リノベる株式会社
リノベル
2024

リノベる株式会社

住宅・一棟リノベーション、リノベDXプラットフォーム
業種
不動産
住宅/建設/文具・事務機器・インテリア/ソフトウェア
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

ミッション「日本の暮らしを、世界で一番、かしこく素敵に。」の実現に向けて、リノベーションプラットフォームを展開しています。
近年、日本では空き家の増加が社会問題となっており、リノベーションはその解決の手段として注目されています。
また建替新築に比べ、CO2排出量や廃棄物排出量を大幅に削減することができます。
リノベるは、リノベーションを日本のスタンダードにすることで、循環型社会の実現を目指します。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

日本の暮らしを、世界で一番、かしこく素敵に。循環型社会を実現

日本では、建物が古くなったら新しく建て直す「スクラップ・アンド・ビルド」が主流でした。結果、住まう人のいない空き家が増え続け、社会問題となっています。一方、欧米では多くの人たちが中古住宅を購入し、自分好みにリノベーションして自分好みの暮らしを満喫。中古物件の資産価値も大きく下落することなく、有益資産として活用されています。こうした状況を目の当たりにし、日本でも中古物件のあり方を見直すべきではと考え、リノベーションサービス「リノベる。」をスタートしました。ミッションは「日本の暮らしを、世界で一番、かしこく素敵に。」、リノベーションによって中古物件の活用を促進し、循環型社会の実現を目指しています。

事業優位性

「世界で最も革新的な企業」にランクイン!

日本企業初! 米ビジネス誌『Fast Company』が選出する「世界で最も革新的な企業」において「都市開発/不動産」部門の7位にランクイン!これからの時代に適した景観づくりや価値づくり、まちづくりをリードする企業が対象とされ、都市開発や不動産を通して人々にとってより良い暮らし・環境をつくることに貢献する企業として選出されました。つくるだけでなく利活用を推進すること、まさに創業以来私たちが推進してきた事業とそのアプローチの革新性を評価いただいています。これからもミッションの実現に向けて、また社会課題の解決を推し進めるべく、事業に邁進してまいります。

社風・風土

「明るいバカ」が最高のチームを創る

行動指針の一つに『言おう、動こう、「明るいバカ」で。』があるように、明るいバカ精神をとても大事にしています。「明るいバカ」とは、失敗を恐れずにチャレンジする「挑戦心」や、失敗してもすぐ立ち直れる「前向きさ」のことを指しています。「日本の暮らしを、世界で一番、かしこく素敵に。」の壮大なミッションを実現するうえで、たくさんの課題にぶつかっていきますし、新たなチャレンジをする機会がとてもあります。「1秒でも速く挑戦し、1秒でも速く小さな失敗を繰り返し、1秒でも速く大きな成功の灯を見つける」そのようなチャレンジのスピードにこだわれる方の挑戦をお待ちしております。

会社データ

事業内容 住宅向けのリノベーションプラットフォーム
CREリノベーションプラットフォーム/法人向け都市創造事業
リノべDXプラットフォーム
設立 2010年4月
資本金 5,000万円
従業員数 273名(2022年4月1日現在)
売上高 非公開
代表者 代表取締役 山下 智弘
事業所 東京本社/東京都港区南青山5-4‐35 たつむら青山ビル
大阪オフィス/大阪府大阪市西区靭本町1-13-9
名古屋オフィス/愛知県名古屋市東区東桜1-1-10

《ショールーム》
北は北海道、南は沖縄まで全国に48か所、設置しています。
所属団体 一般社団法人リノベーション協議会
一般社団法人熱意ある地方創生ベンチャー連合
一般社団法人LIVING TECH 協会
受賞実績 Morning Pitch 2013 Grand Finale 第3位(2013年)
EY Entrepreneur Of The Year 2014 Japan ファイナリスト(2014年)
経済産業省「先進的なリフォーム事業者表彰」選定(2015年)
新経済サミット2015「NES STARTUP COMPETITION」第2位(2015年)
2019 Red Herring Top 100 Asia(2019年)
Fast Company’s Most Innovative Companies 2021 Urban Development / Real Estate 部門 第7位(2021年)
グッドデザイン賞受賞(2021年度) 運動施設と飲食店のリノベーション複合施設 [SWEET AS]
主なメディア出演 ・ガイアの夜明け
・カンブリア宮殿
・TBSドラマ「リコカツ」とリノベるのリノベーションコラボ企画
会社HP https://renoveru.co.jp/
パズルブログ https://renoveru.co.jp/blog/
リノベる公式note https://note.renoveru.co.jp
若手の活躍 1人目:ライフスタイルコーディネーターに配属、新卒3年目で課長、6年目で部長(女性)
2人目:ライフスタイルコーディネーターに配属、新卒2年目で人事、3年目で新規事業担当
3人目:ライフスタイルデザイナーに配属、新卒4年目で、デザインテックのプロジェクトメンバー兼務
4人目:新卒1年目で都市創造部に配属、5年目に担当案件でリノベーションオブザイヤー無差別級部門最優秀賞を受賞
イベント 3か月に1回、全体会議と表彰式を行なっています。
全体会議では、ミッション実現に向けて、今後の方向性や取り組みを全社員で共有しています。
表彰式では、活躍した社員を全社員で称賛しています。時には涙を流す社員も出るくらい熱量の高いイベントになっています!
※表彰社員に報酬金あり
代表メッセージ 日本の不動産・建築業界は長らく、古い建物を壊して新築マンションを建てるスクラップ・アンド・ビルドが主流であり、消費者も新築志向が強いマーケットでした。
私がそうした住まいのあり方に疑問を感じたのは、大手ゼネコンで働いていた20代の頃。
「お客様の幸せに寄り添う仕事がしたい」と考え退職し、海外に住む友人を訪ねてしばらく旅をしました。
そこで知ったのが、欧米では約8割の人が中古住宅を購入し、自分好みにリノベーションをして暮らしを楽しんでいること。
海外の多くの国では中古マンションでも購入後の資産価値は大きく下落せず、有益な資産として活用されています。
一方、日本では約9割の人が高額なローンを組んで新築住宅を購入し、暮らしを楽しむゆとりを持ちにくい状況にあります。
また、マクロ環境を見ると、新築住宅は資産価値が落ちやすく、日本の累計住宅投資額から住宅資産額を差し引いた損失額は、500兆円以上に上るとも言われています。
その他にも「空き家率増加」「築古物件の増加」など住まいと建物の課題は日本の社会課題でもあります。
その解決のために、更には住まいと住まい方に対するサステナビリティの観点からも、今こそ、中古住宅の価値が見直されるべきではないか───
そう考え、私は日本では珍しかったリノベーションのビジネスを立ち上げるに至りました。
2010年の創業以来、リノベる株式会社はお客様それぞれのニーズに応えたリノベーションサービス
「リノベる。」を中心に事業を展開し、多くのお客様に「かしこく素敵な暮らし」を提供してまいりました。
「リノベーション」による循環型社会の実現。
これは不動産・建築業界全体が担うべき社会的な役割であると考えています。
そこで私たちは、多くのリノベーションを希望するユーザーと日本全国のパートナーネットワーク(不動産会社、設計事務所、工務店、金融機関を網羅)両方を持つプラットフォームをつくりあげ、テクノロジー活用を進めています。
このプラットフォームを通じて蓄積されたノウハウを活用し、「リノベる。」を軸としたBtoCの住宅リノベーション事業、企業が保有するアセット活用の有力なソリューションとしての一棟リノベーション、更には、今後の成長に向けてリノベーションプラットフォームのオープン化を進めており、これらを通じ、循環型社会の実現を加速させていきます
日本の暮らしを、世界で一番、かしこく素敵に。
このミッションのもと、「お客様」「住宅・不動産・建築産業」そして「社会」、それぞれが直面する課題に向き合い、その解決に真摯に取り組み続けることで、誰もが自分らしい暮らしを心から楽しむことのできる世界を目指します。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)