高砂工業株式会社タカサゴコウギョウ

高砂工業株式会社

熱処理炉(金属熱処理・紛体熱処理等)の設備メーカー
業種 機械
プラント・エンジニアリング/設備・設備工事関連/ガラス・セラミックス/建設
本社 岐阜
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

工業炉事業部 技術部3課
福島 柚佳(26歳)
【出身】金沢大学  大学院  自然科学研究科 自然システム学専攻(地球環境学コース) 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 全国を舞台に熱処理炉の設計・開発に携わっています。
私は設計担当として「ロータリーキルン」と呼ばれる熱処理炉の設計に携わっています。ローターリーキルンを必要とするお客様は、原料メーカー様が多く、依頼があれば全国の原料メーカー様のもとへ、営業担当者と一緒に提案を行います。設計者がやり取りするのは原料メーカーの製品開発担当者が中心。「こういう環境、こういう条件で、こんな製品をつくりたい」というお客様のご要望に応じて、ローターリーキルンを設計していきます。また設計図面を描くだけでなく、試作から試運転までを担当できるので、設計者として大きなやりがいを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
学校で学んだ知識を活かして、お客様に喜んでいただける!
大学院では結晶構造の研究をしていたので「材料系」の知識を活かして働きたいと思っていました。いまの仕事では大学院で学んだ知識が活かせる部分も多くあり、自分の得意な分野でお客様に感謝されることが、仕事のモチベーションになっています。またロータリーキルンの設計は材料系だけの知識ではなく、材料力学、構造力学、電気など、幅広い知識が求められます。大学院で研究に携わっていた私にとって、専門分野を突き詰めていくのは、まさに自分の得意分野。好きなことを仕事に出来ているので、毎日の仕事に楽しさを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 20社以上の中から選んだ決め手は「働きやすい社風」です。
就職活動では20社以上の企業を訪問し、仕事内容だけでなく社風や福利厚生・待遇などを、じっくりと比較検討しました。その中で高砂工業は若手とベテランの距離も近く、とにかく居心地の良さそうな雰囲気が魅力的でした。会社見学に来てビックリしたのは、事務所がワンフロアで社長や役員との距離が近いこと。大きな会社だと社長と話したこともない社員が多いと聞きますが、当社の社員は毎日のように社長とコミュニケーションをしています。また就職活動時から人事や先輩社員など、リクルーターの皆さんとの接点が多く、入社後も孤独を感じることが少なかったです。働きやすい社風も私がおススメしたい魅力の一つです。
 
これまでのキャリア 入社以来ずっと工業炉事業部 技術部3課です。

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は20社以上の会社見学をしたから分かるのですが、まずは業種や会社の規模にとらわれず、説明会や工場見学への積極的な参加をお勧めします。会社の雰囲気や仕事を、自分の目で見て、肌で感じることで、その会社の隠れた魅力を知ることもあります。ちなみに高砂工業の働きやすい職場の雰囲気は、見学に来たからこそ分かった魅力です。

高砂工業株式会社の先輩社員

生産管理として工場運営や技術者を支える仕事です。

生産管理部 製造戦略課
木本 すみれ
南山大学 経済学部

3次元CADを用いて真空炉の設計・作図をしています。

真空炉事業部 技術部1課
堀 智昭
信州大学 繊維学部 材料化学工学課程

従来の熱処理業界に無いものを設計し、世に送り出す

真空炉事業部 技術部1課
加賀 真城
東京大学大学院 工学系研究科マテリアル工学専攻

長期的な目線を持って営業活動をします。

営業本部
大野 奈津子
南山大学 総合政策学部総合政策学科

どんな物にも熱処理あり!

営業本部
伊藤 雅人
南山大学 総合政策学部 総合政策学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる