太陽生命保険株式会社タイヨウセイメイホケン
業種 生命保険
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

総合職

人事部座談会「太陽生命が求める人材、活躍できる人材とは?」

内藤「当社はもちろん世の中で求められているのは、何事にも前向きに取り組んでいける人材だと思う。社会の変化に応じて、会社も変わり続けないといけない。変化を恐れていたら成長スピードも下がってしまう」

松田「ダイレクト営業やインターネット広告等、営業の手法も変わってきており、社会の変化に即座に対応することが求められる。当社は少数精鋭主義に基づいて、一人ひとりが力を発揮して成長を続けている」

壺井「変化に加えて成長したい意欲のある人。総合職は全国の様々な支社に配属される。このことは、いろんなことにチャレンジできるということ。私自身、入社前は3年後に人事部に来るとは考えていませんでした」

内藤「目の前の仕事に向き合うことが次につながる。ジョブローテションは多様な経験を積みながら、将来やりたいことを柔軟に見つけていける制度だと言えるよね」

松田「コース別採用だと選んだコースで力を発揮できなかったら脱落してしまう。でも太陽生命は早くからいろんな仕事をさせてもらえる。若いうちから多くのチャンスが与えられる。教育制度も充実している。自分らしいキャリアが描けますね」

内藤「少数精鋭はひとりひとりの役割、裁量権が大きいということ。新人でも支社では100名近い営業職員と関わることになります。営業方針を具申して筋が通っていれば採用される。どんどん意見を言える環境だし、上司も意見を求めている」

壺井「会議の場ではなく、日常的に“何かいいアイデアない?”と意見を聞かれます。発信を期待されているし、会社としても意見を吸い上げる。業界初の“認知症予防保険”も営業現場の声から開発がはじまりました」

松田「意見を聞く風土は、前例にとらわれずお客様のニーズにいち早く応える会社のスタイルともつながっている。今では当たり前となった、保険をパズルのように組み合わせる商品も、初めて提供したのは太陽生命です」

内藤「フットワークも軽い。保険商品の開発は通常1年以上かかるが、当社がコロナ特化型医療保険を発表したのは感染拡大が本格化した数ヶ月後。やろうと決めたら一体感を持ってみんなでやりきる風土がある」

壺井「お客様はもちろん、支社の営業職員、同僚、経営陣まで様々な人と関わる仕事。人の役に立つことを考えて、全力で行動する。そんな仕事がしたい人にとっては最高の環境だと思います」

学生へのメッセージ「自分自身の入社理由と、入社する人に期待すること」

(左)内藤(中)坪井(右)松田

内藤「社員座談会に参加して、働いている人を魅力的に感じたこと。何でも話してくれるし、何も隠さない。ここなら会社の歯車にならず、自分らしく働けると思った。自分の可能性を試したいと思っている人は、ぜひ説明会や座談会で生の雰囲気を感じて欲しい。会社を面接して欲しい」

壺井「長い社会人生活で自分を偽ってもしんどい。太陽生命は座談会を通して、のびのび働ける会社だと感じて選びました。今は変化が求められる時代です。いろんなことに前向きに取り組む、チャレンジ精神旺盛な人と一緒に働きたいですね」

松田「周囲を巻き込んで、人と何かを成し遂げていくことに達成感、喜びを感じる人に入社して欲しい。私の志望動機は“人の役に立つこと”。新人で支社に配属されたときも、営業現場からありがとうと言われない日がなく、今は教育課として人の役に立てている実感があります。自分が大切にしたい価値観を実現することのできる会社です」

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる