・美容室で「地毛に近い自然な色にしてください」と伝えるとよいでしょう。

もともと明るめの色の場合、無理に真っ黒に染める必要はありません。

ポイント3. ひげの処理も要注意

髪型と併せて注意したいのが、ひげの処理です。ひげをそる際は、顔のサイドやあごの下なども鏡でよく確認してそりましょう。

また、もみあげを長く残していると、ひげの剃り残しのように見えてしまうので、注意が必要です。

ポイント4. スタイリング剤を使ってスーツに合う雰囲気をつくる

髪をカットしたら、スーツに合う雰囲気が出るようスタイリングにも気を配りましょう。

髪を整えるには、まずブラッシングをすることが大切です。髪がうまく落ち着かないときは、水をつけてヘアブラシでしっかりとかしましょう。

スタイリングする際は、ジェルやワックスなどのスタイリング剤を使うのがオススメです。どのようなスタイリング剤を選ぶかは髪質やつくりたい雰囲気によって異なりますが、スーツのきちんとしたイメージに合うよう、髪の膨らみやバラツキを抑えられるものを選びたいもの。

なお、ジェルのように水溶性のスタイリング剤は、手に少し水をつけて髪をなでると、乱れを簡単に直すことができます。

男子就活生の髪型例

就活用の髪型にセットした3人の男性の髪型を紹介します。髪の色、長さの参考にしてみてください。

男子就活生の髪型例1
 

前髪は眉毛の上、こめかみもすっきり見える長さです。もみあげも正面から見て耳が隠れない長さに整えられています。

男子就活生の髪型例2

この男性も、眉毛と耳が隠れない長さに整えられています。

男子就活生の髪型例3

前髪は、横に流してスタイリングするのもよいでしょう。

就活時の身だしなみについて詳しく知りたい人はこちら↓
社会人と接する最低限のマナー 服装編

【女子就活生向け】ヘアスタイリングのポイントと髪型の例

ヘアスタイリングのポイント

ポイント1. 顔が見えるように工夫する

「就活生は髪を1つに結んだほうがいい」と聞くこともありますが、ロングヘアにして結ばなければならないといったルールはありません。ショートカットやボブカットでも良いでしょう。

ロングヘアの場合、1本結びはもちろん、ハーフアップにするのもオススメ。

長さよりも重要なのは、相手に対して自分の表情が伝わるように、顔を見えるようにすることです。ポイントは、眉毛と耳を見えるようにすること。前髪を横に流すなどして、眉毛と額も少なくとも一部は見えるようにしましょう。

お辞儀をしたときにサイドの髪が落ちてくる長さの場合は、アメリカピンを使って耳の後ろで留めるとよいでしょう。

ポイント2. 髪色は地毛に近い自然な色に

髪を明るい色に染めていて、染め直す場合は、美容室で「地毛に近い自然な色にしてください」と伝えるとよいでしょう。

もともと明るめの色の場合、無理に真っ黒に染める必要はありません。

ポイント3. 髪をとかしてスタイリングする

髪をスタイリングする際のポイントですが、まず髪をしっかりブラッシングします。

スーツの雰囲気に合うよう髪をタイトに抑えるには、ジェルやワックスなどのスタイリング剤を使うのがオススメです。その際、スタイリング剤は髪の生え際から全体につけるのがポイント。

生え際から毛の流れが整うと、髪全体のシルエットの収まりもよくなるでしょう。

ポイント4. ヘアアクセサリーは使わない方がベター

髪をまとめる際は、シンプルなヘアゴムを使用しましょう。スーツから浮いて見えないよう、黒、茶色、紺色など落ち着いた色を選びたいところ。ヘアアクセサリーは使用しないのがベターです。

女子就活生の髪型例

長さ別に女子就活生の髪型例を紹介します。

ロングヘアの女子就活生向け

ロングヘアの場合、ポニーテールはもちろん、ハーフアップにするのもオススメです。

【ポニーテール】

女子就活生の髪型例(ロングヘア・ポニーテールにした場合)

ポニーテールにするときは、襟足にも注意しましょう。後れ毛もしっかりピンで留め、産毛が目立つ場合はシェービングすると、サイドから見たときに清潔感のある印象になるでしょう。

【ハーフアップ】

女子就活生の髪型例(ロングヘア・ハーフアップの場合)

ハーフアップの際は、サイドの髪で耳が隠れないように、アメリカピンなどを使って耳の後ろで留めるとよいでしょう。

ショートヘアの女子就活生向け

女子就活生の髪型例(ショートヘアの場合)

ショートヘアの場合は、スタイリングをする時に、面接などでお辞儀をしたときにサイドの髪が乱れないように心がけましょう。

就活時の身だしなみについて詳しく知りたい人はこちら↓
女子学生ナビ

 

画像提供:渋谷フォトスタジオなつ

【調査概要】
調査対象:過去5年以内に新卒の採用選考に携わったことがある採用担当者300人
調査期間:2018年9月20日~25日
調査協力:楽天インサイト株式会社

——————————————————-

【監修】一般社団法人日本ビジュアル支援協会・坂井ナオミ先生(https://visualcommittee.jimdo.com/)
大学やハローワークなどで就職活動をする方々へ「身だしなみヘア&メイク講座」「見た目のビジネスマナー講座」「外見術講座」など数々の研修や講演を実施。プライベートレッスンも行っている。また、「渋谷フォトスタジオなつ」を運営しており、就職活動用の証明写真の撮影を手がけている。

——————————————————-

記事作成日:2017年9月26日 記事更新日:2018年10月30日

あなたに向いている仕事がわかる、SPI開発部監修の本格診断!簡単5分で、12タイプの中からあなたに向いている仕事のタイプを診断します。就活準備に役立ててくださいね。

▼2020年卒向け詳細情報▼

「リクナビ診断」を受ける

▼2019年卒向け詳細情報▼

「リクナビ診断」を受ける

合わせて読みたい記事