公益財団法人鉄道総合技術研究所テツドウソウゴウギジュツケンキュウショ

公益財団法人鉄道総合技術研究所

研究開発(機械・土木・電気・情報・材料・人間科学)/コンサル
業種 鉄道
シンクタンク/機械/建設/総合電機(電気・電子機器)
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価210件~220件
  • 総合評価
  • 4.74 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 事業内容の理解 4.68

先輩社員にインタビュー

電力技術研究部 き電研究室
吉井剣
【出身】理工学研究科 電気電子工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 鉄道の電力供給に関する研究
電車の動力はもちろん駅などの照明や設備、信号、はたまた線路の融雪用ヒータの電源…と鉄道と電力の関係はありとあらゆるところに及んでいます。皆さんが普段電気を使うときがそうであるように、特に意識をしなくても必要なところに必要な電気は当たり前のように供給されています。その裏にある決して一筋縄ではいかない本当に様々な困難や問題を日々解決していくのが私たちの仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が開業試験に携わった新路線が開業したとき
新路線が開業したり延伸したりするとき、ニュース等で真新しい線路の建設の様子やかっこいい新車両のテスト走行の様子を目にすると思います。それらと比較するとなかなか日の目を見ることはありませんが、変電所などの電力供給システムも着実に進化する新技術を携え、様々な試験をクリヤして開業を迎えます。余裕のないスケジュールやコストの中、私たちも鉄道会社やメーカなどのたくさんの人たちと協力しながら試験を行います。それは決して容易なことではありませんが、試験を終えて無事に開業した路線をニュースでみたり自分で利用したりしたときの達成感は格別です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 現場直結の課題解決から将来を見据えた研究まで様々な仕事ができること
大学のようにじっくりと腰を据えて研究を進めることもそれはそれで魅力的で価値のある物だと思います。しかし、一方で今実際にそこにある技術的課題やその現場の「空気」のようなものはどうしても感じにくくなってしまう気がしていました。鉄道総研は大学よりももっと鉄道事業者つまりは現場に近く、それでいて日々の運営という重要な問題に立ち向かわなくてはいけない鉄道事業者にはなかなか手を伸ばすことができないもっと大局的でスパンの長い研究もカバーすることが可能なところだと思います。
 
これまでのキャリア 電力技術研究部き電研究室研究員(現職・5年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

たとえば鉄道を例にとってみても、運転士や駅員になって運営に携わりたいのか、車両を作りたいのか、都市のインフラとして整備計画を立てていきたいのか…業種も求められるスキルもできる仕事も全く違ってきます。好きな物に関わることができる仕事はもちろん魅力的ですが、それに対してどうやって関わっていきたいかまでもイメージして就活するといざ働いてからのギャップは小さくなるかもしれません。

公益財団法人鉄道総合技術研究所の先輩社員

鉄道車両の車内騒音低減に関する研究開発。

車両構造技術研究部 車両振動研究室
朝比奈峰之
総合理工学研究科 創造エネルギー専攻

鉄道車両の省エネ技術の開発・評価

車両制御技術研究部 水素・エネルギー研究室
小川知行
理工学研究科 電気・情報生命専攻

鉄道構造物を大地震から守る仕事

鉄道地震工学研究センター 地震動力学研究室
坂井公俊
総合理工学研究科 人間環境システム専攻

鉄道のレールに関する研究

軌道技術研究部 軌道構造研究室
細田充
工学研究科 環境循環システム専攻

車両が安全・快適に走るための、縁の下の力持ち

軌道技術研究部 軌道管理研究室
清水惇
システム情報工学研究科 構造エネルギー工学専攻

自然災害から鉄道の安全・安定輸送を守る技術開発

防災技術研究部 地盤防災研究室
渡邉諭
工学府建設システム工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる