株式会社 中部機械技研
チュウブキカイギケン
2024
業種
機械
本社
愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

私たちは、工場などで使用される専用工作機械などの設計製作メーカーとして、お客さまの依頼に合わせた製品を作り続けている会社です。創業より培ってきた技術力やノウハウに加え、最新設備や技術をきちんと導入することで、時代にあった機械や部品を実現できています。今後も今までの歴史に驕ることなく、常に新しい技術や適応力を吸収した機械製品の製造に力を入れていきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

お客さまの事業を支える機械の製造

私たちの事業は、製造業の工場などで使用される専用工作機械の設計や製造、販売を行うこと。お客さまの依頼やニーズに合わせた機械を、私たちの手でより使いやすい形で実現することで、お客さまの事業に貢献してきました。また、私たちは「機能・品質・コスト共に満足する製品づくり」をモットーに掲げ、どの部分でもお客さまに満足していただける製品の設計や開発に力を入れています。さらに、自動組立機などのオリジナル機械の開発や製造なども手掛けており、たくさんの選択肢の中から選び出した最適な機械で、お客さまの事業をサポートします。

戦略・ビジョン

妥協のない製造へのこだわりで製品の品質を高める

事業で使用する専用機械だからこそ、お客さまに販売する機械の品質は、常に最高のものでなければいけません。そこで、私たちは営業、設計、製造の3つの部署の連携を密にする取り組みを行い、小さな伝達ミスも起こさない体制を整えています。また、製造部門では空調による徹底した温度管理を実施することで、パーツ製造や組立の誤差を最小限にし、機械の機能に影響が出ないようにしています。さらに、パーツや機械を細かく検査、測定することで、きちんと性能を発揮できるかチェック。自分の工程に妥協せず厳しく取り組むことで、お客さまに高品質な製品だけを販売しています。

事業優位性

最新技術を積極的に取り入れた世界に負けない技術力

私たちは、1960年の創業以来、機械の製造に携わっており、これまでにたくさんの製品の設計や製造、販売を行ってきました。ただ、技術の進化や変化とても早く、過去の技術だけに取り込んでいると、時代に乗り遅れた製品しか販売できません。そこで、私たちは最新技術や時代のニーズを積極的に取り入れ、世界に通用する技術力へと進化させてきました。これからも、進化を続ける最新技術を追い続け、私たちが培ってきた技術力やノウハウをより発揮できる環境を実現します。そして、私たちにしかない対応力や発想力を武器に、お客さま望む機械を作り続けます。

会社データ

事業内容 専用工作機械等の設計製作
設立 1960年1月
資本金 1,000万円
従業員数 40名(2022年2月時点)
売上高 15億4,000万円(2021年4月実績)
代表者 代表取締役社長 酒井 賢治
事業所 愛知県安城市箕輪町権現131
沿革 1960年1月 愛知県刈谷市原崎町に中部機械技研として専用機械設計事務所設立
1960年10月 愛知県刈谷市丸田町に工場建設、専用工作機械、治工具等の設計製作
1981年4月 株式会社中部機械技研に組織変更(資本金1,000万円)
1987年8月 愛知県安城市箕輪町権現(現在)に本社、拡張移転
ホームページ https://www.chubukikai-g.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)