福岡槌屋デカル株式会社
フクオカツチヤデカル
2024
業種
自動車
印刷関連
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

私たちは、塗料、合成樹脂材料やその製品、テープ類、接着剤、充填剤を扱う株式会社槌屋を親会社とする槌屋グループの一員です。主に自動車に貼ってあるラベルやストライプテープの生産を行っています。当社を含め、槌屋グループのメインの取引先は自動車メーカー。高品質な製品の提供と適性なコスト、納期の正確さが高く評価され、継続して多くの印刷製品をご依頼いただいています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

自動車ラベルやラッピングなど デザイン開発から製品化まで対応

自動車のラベルやシール、バスのラッピングに使われているシールなど、大小さまざまなサイズや形状の印刷物を生産しているのが、福岡槌屋デカルです。当社のお客さまは自動車メーカーが中心で、九州エリアの自動車製品工場などに製品を納品。その他にも、農機や建機、航空産業、住宅、家電メーカー、工作機械メーカーなど多岐にわたる業界で当社の製品は使われています。デザイン開発から製品化まで一元管理できるのが当社の強みです。人々の注目を集める魅力的なデザインを考案し、業界ごとの多種多様なニーズに対応。また、限定品やイベント向けの少量生産にも応じられる柔軟な生産体制や確かな品質がお客さまから信頼を獲得しています。

戦略・ビジョン

世界各地に拠点あり グローバルな視野で事業をさらに展開

当社をはじめ、槌屋グループでは化学製品を扱っています。商社機能だけでなく、生産部門や技術開発部門を持っているのが槌屋グループの特徴で、なかでも化学製品への印刷、コーティングを担当しているのが当社。グループ各社で自動車や家電製品などのさまざまな樹脂製の部品を製造、販売し、国内だけでなく、海外にも販路を広げています。グループでは、国内25の営業拠点、8つの生産拠点のほか、北米に3カ所、中国に7カ所、東南アジアに6カ所、欧州に1カ所の拠点があり、お客さまのニーズに対応。これまでに培ってきた技術や強みを生かし、さらに多くのお客さまに満足いただけるよう、世界的な視野をもってビジネスを展開していく予定です。

企業理念

「あったらいいな」の実現を追求し、創造 挑戦

当社および槌屋グループは、「創造と挑戦」を理念に掲げ、「創意」と「工夫」と「努力」を続けること、「人と地球に優しい」製品とサービスを提案することを追求してきました。世の中の変化や製品の進化はさらに速度を増し、次から次へと新しい製品が生まれています。私たちは、もっと快適に、もっと便利にしたいという希望や理想の暮らしを描き、創造し、「こんな製品があったらいいな」「こんなことができたらいいな」の実現に向け、新しいことに挑戦。そのモノづくりへの挑戦は、どこまでも続きます。そのようにして、お客さまや社会に貢献していくのが、私たちのスタイルです。

会社データ

事業内容 自動車、電機、その他部品の印刷および加工
設立 1993年10月
資本金 4500万円(国内グループ:8億1200万円)
従業員数 70人(2022年3月時点)
売上高 単体 非公開、グループ合計1065億円(2021年度)
代表者 代表取締役 大原廣昭
事業所 福岡県遠賀郡岡垣町糠塚63-1
沿革 1993年10月 福岡槌屋デカル株式会社 設立
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)