エントリーシート・履歴書の「学歴・職歴」の書き方

就活で企業へ提出するエントリーシートや履歴書の学歴・職歴欄を書くときに決まりごとはあるのでしょうか。学歴・職歴欄を記入する上での一般的なマナーと書き方のポイントの記入例を交えて紹介します。

【記入例あり】「学歴・職歴」の書き方

▼記入例:エントリーシート・履歴書「学歴・職歴」部分

エントリーシートの学歴の図版

1. 書き始めはいつから?

まず、学歴は1行目の中央に「学歴」と明記し、2行目から入学・卒業(修了)の経歴を、年月が古い順に記入します。どの時点から書くか明確な決まりはありませんが、新卒の就活では義務教育の卒業時である「中学校卒業」から記入するのが一般的。以降は入学と卒業(修了)、両方の年月を記入しましょう。西暦にするか和暦にするかは、書類全体で統一できていればどちらでも構いません。生年月日欄や記入日欄と合わせましょう。

2. 学歴はどこまで書くもの?

学校名は省略せず、高等学校など正式な名称を記入します。学部や学科、専攻が分かれている場合は、学校名だけでなく、学科や専攻まで記入します。できるだけ、1行で収まるように書くのがよいですが、大学や学部・学科名が長く、収まらない場合は、2行になってもよいでしょう。その際、学部・学科名など名称の途中で切れないように注意しましょう。なお、就活では、在学中という表現は使いません。「平成××年3月 〇〇大学□□学部○○学科 卒業見込み」と記入します。なお、大学院の場合は「修了見込み」とします。

3. 予備校や中退はどう表現する?

大学受験や資格取得のための予備校については、一般的には記入しません。
中途退学の場合は「中退」と略さず、「平成××年×月 〇〇大学□□学部○○学科 中途退学」と記入しましょう。「◯◯◯◯により中途退学」と理由を記入してもよいでしょう。

4. 職歴欄にアルバイトは書く?

一般的に企業への提出書面では、学歴記入欄がある場合、職歴も一緒に記入できるようになっています。学歴の最終行から1行空けた行の中央に「職歴」と明記し、その次の行から記入します。新卒の就活の場合は、正社員・契約社員などでの就業経験がない限りは「なし」と記入し、最後に「以上」と入れるのが一般的です。なお、アルバイトも新卒の場合は一般的には職歴には含めません。アルバイトや、長期インターンシップで働いた経験を伝えたい場合は、自己PR欄などに書くとよいでしょう。

学歴が載っているエントリーシート

5. 書き終えたら、もう一度チェック

間違いがないか、記入漏れはないか、読みやすく書いてあるか、もう一度チェックしましょう。1回で枠の中にきっちり収めて書くのは難しいもの。特に、手書きの場合は考えながら書くと文字の大きさなどもバラつきがちです。手書きで作成する場合は、一度下書きをしてから清書してもいいでしょう。

——————————————————-

【監修】峯 陽子先生

約20年の専業主婦の後、人材育成会社で企業の社内研修講師などを経て、独立。企業の会社研修の講師のほか、女性の社会復帰支援、学生へのキャリア育成セミナー・マナー講座なども担当。

——————————————————–

 

リクナビでは内定した先輩たちのエントリーシートを公開中。参考にしてみよう!

エントリーシートを見る

合わせて読みたい記事