株式会社ハードオフコーポレーション
ハードオフコーポレーション
2024
  • 株式公開
業種
専門店(複合)
専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)/専門店(音楽・書籍・インテリア)/専門店(家電・事務機器・カメラ)/その他専門店・小売
本社
新潟、東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価20件~30件
総合評価 4.47 評価点数の画像 評価が高い項目 業界の理解 4.64

私たちはこんな事業をしています

リユース(製品の再利用)のリーディングカンパニーとして、
「ハードオフ」「オフハウス」「モードオフ」「ガレージオフ」「ホビーオフ」「リカーオフ」
フランチャイジーとして「ブックオフ」の7業態を展開。

<2025年に1000店舗達成>を目指しており、
国内のみならず海外への店舗展開も積極的に行っています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

今注目されている「SDGs」に貢献し、ワクワクを生み出す事業!

「社会のためになるか」企業理念であるこの想いを胸に、リユースビジネスのパイオニアとして事業を展開してきました。今世界中で取り組んでいる「SDGs」にも大きく貢献しており、リユースビジネスの必要性は年々拡大しています。そんな当社が次に目指すのは、リユース品を通してお客様に“ワクワク感”を提供することです。思いがけない出会いのワクワク、自分が大切にしていた物が繋がっていくワクワクなど、「リユース品=ワクワク」という新しい価値観を提供できればと考えています。ついつい足を運びたくなるようなお店を私たちと一緒に創ってみませんか。

戦略・ビジョン

『日本のリユース文化』は国境だって越えていく!

現在当社では、「台湾」「ハワイ」「カリフォルニア」にも店舗を展開しており、グローバルな事業拡大を進めています。どの土地も『リユース』という概念が無い状態からのスタートでしたが、親日文化のある台湾ではオープン日に5000人の列ができ、3日間入場制限を続けるという、グループ史上初めての経験もありました。しっかりと結果に繋がったのもぶれない企業理念があったからこそだと考えており、今後も海外への出店を積極的に行っていきたいと思います。世界中に日本のリユース文化を根付かせ、驚きと感動を提供していきましょう。

社風・風土

自分らしさを出せる、個性を尊重してくれる環境!

楽器や洋服、書籍、玩具など、7つの異なるブランドを展開しているため、それぞれのブランドは専門性が高いものとなっています。その為、そこで活躍しているスタッフは個性や好きを思う存分発揮することができ、自分らしく働くことができる環境へと繋がっています。当社ではそんな個性を尊重する風土が根付いており、「好き」や「興味」を共通項に、スタッフ同士の関係が深まることも珍しくありません。スタッフ同士だけでなく、常連のお客様と深く関わることもあり、人と人との出会い・繋がりがこの仕事の面白さの一つでもあります。

会社データ

事業内容 ◆リユースショップの運営
◆フランチャイズ事業

日本でトップクラスの店舗数を誇る
総合リユースのリーディングカンパニー!
設立 1972年7月
資本金 16億7627万円
従業員数 4024名(うち正社員685名) 連結
ハードオフコーポレーション正社員人数 444名
(2022年6月末現在)
売上高 年商 245億000万円
経常 16億6800万円
(2022年3月期)
代表者 代表取締役社長 山本太郎
事業所 本部/新潟県新発田市新栄町3-1-13
東京オフィス/東京都港区新橋6-14-5 SW新橋ビル8F

直営店/直営店392店舗(ハードオフ130店舗、オフハウス122店舗、モードオフ22店舗、ガレージオフ11店舗、リカーオフ4店舗、ホビーオフ47店舗、ブックオフ51店舗、海外5店舗)

FC加盟店/522店舗

グループ合計/914店舗

(2022年6月現在)
沿革 1972年 7月 オーディオ・ビジュアルの小売業として株式会社サウンド北越を設立。
1987年 5月 新潟県新発田市緑町にサウンド北越新発田バイパス店を新設。本社を同所に移転。
1993年 2月 リユース品の仕入・販売を行う「ハードオフ・システム」を開発。
1994年 6月 FC事業を開始。
1995年 4月 株式会社ハードオフコーポレーションに商号変更。
1997年11月 新潟県新発田市新栄町に本社を移転し、「ハードオフ・ブックオフ新発田店」を併設。
1998年 5月 「オフハウス・システム」を開発し、FC事業を開始。
1999年 8月 直営・FC店舗数が100店舗を突破。
2000年11月 ジャスダック市場に株式を上場。
2001年 7月 「モードオフ」1号店を開店。
2002年 5月 「ガレージオフ」1号店を開店。
2004年 2月 東京証券取引所市場第二部に上場。
2004年 4月 「ホビーオフ」1号店を開店。
2005年 2月 直営・FC店舗数が500店舗を突破。
2005年 3月 東京証券取引所市場第一部に上場。
2009年 4月 日本リユース業界の設立。会長に当社代表取締役会長兼社長(当時)の山本が就任。
2009年 7月 新潟県立野球場のネーミングライツを取得。「HARD OFF ECOスタジアム新潟」と命名。
2010年10月 東京オフィスを開設。
2013年 4月 直営・FC店舗数が700店舗を突破。
2013年 12月 東京オフィスを東京都港区新橋に開設。
2016年  6月 子会社ECO TOWN HAWAII INC.をアメリカ合衆国ハワイ州に設立。
2017年 7月 子会社ECO TOWN USA INC.、孫会社ECO TOWN USA FRANCHISING INC.をアメリカ合衆国カリフォルニア州に設立。
2017年 8月 台湾海徳沃福股分有限公司(HARD OFF TAIWAN INC.)を台湾に設立。
2018年 5月 台湾1号店をオープン
2019年 5月 米国カリフォルニア州1号店をオープン
HARD OFFとは? ■取り扱い品
パソコン・オーディオ・ビジュアル・楽器・カメラ・AVソフト・ゲームソフト・黒物家電など
■働いている人の特徴
細かい所によく気がつく人・男性社員男性スタッフが多い・元バンドマンが多い・コツコツ頑張っている人が多い
■お客様の特徴
マニアな方が多い・楽器の試奏がやたらかっこいい・豊富な知識を披露してくれる常連さんがいる・毎日来る常連さんがいる
OFF HOUSEとは? ■取り扱い品
家具・インテリア・ギフト・生活雑貨・婦人服・ベビー用品・子供服・スポーツ用品・生活家電・アウトドア用品・ホビーなど
■働いている人の特徴
みんなでわいわいするのが好き・ちょっと大雑把・パートは主婦さんが多め・様々な人種とコミュニケーションが取れる人が多い
■お客様の特徴
ファミリー層が多い・日用品を買いに来るマダム・宝飾品を買いに来るお父さん・外国の方も多い
Hobby OFFとは? ■取り扱い商品
ホビー・カプセルトイ・プラモデル・トレカ・鉄道模型・おもちゃ・ぬいぐるみ・TVゲームなど
■働いている人の特徴
オタク気質な人・知識が溢れてる人・
■お客様の特徴
掘り出し物を探しに通う人・お宝を見つけてはしゃぐ人・お年玉を握り締めてくる子供・コレクターさん
Garage OFFとは? ■取り扱い商品
カーオーディオ&ナビ・カーグッズ・タイヤ&ホイール・カーモデルなど
■働いている人の特徴
車好き・車高が低い・BMW多め・つなぎを着て働いてる
■お客様の特徴
男性多め・車好き
MODE OFFとは? ■取り扱い商品
レディースメンズのアパレル古着・靴・バッグ・スーパーブランド・アクセサリーなど
■働いている人の特徴
おしゃれ・コミュニケーション能力が高い・かわいい・かっこいい・スタイル良い・唯一私服
■お客様の特徴
洋服好きさん・中高生・キャリア層・主婦層・年配まで・古着屋さん巡っている方
Liquar OFFとは? ■取り扱い商品
酒類(ワイン・洋酒・焼酎・日本酒・ビール等)、その他飲料、おつまみ、グラス類など
■働いている人の特徴
ソムリエ資格を持っているワインアドバイザーの資格を持っている・お酒好き・お酒のことならなんでも知ってる・やたらお肌がきれい・うらやましい
■お客様の特徴
お酒好き・のんべえさん
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)