米屋株式会社
ヨネヤ
2024

米屋株式会社

和洋菓子の製造・販売/なごみの米屋/ぴーなっつ最中
業種
食品
その他専門店・小売
本社
千葉
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

明治時代に創業して以来、120年以上にわたって和菓子や和洋菓子の製造を行っています。直営店の「なごみの米屋」は千葉県北西部を中心に、總本店と路面店舗13店、インストア店舗13店を展開するまでに成長しました。コンビニエンスストア向けの商品の開発やカフェ事業も手掛けるなど、事業発展を続けています。各種羊羹をはじめ、「ぴーなっつ最中」や「なごみるく」など様々なお菓子が幅広い年齢層のお客様に親しまれています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「ぴーなっつ最中」など、千葉土産としても人気の商品も。

今では看板商品となった「ぴーなっつ最中」は、千葉県の名産品の落花生の形をした最中で、パッケージも落下生を模した形状で目を惹くデザインです。餡のピーナッツの風味や口当たりや、皮のピーナッツらしい色合いにこだわり、何度も試行錯誤を重ね、1998年に発売しました。発売から20年以上が経過し、数々の賞を受賞するなど、千葉県を代表する土産の一つとなっています。また、最近では2019年に発売した創業120周年記念菓の「なごみるく」は、千葉県産の牛乳を使用したミルク餡をバター入りの生地で包んだお菓子。「千葉の梨ゼリー」とともに、2020年・2021年の2年連続でモンドセレクションの金賞を受賞しています。

事業優位性

伝統を大切にしながら、時代に合った心和むお菓子を。

「心が和み、安らぎを感じるおいしい味を提供したい」という想いを持って、当社は一世紀以上にわたってお菓子づくりを手掛けてきました。伝統を大切にしながらも、時代のニーズに合わせたお菓子を提案していくことを目指し、「ようかんの米屋」から「なごみの米屋」へと転換しています。昭和の時代には特に栗羊羹が国内外で評価され、今でも根強い人気があります。一方で、しっとりとした栗饅頭の「栗籠」のほか、和洋菓子の「なごみるく」や「成田の芋すいーとぽてと」、「ぴーなっつパイ」といった商品も展開してきました。当社では、今後も幅広い世代に愛されるお菓子づくりを進めていきます。

戦略・ビジョン

SDGs宣言による、未来のための積極的な取り組み。

「人が喜ぶ姿こそ、自らの喜びである」というSDGs宣言を行い、SDGs活動に取り組んでいます。一例を挙げていくと、活性汚泥法による排水処理システムの導入により、主に餡の製造工程の排水を処理水と肥料となる汚泥に分解。これは「ゴール12:つくる責任 つかう責任」と「ゴール14:海の豊かさを守ろう」につながる取り組みです。また、第二工場へのガスコージェネレーションシステムの導入は、CO2排出量の削減や省エネ効果により、環境にやさしい工場を目指すもの。「ゴール7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに」や「ゴール12」の達成に貢献します。このほかにもフードロスの削減や食育、生涯学習の場の提供などに取り組んでいます。

会社データ

事業内容 ■和菓子・和洋菓子などの製造・販売
■流通事業(スーパーマーケット・GMS・コンビニエンスストアなどへの卸売)
■カフェ事業
■貸ビル、貸店
設立 1945年12月(創業:1899年4月)
資本金 1億円
従業員数 社員342名(男性197,女性145)
契約社員、パート等246名 

 2022年4月現在
売上高 65億1100万円(2021年度実績)
代表者 代表取締役社長 諸岡良和
事業所 本社/千葉県成田市上町500番地
なごみの米屋 總本店・お菓子工房/千葉県成田市上町500番地
第二工場/千葉県成田市野毛平工業団地内


【なごみの米屋 路面店舗】
門前店/千葉県成田市東町622-6
飯田町店/千葉県成田市飯田町2-61
勝田台店/千葉県八千代市勝田台1-44-3
八千代緑が丘店/千葉県八千代市大和田新田988-5
若松町店/千葉県千葉市若葉区若松町2123-2
おゆみ野店/千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-16-1
富里店/千葉県富里市七栄439-13
うすい店/千葉県佐倉市王子台6-3-12
しいの木台店/千葉県柏市しいの木台3-24-5
桜台店/千葉県白井市桜台1-1-2(アクロスプラザ千葉ニュータウン内)
柏大山台店/千葉県柏市十余二276-116
柏光ヶ丘店/千葉県柏市光ヶ丘2-23-7
JR成田駅前店/千葉県成田市花崎町828-11 スカイタウン成田1階

【なごみの米屋 インストア店舗】
ボンベルタ店/千葉県成田市赤坂2-1-10
そごう千葉店/千葉県千葉市中央区新町1000
イトーヨーカ堂幕張店/千葉県千葉市花見川区幕張町4-417-25
イオン臼井店/千葉県佐倉市王子台1-23
ユアエルム八千代台店/千葉県八千代市八千代台東1-1-10
イオンスタイル成田店/千葉県成田市ウイング土屋24
イトーヨーカドー我孫子店/千葉県我孫子市我孫子4-11-1
イトーヨーカ堂四街道店/千葉県四街道市中央5番地
イオンマリンピア店/千葉県千葉市美浜区高洲 3-13-1
イオンタウンユーカリが丘店/千葉県佐倉市西ユーカリが丘6丁目12番地の3
ペリエ千葉エキナカ店/千葉市中央区新千葉 1-1-1(千葉ステーションビル内)
流山おおたかの森S・C店/千葉県流山市おおたかの森南1丁目5番地の1
東武百貨店船橋店/千葉県船橋市本町7-1-1
関連会社 米屋産業株式会社
米屋サービス販売株式会社
沿革 1899年4月:創業
1914年3月:東京大正博覧会へ栗羊羹を出品、銀牌受領
1922年3月:平和博覧会へ出品、銀牌受領
1945年12月:株式会社米屋本店の設立による法人化
1950年3月:財団法人鉄道弘済会へ出品、最優秀賞受賞
1955年3月:全国菓子大博覧会へ「栗羊羹」出品、名誉総裁賞受賞
1958年8月:ブリュッセル万国博覧会へ出品、金牌受領
1959年10月:ロンドン第45回万国パン菓子大博覧会へ出品、金牌受領
1961年4月:第15回全国菓子大博覧会へ「栗羊羹」出品、名誉総裁賞受賞
1973年8月:第18回全国菓子大博覧会へ出品、名誉無鑑査賞受賞
1974年8月:成田市野毛平工業団地に第二工場を開設
1990年8月:米屋株式会社に社名変更
1998年10月:ロードサイド店舗1号店として「なごみの米屋 勝田台店」オープン
2002年10月:「なごみの米屋 總本店」リボーンオープン、「成田羊羹資料館」開設
2007年3月:第12回ちいき経済賞のふるさとスピリット賞受賞
2008年3月:「ぴーなっつ最中」が橘花榮光章受章
2010年2月:埼玉県知事より渋沢栄一賞受賞
2013年5月:第26回全国菓子大博覧会で「ぴーなっつ最中」が名誉総裁賞受賞
2017年3月:第57回全国推奨観光土産品審査会で「千葉めぐり2種8個詰」が厚生労働大臣賞受賞
2018年1月:第二工場のガスコージェネレーションシステム竣工
2018年4月:日本ギフト大賞2018で「ぴーなっつ最中」が千葉賞受賞
2018年10月:第二工場が食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」認証取得
2020年5月:「なごみるく」、「千葉の梨ゼリー」がモンドセレクション金賞受賞
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)