十勝清水町農業協同組合
トカチシミズチョウノウギョウ
2024
業種
団体・連合会
本社
北海道
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

私たちは、いわゆる「JA」です。「最高のぜいたく、育てています。」をコンセプトに「十勝若牛」や「十勝黒にんにく」、有機肥料「しみず有機」で育った「とれたんと」等、農産物のブランド化を推進しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

日本屈指の食料基地で農業を支える

私たちは、JAグループの一員として地域の農業を支えています。JAは全国各地に存在しますが、その中でも私たちが活動する北海道十勝は、全国屈指の食料基地であり、肥よくで広大な土地は日本の農業の最前線ともいえる場所です。私たちの拠点でもある清水町は、十勝地方の中でも西部に位置する町であり、日高山脈から湧き出る水は地元の農業を支えてくれています。町全体で、酪農や畜産に取り組む畜種農家と畑作や野菜作に取り組む耕種農家のバランスがいいこともあって、さまざまな農業生産が行われている点は大きな特徴です。また、バランスが取れていることで、効率的な耕畜連携が可能となり、地域内における資源の循環にもつながっています。

戦略・ビジョン

持続可能な農業の実現と広報活動の充実

自然環境に恵まれた十勝は農業に適した土地といえますが、いくら優れていても、多くの人々に十勝の素晴らしい商品を知ってもらわなければ意味がありません。そのため、私たちは広報活動やイベント、観光振興にも力を入れています。また、今後も長年にわたって農業活動に取り組んでいくためには環境への配慮も忘れずに、持続可能な農業の実現が必要不可欠です。これまでの化学肥料や化学農薬を頼った農業から脱却するために、私たちは、バイオマスを活用した堆肥を使って土作りにも取り組んでいます。これからも環境への配慮を忘れず、多くの方々に十勝清水町の美味しい農産物を楽しんでもらえるよう尽力してまいります。

会社データ

事業内容 一般事務業務・営農指導・相談業務・購買業務・金融業務・共済業務など
設立 1948年
資本金 16億2400万円
従業員数 172名(2021年11月時点)※パート除く
売上高 315億円(2021年3月時点)
代表者 代表理事組合長 氷見 隆雄
事業所 本所:北海道上川郡清水町南2条1丁目8番地
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)