社会福祉法人横浜婦人クラブ愛児園ヨコハマフジンアイジエン

社会福祉法人横浜婦人クラブ愛児園

横浜ナーサリー/デュナミス/誠心学園
業種 教育関連
福祉・介護
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

横浜ナーサリー
古川瑞季(21歳)
【出身】松本短期大学  幼児保育学科 卒
【年収】437万円位
これが私の仕事 1歳児クラスの保育全般を担当しています
入社2年目で 1歳児クラスを担当しています。 主な仕事は、室内、園庭、屋上での設定保育、自由遊び、近くの公園へのお散歩、食事やおやつの提供など、保育業務全般です。 書類作成の仕事としては、お子さん一人ひとりの成長を記録する「個人記録」、クラスで行う月毎の保育内容をまとめた「月案」、保護者とのコミュニケーションを図る「連絡帳」などの記入があります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々感じる子どもたちの成長
この仕事を選んで一番うれしかったことは、子どもたちが日々成長してゆく様子を間近で見られることです。しかもその成長の過程に自分が保育者として直接関わっていること、その実感が仕事への「やりがい」となっています。子どもには、遊びでも、着替えでも、食事でも、「出来ない」が「出来る!」に変る瞬間があります。その子にとって、人生に一度しかないその「特別な瞬間」に立ち会えるのは、私にとって何よりも嬉しいことです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 保育園、児童養護施設、乳児院という選択肢の多さ
私は田舎というか自然に囲まれた環境で育ったため、社会人になったら都会で一人暮らしをしてみたいと思い、横浜にやって来ました。横浜には保育園がたくさんありますが、横浜婦人クラブ愛児園は、大きくて広い建物の中に保育園だけでなく、児童養護施設や乳児院もあり、互いに連携して保育・養育を行っていることを知りました。はじめ乳児院に興味を持っていた私は、説明会に参加して説明を聞くうちに、保育園も面白そうだなと思い、ここを選びました。今は同期の仲間2人と一緒に0歳児や1歳児の担当としてとても楽しく仕事を続けています。
 
これまでのキャリア 学生時代には、100円ショップのアルバイトや児童養護施設のボランティアをやっていました。

この仕事のポイント

職種系統 保育士
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私もそうでしたが、就職活動は初めてで分からない事ばかり。でも、それだからこそ、大切なのは自分の直観を信じる事! 説明会でしっかり話を聞いて、 迷わずに 「自分が“良い”と思った所」 へ行きましょう!! それが私からのアドバイスです。

社会福祉法人横浜婦人クラブ愛児園の先輩社員

産育休復帰後、0歳児クラスを担当しています

横浜ナーサリー
齋藤圭子
東京教育専門学校 幼稚園教諭・保育士養成科

乳児クラスを中心にクラスリーダーを担当しています

横浜ナーサリー
長島千恵
鶴見大学短期大学部 保育科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる