東京精電株式会社
トウキョウセイデン
2024
業種
精密機器
重電・産業用電気機器/半導体・電子部品・その他
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは、電力変換に関する製品の開発、設計、製造、販売を行っている会社です。各種電子機器の心臓部である電源部分を自社開発し、さらに安全で環境にやさしい省エネルギー化・小型化を目指して社会に貢献しています。創業は1919年100年を超える歴史があり、長年培ってきたトランス・リアクトルの巻線技術と、さまざまな分野に適用される回路設計技術力が強み。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

主に新エネルギー分野での電力変換装置に注力した事業を展開!

当社は大正8年の創業より100余年を誇る、技術開発に特化した「モノづくり」の会社です。産業やインフラを支えるエネルギー分野を手掛けています。主な事業分野は、(1)バッテリ、モーター関連、半導体関連市場向け電源装置・試験器の開発、(2)ハイブリッド自動車、建機、電気自動車用電力変換装置の開発(3)電車、新幹線向け各種試験機器、(5)医療機器市場向け変圧器等、多岐にわたり、総合電源機器メーカーとして独自の技術力を誇ります。設計から製造・評価・試験まで社内で一貫対応しており、顧客ニーズへのカスタマイズも柔軟に対応しています。

社風・風土

新しいことに貪欲にチャレンジしてキャリアアップを目指そう!

自社製品にしても、お客さまと共同で開発する製品にしても、世の中にない、まったく新しい製品をつくり、販売する仕事です。また設計から完成まで一貫生産を行っているため、無事お客様に届けられ製品が動いた時の喜びはひとしおです。失敗を恐れる必要はありません。失敗を次のチャンスに生かすことができれば、その失敗は成長に必要な投資と考えることができます。また当社はオーナー会社ではないため、誰でも社長になれるチャンスがあります。「自分の考えでやるべきこと、やりたいことがやれる」という土壌は、当社の風土であり、誇りです。失敗を恐れず、新しいことに意欲的に挑戦し、自ら道を切り開いていける若い人材に期待しています。

仕事内容

電気系の基礎知識は、入社後の技術研修で習得できます!

営業職は、各種電源機器、試験機器のルート営業がメインです。お客さまの仕様に合わせた設計製作を得意としているため、製品や技術をひたすらPRするというよりも、対話を通じてお客さまのニーズを把握し、そのうえで最適な提案をする場面が多いです。そのため、話し上手よりも聞き上手なタイプの方が活躍できるでしょう。慣れてきたら新規にも開拓チャレンジしてください。技術職は(1)電気設計、(2)組込マイコンソフトウェア設計、(3)機構設計、(4)変成器設計、(5)図面CAD操作のいずれかを担当し、ハードからソフトまですべてに携わることができます。受注生産によるオーダーメイドですので、技術職として大きなやりがいがあります。

会社データ

事業内容 変圧器、計器用変成器、シャント、電源装置、試験機器、負荷装置、組込電源などの開発、製造、販売
設立 1941年4月(創業1919年)
資本金 7740万円
従業員数 72名(2021年9月時点)
売上高 7億円(2021年5月時点)
代表者 代表取締役社長 岩本 千章
事業所 【本社・東京営業所】
東京都杉並区宮前4丁目28番21号

【上田工場・長野営業所】
長野県上田市蒼久保1216

【名古屋営業所】
愛知県名古屋市北区黒川本通4-30 黒川旗ビル8階
沿革 1919年2月 個人企業として変成器モーターの製作開始
1941年4月 (株)精電製作所設立、新型変成器、測定機器の生産開始
1946年2月 東京都武蔵野吉祥寺に東京工場開設
1952年12月 東京都港区に販売会社、東京精電(株)設立
1956年5月 (株)精電製作所と東京精電(株)を合併し社名を東京精電(株)とする
1960年10月 大屋工場を上田市蒼久保へ移転新築し上田工場となる
1961年11月 本社を東京都港区麻布六本木に移転
1974年7月 本社を東京都杉並区宮前に移転新築
1979年2月 新製品定電圧電源CVFTの生産開始
1982年1月 小型トランスの5万個/月生産システムを確立
1982年12月 五カ年計画スタート
1984年7月 上田工場に電源機器生産ライン新設
1984年12月 小型トランスの10万個/月生産システムを確立
1985年12月 名古屋営業所を開設
1986年12月 第2次五カ年計画スタート
1987年8月 各種板金加工用工作機械を導入
1988年12月 スイッチング電源生産開始
1989年2月 電源機器工場新設
1996年11月 TUV認証工場となる
1996年12月 NKスーパーEコアを使ったスーパーBインダクター開発(特許取得済)
1999年4月 AS/400をベースとした基幹業務システムを導入(2000年対応)
1999年10月 高効率スーパーRインダクター開発(特許出願済)
2000年1月 高効率スーパーSRインダクター開発(特許出願済)
2000年1月 耐電圧試験器TWVシリーズ開発
2000年4月 スーパーBインダクターを搭載した、マイクロガスタービン発電用インバータ開発
2000年5月 スーパーRインダクターを搭載した燃料電池発電用インバータ開発
2003年1月 スーパーSRインダクターを搭載した、燃料電池自動車の公道走行試験開始
2003年11月 交流安定化電源CVFT-Dシリーズの発売
2004年3月 KES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ1認証取得
2005年9月 電安法対象製品(照明機器用電源)の製造・販売
2006年4月 電気用品安全法の自主検査用耐電圧試験器「TWV-100」発売
2007年3月 省エネタイプの水冷負荷装置販売
2007年8月 平成19年度地域新生コンソーシアム研究開発事業(国プロ)の選択を受けて「新規絶縁材を用いた大電流インダクタ」開発
2008年4月 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の家庭用燃料電池パワコン技術開発プロジェクトにおいて、燃料電池システムメーカーから2次委託を受け開発
2008年5月 ISO9001:2000の認証を取得
2010年3月 NEDOの家庭用燃料電池パワコン技術開発プロジェクトが完了し、新システムでの系統連系インバータ受注
2010年11月 短納期対応可能な高周波大電流リアクトルTSL2シリーズの販売開始
2012年7月 リチウムイオン電池の短絡試験用負荷装置販売
2013年1月 芝浦工業大学と現代制御理論搭載のスターリングエンジン用コンバータ共同開発
2013年7月 平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業に採択され、「電力モニター装置の組込ソフトウェア開発、及び制御システムの試作研究開発」を実施。2014年5月に完了
2014年 8月 平成25年度補正ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業に採択され「高性能高機能 交流安定化電源装置の試作開発」を実施。2015年6月に完了
2017年2月 ISO9001:2015に更新
2017年4月 平成29年度「京都地域研究成果展開事業」(スーパークラスタープログラム)クリーン・低環境負荷社会を実現する高効率エネルギー利用システム構築》に参画し信州大学工学部と「磁性メッキコイルデバイスの開発」の共同研究を実施
2017年7月 長野県工業技術総合センターと次世代産業創「自社製品製造工程への環境配慮設計技術の導入に関する研究」を実施
2017年11月 負荷装置の新シリーズ(RR/RLCシリーズ)の販売開始
2018年3月 500kVAトランスの開発
2018年5月 リーケージトランスの開発 110kV高圧VTの開発
2018年6月 分流器(シャント)の0.1%対応の試験校正設備導入
2018年12月 アルミ電線トランスの開発
2020年2月 2019年度長野県経営品質賞 アルプス賞を受賞
ホームページ http://www.tokyo-seiden.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)