熊本朝日放送株式会社クマモトアサヒホウソウ
業種 放送
本社 熊本
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

報道制作局
柴田 理美
【出身】総合人間学科人間科学コース芸術学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 「記者」として駆け回り取材し「アナウンサー」として正確にお伝えします
KABの場合はアナウンサーも記者です。初めから最後まで携われて、自分で感じたことを自分の言葉で伝えられる、魅力的な仕事だと思います。
流れはこのような感じです。<取材先へアポをとる→現場でカメラクルーと撮影、話を聞きインタビュー、場合によっては自分でリポートをする→撮った素材を会社に持ち帰って画の構成を考えながら原稿を書く→完成した原稿を基に編集に立ち会い、スーパー(文字)を載せる→VTRに合わせて原稿をスタジオで読んだりナレーションを吹き込んだりします。>
毎日が文化祭、毎日が勉強、毎日卒業論文を書いている感覚です。様々なタイプのしゃべりや動き、表情など表現力・人間力が鍛えられる日々です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
テレビは人と人をつなぎ、生きる活力が湧くきっかけになると信じています。
閉店を前にした老舗ラーメン屋さんを取材したときのことです。店主の娘さんは毎日その店のラーメンを食べてきて、誰よりもお店を愛していた人です。しかし、高齢の父親の体のことを考えると「無理をさせたくない、生きていてほしい」という思いで、最も辛い閉店を決断したのだと涙ながらに語ってくださいました。取材をしながら、閉店してしまうと店主だけでなく娘さんの張り合いもなくなってしまうのではないかと心配で、胸が締め付けられました。
そんな中、番組で取り上げられたことがきっかけで、ある方が「味を引き継ぎたい」とお店に申し出てくれたのです。改めて閉店の日を取材をさせて頂くと、閉店は「終わり」ではなく未来への希望に溢れたものでした。私もこの方々に生きる活力が湧き上がっているのを感じて嬉しくなりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 番組をつくり、伝えて、熊本の人たちに恩返しできるところだからです
私は就職活動ではアナウンサー試験を中心に受けていました。自分で取材しニュースや番組を作り同時にアナウンサーの仕事をしたいと思っていたので、内定した熊本朝日放送ではそんな働き方ができるということで入社を決めました。また、大学時代から熊本に住みはじめて人情味あふれるあたたかい人たちと出会い、支えられてきて、恩返しできるような仕事がしたいと思っていました。熊本の放送局で働けるということが選択の決め手になりました。
 
これまでのキャリア 報道制作局(今年で7年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

世の中たくさんの仕事がありますから、それぞれのプロフェッショナルとぜひお話(取材)してみてください。そうしていると自分のやりたいことが少しずつ見えてくると思います。私も様々な会社の入社試験を受ける中、ふと「やっぱり放送局で働きたい!」と強く思う瞬間がありました。これから働くであろう40年間を想像し、なによりも自分の「良さ」を信じて、頑張ってください!応援しています!

熊本朝日放送株式会社の先輩社員

中継局や放送設備を構築・管理します

技術局 技術部
飯尾 良太
自然科学研究科 数学専攻

KABで放送する番組を決めています!

プロフィットセンター 編成部
星原竜貴
外国語学部 英米学科

編成部・クロスメディアチーム(広報・WEB戦略)

プロフィットセンター 編成部
後藤若菜
法学部 法学科

世の中の出来事を伝える!

報道制作局 報道担当
大野健太郎
経済学部 経済経営学科

番組・CM・イベント協賛のセールス。

東京支社 営業部
酒井 陽平
国際文化学部 国際文化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる