【例文あり】伝わる!志望動機の書き方

エントリーシート(ES)や面接で企業から聞かれることの多い「志望動機」。

「どうやって志望動機を書いたらいいのかわからない」といった悩みが多く聞かれます。

そこで今回は、リクルートキャリアが運営する『リクナビ就職エージェント』で、新卒学生の就職活動支援を行っているキャリアアドバイザーに、ESで志望動機を書く際のポイントを解説してもらいました。

志望動機を書く前に押さえておきたいポイント

志望動機を作成する前に、まずは以下のポイントを押さえておきましょう。

志望動機の要となる3点を整理しよう

(1)自分の仕事選びの軸

志望動機の要になるのが、あなたが企業を選ぶ際に大事にしている「仕事選びの軸」。

自分が何に価値を感じているのか、何を大事にしたいと考えているのかを理解することが大切になります。

自己分析を行い、自分が企業選びにおいて大切にしていること、外せないことを明らかにしましょう。

自己分析について、詳しく知りたい人はこちら↓
「Stepで解説! 「自己分析」の方法」

(2)企業の事業内容・風土

志望動機を作成する上で、企業のことを知っていないと、どこに魅力を感じたのかを伝えられません。
業界・企業研究をして、企業の事業内容や風土を知ることが大切になります。

業界・企業研究をすることで、その企業のどんな点に魅力を感じたのか、といった数ある企業の中からその企業を選んだ理由が見えてくるでしょう。

業界研究について、詳しく知りたい人はこちら↓
「業界研究の方法・ポイントを徹底解説!」

企業研究について、詳しく知りたい人はこちらから↓
「このポイントを押さえよう! 就活に役立つ企業研究のやり方」

(3)仕事選びの軸と企業との接点

「仕事選びの軸」と「その企業を志望した理由」の接点を整理してみてください。

そうすることで、あなた自身がどんな思いで、なぜその企業を選んだのか、ということに筋が通り、企業の担当者に伝わりやすくなると思います。

志望動機を通して「企業が何を知りたいか」を知る

そもそも、企業は志望動機を通して何を知りたいのだと思いますか?
企業の真意を知ることは、どんなポイントを意識して伝えれば良いかのヒントになります。

これから具体的に紹介していきましょう。

仕事選びの軸が自社とマッチしているかどうか

企業は、自らの価値観に基づいて企業選びをしているのか、どんな志向で企業を選んでいるのか、などといった「あなたの仕事選びの軸」を知りたいようです。

その仕事選びの軸が、自社に合致しているから志望した、と説明されていると説得力が増します。

どのような点があなたの仕事選びの軸とマッチしているか具体的に伝えるようにしましょう。

本気度の高さ、やる気の強さ

自社に対する学生の「本気度」「やる気」を見たいという意図もあるようです。

上記で紹介したように、自分自身と企業がどのような点でマッチしているのか伝え、その上で「本気度」「やる気」を伝えるようにしましょう。

入社したらどんなことに挑戦したいのか、どのようなことができると思うか、といったことを具体的に伝えることで、「本気度」や「やる気」が相手に伝わりやすくなるでしょう。

わかりやすく伝えるための志望動機の書き方

次は、志望動機をわかりやすく伝えるための組み立て方を紹介します。

ステップ1. 企業のどこに魅力を感じているのか、最初の一文で簡潔に語る

わかりやすく相手に伝えるためには、まずは端的に結論を伝えることが大切になります。

その企業のどこに魅力を感じたのか、志望した理由を最初の一文で簡潔に伝えましょう。

ステップ2. そう考えている根拠を、自身の価値観を交えて説明する

次に、魅力を感じた理由・根拠を伝えることで説得力のある志望動機になります。

その際、「仕事選びの軸」として大切にしている自分の価値観とその企業との接点を、「魅力を感じたポイント・理由」として伝えることができれば、自分ならではの志望動機になるでしょう。

ステップ3. 入社後、どのように活躍できるのかを書き入れ、全体をまとめる

その上で、「入社したらどんなことに挑戦したいのか、どのような強みが仕事で生かせるのか」を伝え、全体をまとめましょう。

そうすることで、あなたの「やる気」が伝わるとともに、企業側があなたと一緒に働くイメージを持ちやすくなるでしょう。

志望動機を書いている学生

先輩の志望動機例文と解説

先輩の志望動機例

■先輩プロフィール:2018年卒業予定・男性・広告業界志望

<自分次第でどうにでも成れる環境です>
説明会で耳にした「〇〇力」という言葉にひかれています。貴社であれば以下2点を実現できると思いました。
(1)「衝撃と笑撃を与える広告を作り人の心を動かす」
(2)「自分を必要としてくれるファンを作る」

<商売繁盛への情熱です>
「この広告で商売繁盛するのか」を大切にした型にハマらない広告作りにひかれました。私も「本質」で勝負したいです。

キャリアアドバイザーからのアドバイス

質問に正確に答えるよう意識しよう

Step1で紹介したように、最初の一文に「自分が企業の何に共感できたのか?」が明確で簡潔にまとまっていていいですね。

ただし「志望理由を述べてください」という問いに対しては、「~だからです」「~という点にひかれたためです」と書いた方が適切です。
質問に正確に答えるように心がけてください。

また、「自分次第でどうにでも成れる環境」という表現は少し伝わりにくいので、例えば「個人の意欲を尊重してくれる環境」など、よりわかりやすい表現を検討してみるのも良いかもしれません。

価値観や根拠を交えて伝えよう

次に、「なぜ、『〇〇力』にひかれたのか?」「型にハマらない広告になぜ共感したのか?」 「そもそもなぜ広告業界を目指しているのか?」などといった本人の価値観や、魅力に感じた根拠が書かれていないので、企業に対する本気度が伝わりづらい印象を受けました。

Step2で紹介した部分を意識して書けると、よりあなたの思いが伝わるようになるでしょう。

裏づけとなるエピソードを盛り込もう

Step3で紹介した「自分のどのような経験や強み、性格が、この企業で生かせるのか?」といった点も踏まえて伝え方を考えてみましょう。

その根拠(裏づけるエピソード)を交えて伝えられると、企業側があなたと一緒に働くイメージを持ちやすくなり、より「会ってみたい」と感じてもらえると思います。

『リクナビ就職エージェント』とは
就職活動を無料で支援するサービス。会員登録後、専属のアドバイザーが個別に面談を行い、あなたの希望や適性に合う企業を選んで、求人情報を紹介します。エージェントだからこそできる求人情報の紹介、面接アドバイスや履歴書添削なども行っています。

 

2017年9月28日

もっと先輩たちのESを見たい人は、リクナビの「7業種500枚以上!先輩のES大公開」を参考にしてみましょう。

▼2020年卒向け詳細情報▼

先輩たちのESを見る

▼2019年卒向け詳細情報▼

先輩たちのESを見る

合わせて読みたい記事