福岡運輸株式会社フクオカウンユ
業種 陸運(貨物)
鉄道/倉庫
本社 福岡

先輩社員にインタビュー

加藤 泰行(23歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 全国各地へ滞りなくモノを運ぶ段取りをする「配車係」
九州から、北海道・関東・関西・四国への配車業務を担当しています。
車両の手配から、各地に運ぶ荷物量から逆算し、各車両へ積載する荷物の割り振りまで一貫して行っています。入社1年目ですが、先輩に助けて貰いながら一通りの業務を任せてもらえるのは素直に嬉しいです。
学生時代の「先輩」は1~2歳上の方々でしたが、社会に出た途端に10歳、40歳、50歳差の「先輩」とも一緒に仕事をさせてもらうことになります。
また、ドライバーやリフトマンなど、違う職務に就いている方々の協力あってこそ成り立つ仕事ですので、普段の交流を通しお互いの理解を深める事や、日々の「伝え方」も大切な要素です。
学生の頃はラインや電話で簡単に済ませていたようなやりとりも、直接足を運んで話すことを心がけるなどして、大先輩からも色々と学んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
頼れる先輩方がいつも親身になって接してくれる安心感
私が仕事でミスを起こした時のお話しです。
別の支店に荷物を配送する際、通常であれば伝票が先に支店に到着した上で、その荷物を載せた車両が到着するべきところ、その順番が逆になり「この荷物は何だろう?」と現場を混乱させてしまったんです。
ミスが発覚し、急ぎ先輩に相談したところ、先輩の第一声は「平気。大丈夫だよ。」でした。
結局、作業を引き受けて処理をしてくださり、同じミスを繰り返さないためのアドバイスも頂き、とても心強かったです。
このように仕事で失敗することもありますが、先輩がフォローや相談に乗って下さったり、ドライバーさんが声を掛けて下さったり…。
自分が思い描いていた「社会」は、人の繋がりが希薄で、自分で何とかしなければいけないものでしたが、いい意味でギャップを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 別の業界で内定を数社頂くも…自身の気持ちに向き合い、秋に就活リセット
大学時代はスポーツクラブでアルバイトにはまっていて、パーソナルトレー二ングの独自資格を取得する程でした。なので自然と、パーソナルトレーナーを仕事にしようと就活し、数社から内定を頂きました。
ただ、自分自身が体を鍛えるにはストイックさを求めるのですが、お客様にはその気持ちを押し付けられない仕事。自身のスポーツに対する情熱と顧客サービスとの間で板挟みになってしまうと感じ、改めて就職先を探し直しています。
私は生まれも育ちも北海道なのですが、北海道から出ることは決めていて。大学の頃に旅行で来た九州で職を探すことに。
様々な求人を見る中で当社に出会い、配車業務でリフトマンに指示を出すなどの仕事は、小学校~大学まで野球部でキャプテンを務めてきた経験が活かせるかもしれないと選びました。
 
これまでのキャリア 入社後の座学研修を経て、配車係・倉庫係・コールセンターのシステムも含めた業務の研修を受ける。その後、正式に配車係配属となり、OJTを経て入社3ヶ月後には先輩のチェック体制のもと独り立ちをしている。

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

目先の内定よりも、働いて3年後・5年後‥など、長期的なスパンで考えるほうが大事だと思います。
社会に出ると、会社にいる時間は非常に長いです。入社して後悔すると、とても苦しいですよね。
私自身、就職活動の時期はとにかく情報を集めていました。
ざっくりした情報だけではなく、実際にその業界や近しい業種で働いている先輩社員などに話を聞いたことが役に立ったと感じています。

福岡運輸株式会社の先輩社員

配送業務部門でのプレイヤー経験を元に、マネジメント業務を遂行

岡村 翔吾

配車業務と後輩の育成指導を承っています

元木 大介

配車手配の責任者をやっています。

長谷部 優樹
福岡美容専門学院

「モノ」が適切な日時・場所に届くよう、バックヤードを支える事務業務

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる