バンドー化学株式会社
バンドーカガク
2024

バンドー化学株式会社

自動車部品/ ゴム製品/ ナノ粒子製品/ ロボット関連デバイス
  • 株式公開
業種
タイヤ・ゴム製品
自動車/コンピュータ・通信機器・OA機器/機械/化学
本社
兵庫
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

■ゴム・樹脂・ウレタンの加工技術を基に発展
ゴム・樹脂・ウレタンの配合と複合技術を持つ会社です。ゴム・樹脂・ウレタン等の素材を他の部材と配合、分散、加工して高機能を発揮する製品にして納める、成型加工メーカーです。
■新事業に挑戦
医療機器、電子資材、交通、ロボット等を重点市場としています。特に医療分野進出への拍車をかけるため、2019年4月には整形外科向け医療機器メーカーを傘下に入れました。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

こんなところに、バンドー

~バンドーの製品は、日常生活のあらゆるところで活躍中!~                   ■力を伝えるベルト:例 自動車、自動ドア、防犯カメラ、農業機械、送風機等。 ■物を運ぶベルト:例 物流センター、工場の製造ライン、駅の改札機等。 ■ベルトの他に、装飾フイルムや床材、コピー機の部品、医療分野等。。。 どのように製品が使われているのか、チェックしてみてください→https://www.bandogrp.com/such/index.html

施設・職場環境

全員参加で働き方改革!

働き方改革部を先頭に、働く環境と制度の整備と人材の育成と意識改革を通じて、自律的で創造的な働き方を推進しています。取り組み例の1つとして、従業員による工夫、考案、着想、意見を提出する、「業務改善提案書」があります。ベテラン、新人関係なく、既成概念にとらわれず業務の改善を推進し、全員参加で働き方改革を進めています。

魅力的な人材

多様性重視。既存の常識、慣習にとらわれず、仕事に取り組める人

バンドー化学は長い歴史のなかで、常に新しい事業に挑戦し続け、発展してきました。その挑戦する心は今も受け継がれており、会社のビジョンや考え方の根幹をなしています。100年に一度といわれる自動車産業の変革期にある今こそ、当社は大いなる飛躍のチャンスととらえ、新規事業の創出を目指しています。そんな当社で働くには、積極的に周りとコミュニケーションをとりながらチームでものづくりを進める力、新しい環境に適応していこうとする柔軟な姿勢が求められます。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】 ◆Web説明会、Web面接にて対応します!◆

・3月上旬よりWeb上での会社説明会を実施します
 ※Web会社説明会予約受付中 

・面接は、Web面接で行います。(最終面接は原則対面にて開催予定ですが、状況を鑑みての判断となります)



事業内容 1906年に神戸で創業以来、ゴム・プラスチック製品メーカーのパイオニアとして、お客様のニーズに応えるべく、新技術や新製品の開発を行ってきました。事業部別ごとに製品の一部をご紹介します。

■自動車部品事業部
~補機駆動用ベルト~
エアコン、コンプレッサ、ウォーターポンプ……といった自動車のさまざまな「補機類」に活用されています。すべて の日系自動車メーカーをはじめ、世界中のカーメーカーと取り引きをしています。
~変速ベルト~
50CCから大型スクーター用までフルラインを扱っています。また、バンドー化学では変速システムを開発し、システムごとベルトと一緒に売っているのが特徴です。

■産業資材事業部
~運搬(コンベヤ)ベルト~
ある時はタフに、またある時は繊細にと、取り扱う品目によって運び方も異なる、運搬の現場で鍛えられた技術がバンドー化学の自慢です。効率と環境に軸足をおいた柔軟な技術開発に取り組んでいます。
~工業用品~
国内外の主要規格に適合した高い難燃性を有する「鉄道車両用床材」、ゴムとナイロンの接着技術により高い気密性を実現し、河川を堰きとめる止めることがでとができる「河川堰用エアーバッグ」、農業分野で活躍する「もみすりロール」など、見えないところでバンドー化学の技術が頑張っています。

■高機能エラストマー事業部
~精密機能部品~
コピー機で使用される「クリーニングブレード」、「現像ローラ」などトップクラスのシェアを有する製品をはじめ、蓄積してきた接触帯電制御技術を応用してマイクロダストを除去する新方式のクリーニングシステムの開発等、ゴム・ポリウレタン・エンジニアリングプラスチックなどの素がもつ特長を最大限に引き出す技術で時代のニーズに応えています。
~機能フイルム~
バンドー化学の機能フイルムは飾るをテーマに「住宅資材化粧版フィルム」など、多彩な製品を開発・販売。また、「印刷用」や「医療用」などの各種基材フィルムをさまざまな分野に提供しています。

■新事業
創業以来培ってきたバンドー化学ならではの高いゴム・プラスチックの加工技術。この技術に「ナノ粒子創製技術」、「機能化コーティング技術」を複合し、いま急成長を遂げている光産業、電子産業分野に向けた製品の開発を行っています。その結果、ナノ単位で表面制御ができる「精密研磨材」、低温焼成で微細配線描画が可能でプリンテッドエレクトロニクスに最適な「金属ナノ粒子インク」などの開発に成功。未知なる分野にも果敢に挑戦を続け、技術力と開発力で新たな期待に応えています。また、医療機器事業にも挑戦をしており、「C-STRECH」というゴムの伸縮を電気信号に置き換え計測する技術を応用し、近年では嚥下能力を測る製品「B4S」等の製品を開発しています。2019年4月には、さらに進出への拍車をかけるために、整形外科向け医療機器メーカー (株)Aimedic MMT を傘下に入れました。



創業・設立 1906年(明治39年)4月14日(創業)
1937年(昭和12年)1月7日(設立)
資本金 109億5100万円(東証1部上場)
(2021年3月31日現在)
従業員数 4,105名(連結)
1,294名(単体)
(2021年3月31日現在)
売上高 813億7,100万円(連結)
410億9,300万円(単体)
(2021年3月期)
代表者 代表取締役社長 吉井 満隆
事業所・関係会社 事業所
 ■本社(兵庫県神戸市中央区)
 ■支店/東京支店(東京都中央区)
 ■オフィス/名古屋オフィス(愛知県名古屋市)、大阪オフィス(大阪市)
 ■工場/南海工場(大阪府泉南市)、加古川工場(兵庫県加古川市)、
   足利工場(栃木県足利市)、和歌山工場(和歌山県紀の川市)
 ■研究所/基盤技術研究所(兵庫県神戸市中央区)、伝動技術研究所(和歌山県紀の川市)

関係会社
 ■国内 12社
 ■海外 15ヵ国20拠点 
 (2021年3月31日現在)
110年を超える当社の歴史 ○バンドー化学は2016年に創業110周年を迎えました○

1906年4月(明治39年)合資会社として神戸の地に創業。日本最初の伝動ベルト(木綿製)として、故阪東直三郎氏の発明による特許、阪東式木綿調帯を生産開始。
その後、1913年(大正2年)にゴムベルト、1921年(大正10年)にコンベヤベルトの製造を開始。1931年(昭和6年)に阪東調帯護謨合資会社に商号変更し、籾摺ロールの製造を開始。1932年(昭和7年)にはわが国最初のVベルトの製造を開始。

その後も、積極的な海外展開と幅広い製品開発・事業でゴム・プラスチック製品メーカーのパイオニアとして成長を続け、2016年4月ついに創業110周年を迎えることができました。
私たちの目標 みんなの努力でバンドーグループをこんな会社に育てよう
みんなが物心ともに明るく豊かになる会社

お金を稼ぎ豊かになることはもちろん、バンドーで働く人自身の心も豊かになる(=人として成長していく)ことを目標にしています。
Introduction of BANDO ■Our Business
Power Transmission Belts
~With power transmission sysytem technology and expertise accumulated over the years, Bando products are now being successfully utilized in a wide range of applications in the automotive, industrial, agricultural, home appliance and IT device industries.~

Conveyor Belts
~Bando produced Japan's first conveyor belt in 1921.  Since then Bando conveyor belts and systems have been used around the world to transport materials such as soil, ironore and cement, contributing to natural resource development and the advancement of industry.~

Industrial Products
~Bando's Hybrid Industrial Products are made of rubber, or rubber compounded with other materials, such as metal or plastic and are functional components in the industrial segment of our business.~

Multimedia Parts
~Many Bando products are integral components of home and office automation equipment. We apply our accumulated technology to create products in new field.~

Resin Films and Sheets
~In the field of decoration Bando offers products such as Residentaial Decorative Film, Billboard Ink Jet Media and Heat adhesion cloth Marketing Sheet. We also supply backing material films for various applications, such as in the print and medical use fields.~


■Founded
 Founded: April 14, 1906
■Capital
 Capital: \10,951 mil. as of March 31, 2021
■Employees
 Consolidated: 4,105 as of March 31 2021
■Sales
 Consolidated: \81,371mil. FYE March 2021 
■President
 President and RepresentativeDirector: Mitsutaka Yoshii
■Adress
 Head Office
  6-6, Minatojima Minamimachi 4-chome, Chuo-ku, Kobe, 650-0047, Japan

■Domestic Offices and Manufacturing
 Head Office : Chuo-ku, Kobe, Japan
 Tokyo Branch Office : Chuo-ku, Tokyo, Japan
 Nagoya Office : Nakamura-ku, Nagoya, Japan
 Osaka Office : Osaka-city, Japan
 Nankai Plant  : Sennan, Osaka, Japan 
 Wakayama Plant : Kinokawa, Wakayama, Japan
 Kakogawa Plant : Kakogawa, Hyogo, Japan
 Ashikaga Plant : Ashikaga, Tochigi, Japan
 New Business Promotion Center : Chuo-ku, Kobe, Japan
 Research Laboratories for Core Technologies : Chuo-ku, Kobe, Japan
 Power Transmission Technical Research Center : Kinokawa, Wakayama, Japan

■Group companies
 In Japan: 12 Companies
 Global : 20 Companies  

~2016 anniversary year !! 110th!!~
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)