日本軸受加工株式会社
ニホンジクウケカコウ
2024

日本軸受加工株式会社

メーカー(軸受加工)
業種
金属製品
精密機器/医療機器
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

私たちは、軸受(ベアリング)加工のプロとして事業を展開している会社です。軸受とは、様々な製品の回転する部分に多く用いられる部品で、「産業のコメ」とも呼ばれるほど重要な役割を果たしています。当社は設立50年以上にわたり、マーケットの声を真摯に受け止めながら、お客様のモノづくりに貢献するためにオーダーメイドで軸受加工を行ってきました。今後も先進技術を積極的に取り入れ、お客様のニーズに応えていきます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

軸受の専門加工を行うプロフェッショナル集団!

私たちが扱っている軸受は、自転車のペダルといった身近なものから、精密機器や自動車・航空機のエンジンまで、様々な製品に活用されています。軸受は機械製品の回転部分を支える部品で、常に運動を強いられることから、あらゆる部品の中でも高い精度が求められるのです。こうした中で当社は、50年以上にわたり製品提供を続けてきた実績があり、技術力を磨いてきました。同時に、新鋭機械設備の導入なども着実に進めてきたことで、現在ではコインサイズから外径1,250mmまでの旋削・研削を可能にしています。多様なニーズに応えられる体制を整えてきた当社は、お客様との厚い信頼関係のもと、安定的に事業を展開しています。

戦略・ビジョン

「特殊な軸受」の開発で、社会に新たな価値を提供していく!

大きく変貌する社会環境の中、お客様のニーズは複雑かつ高度になってきております。そこで当社は、愚直に基本技術を守りつつ、先進技術も積極的に取り入れながら、新たなトレンド・ニーズへの対応に果敢にチャレンジしていこうと考えています。特に、世界的な環境問題に対する取り組み「グリーン・イノベーション」や、医療・健康・福祉分野において新たな価値を生み出す取り組み「ライフ・イノベーション」に貢献する企業として、存在感を発揮していくことを目指しております。コインサイズから超大型の軸受まで製作できることを強みに、航空宇宙・海洋・資源開発・特殊環境・先端医療機器などの分野に積極的に関わっていきます。

会社データ

事業内容 ■軸受(ベアリング)の追加工
■特殊軸受の製造、検査、修理、測定
設立 1971年3月
資本金 1,000万円
従業員数 61名
(2022年4月1日現在)
売上高 6億5,150万円
(2021年10月31日実績)
代表者 代表取締役社長 伊藤 正憲
事業所 本社工場/神奈川県横浜市港北区新羽町964-22
CSR活動 ■港北オープンファクトリーへの参画
優れた技術を持つ区内の事業所や工場を見学するイベントに参画しています。近隣の小学生を始めとした地域の方々が、工場見学を通して、今まで知らなかった港北区の魅力を発見できる機会を提供しています。

■地域美化清掃活動
新横浜テクノヒルズ協同組合に所属し、地域の公園・道路の清掃活動を定期的に行っています。

■職業体験学習
近隣の中学生向けに職業体験学習会を開催しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)