DATUM STUDIO株式会社デ-タム スタジオ
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
情報処理
本社 東京

先輩社員にインタビュー

データソリューション本部データビジネス部
S.K
【出身】大阪大学大学院  基礎工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 実は泥臭いことも、データサイエンティストってやるんです!
データサイエンティストは、データ分析だけを行うイメージがありますが、それだけでなく、データベースの整備や、取引先とのミーティング、それに伴う資料作成など、業務は多岐に及びます。データベースについては私が現案件に入った時点で既に出来上がってはいましたが、途中で構成を修正するところを行いました。資料作成については、専門的なところをいかに正確性を損なわずに分かりやすく伝えるかに注力しています。
そして、分析については、まず基礎分析といって、例えば、データがどのような特徴を持っているかといったところから調べます。機械学習やAIなど応用的な手法に目が行きがちですが、その土台となる基礎分析をしっかりしていないと、そもそも応用的な手法が使えないので、時間をかけながらやっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自身の分析結果を実際に使ってもらったとき!
自身が分析した内容が同じ案件の先輩に評価され、実際のモデルに組み込まれました。また、その分析についての説明資料を作成し、MTGで取り上げられた際に、取引先の方もかなり評価されていたことが嬉しかったです。
また、エンジニアリング周りは、学生時代はほとんどやってこなかったので、不得手ですが、出来たことに関して、先輩がもの凄く褒めてくださるので、やりがいを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 勢いがあり、かつ、自分を成長させる環境を!
データサイエンティストを募集している企業が複数社あった中で、創業から数年しか経っていないベンチャー特有の勢いと、様々な会社で経験を積んでいる先輩が多く、データサイエンティストに必要とされる、エンジニアリング・サイエンス・ビジネスの3つを学べそうだということを感じ、選びました。
 
これまでのキャリア 2019年新卒入社

この仕事のポイント

仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自身の就活を振り返ると、IT業界ということもあり、就活の動き出し自体、早目を意識した方が良かったと思っています。
勿論、研究とのバランスもあるので、難しいかもしれませんが、早目に動き出すことで、色々な会社を知ることができます。
また、企業によっては研究内容を尋ねる場合もあるので、自身の研究内容を少しまとめてみると良いでしょう。

DATUM STUDIO株式会社の先輩社員

データサイエンティストとして活躍

データソリューション本部データエンジニア部
Y.F
島根大学大学院 総合理工学研究科 総合理工学専攻 情報システム学コース

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる