有限会社タカシマ技研
タカシマギケン
2024

有限会社タカシマ技研

金属製品・各種素材の研磨加工
業種
金属製品
本社
福井

私たちはこんな事業をしています

有限会社タカシマ技研は、福井市内に本社・工場を構え、鋳物(金属製品)や各種素材の研磨加工を行っています。設立以来、30年以上に及ぶ歴史の中で培った確かな技術と豊富な実績が、私たちの強み。美しく仕上げることが難しいとされている銅製の鋳物補修や、直径3ミリからの内部研磨など、職人技を駆使した加工を得意とし、研磨に関する幅広いニーズに応えています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

さまざまな素材と研磨理論に精通。創業者の知見を従業員に継承

代表の高嶋は大学でプラスチックなどの高分子化学を学び、卒業後は化学繊維メーカーに就職。その後、メガネ製造に用いる原料を扱う企業に転職し、当時の最先端素材だったチタンや、さまざまな素材の研磨技術について知見を深めました。併せて、樽状の容器に素材を入れて研磨する「バレル加工」設備の導入あっせんや技術指導にも従事。これらの経験を礎として、1991年にタカシマ技研を設立し、以降30年以上にわたり、金属製品や各種素材の研磨事業を営んでいます。そして、長年かけて代表が会得した研磨理論と技法は、従業員にも受け継がれています。新卒社員として入社されるみなさんも、技とノウハウを継承して活躍していただきたいと思います。

事業・商品の特徴

研磨に関することなら何でも相談!お客さまのニーズに応える

当社では研磨に関するあらゆるニーズに応えられる体制を整えています。ステンレスや銅合金、チタン合金など、さまざまな材質を扱い、人工骨やドアノブ、3Dプリンター成形品といった特殊形状の製品にも対応。素材や目的に合わせて、機械または手作業で研磨し、補修も行います。機械を用いた研磨方法では、高速回転するバフ(羽布)やベルトに加工物を押し当てて磨く「バフ研磨」や「ベルト研磨(写真)」、加工物と研磨石を混ぜ合わせたときの摩擦力を利用する「バレル研磨」を得意としています。機械を用いるのが難しい細かい部品は、職人技を駆使して、ていねいに磨き上げさらに、溶接やショットブラスト(吹き付け加工)なども提供しています。

技術力・開発力

寄せられる感謝の言葉を励みに、さらに技術に磨きをかける

当社の自慢は、高度な技術を駆使して日々仕事に向き合う従業員たちです。一人ひとりの真摯な取り組みが、お客さまとの信頼関係を築き、「研磨のことならタカシマ技研」という評価を得るまでに会社を成長させてくれました。当社では研磨を行う上で、「金属や各種素材の表面をいかにダメージを少なく、なめらかで美しく仕上げられるか」を大切にしています。各種メーカーのみならず、個人のお客さまとも取引を行い、製品ひとつからの依頼にも対応。経年によって変化した製品を新品同様によみがえらせ、多くの感謝の声をいただいています。その言葉が仕事のやりがいにつながり、「さらに喜んでいただきたい!」との想いで技術を磨き続けています。

会社データ

事業内容 ◆金属製品・各種素材製品の研磨・補修加工
◆金属製品の溶接
設立 1991年
資本金 300万円
従業員数 13名(2022年3月現在)
売上高 非公開
代表者 高嶋 達雄
事業所 本社・工場/ 福井県福井市西開発2-316
会社HP https://takashimagiken.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)