株式会社インパム
インパム
2024

株式会社インパム

印刷会社(企画・デザイン・製造・販売)/impamグループ
業種
印刷関連
各種ビジネスサービス
本社
岡山
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

当社はシール、ラベル、パッケージなど
印刷物全般の企画・デザイン・印刷・販売を行う会社です。

食品用・工業用シールのほか、フィルム・包装材、箱、袋など
様々なパッケージ商品を含めた企画提案ができることを武器に、
多様な分野のお客様の商品を創造しています。

ただ印刷物を提供するのではなく、
お客様の想いをカタチにすることを通して利益をもたらし、
豊かな社会に貢献することが私達の役割です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

お客様と消費者が心を通わせる『人と人を繋ぐ、ものづくり』

既存商品の改善提案から新商品のブランディングまで、お客様企業と消費者を繋ぐ架け橋としてあらゆる印刷物の企画・制作を行う当社。クライアントが考える商品の魅力やターゲットを正確に捉え利益へと導くことは決して簡単ではありませんが、だからこそ常に新たな刺激に囲まれた面白い仕事です。1つの商品が完成するまでには、営業、デザイナー、製造スタッフなど大勢の人が関わり、試行錯誤が重ねられていきます。時にはクライアントさえ気づいていない製品の価値を形にして、ヒット商品・ロングセラー商品を生み出す仕組みを作り上げることも。そうやって社内一丸となって完成した製品が世の中に出る瞬間は何度でも記憶に残る嬉しい瞬間です。

仕事内容

あらゆる業界企業と取引!製品に不可欠だからこそ販売先は無限大

当社のお客様はバリエーション豊か!そのため自分のアイデアを活かして販路を拡大していくことも可能。難しさはありますが、お客様に認めてもらえれば目に見えた結果として現れるためとてもやりがいがあります。同じ商品でも魅せ方を変えるだけで、人の興味を惹く確率は格段と上がります。多くの方に手に取ってもらうためには、消費者の趣向も把握が必要。常に消費者目線でモノづくりに向き合います。やっぱり一番のやりがいは、自分の販売した商品が実際に店頭に並んだ姿を見たとき。とても嬉しく言葉にならない達成感を味わえますよ。またお客様一人ひとりに合わせた商品を創るからこそ、長年働く中でどんどん面白味が増してくるのも特徴です。

戦略・ビジョン

時代と共に成長し、ずっと働きたいと思える組織づくりへ!

今から72年前、岩田美術印刷所としてシール印刷業から始まった当社。時代と共に着実に歩みを進め、まもなくインパムグループは創業80周年を迎えようとしています。今後は更にめまぐるしく変化する時代の流れに対応するスピード感ある組織を築くと同時に、グループ各社が連携しどんなニーズにも臨機応変に応えられるソリューションを実現します。この過程で社員発案のビジネスによって発足する会社が出てくるかも知れません。若手社員から社長が誕生することだってあるでしょう。前向きなチャレンジは会社として歓迎し全力で応援していきます。欲しい「」がなければ創ればいい。クリエイティブな発想を活かして次代を一緒に創る仲間を求めています

会社データ

事業内容 私たちは、お客様企業に代わって
商品に対する「想い」をカタチに表わし、
より商品を魅力的に表現するためのラベル・パッケージを提供しています。
お客様と消費者が商品を通して心を通わせることのできる、
「人と人を繋ぐ、ものづくり」に取り組んでいます。


■パッケージなど印刷物全般の企画・デザイン・印刷
■食品・工業用のシール印刷
■FAラベリングシステムの設計販売

★ラベルやパッケージで扱う商品は身近なモノばかり!
コンビニやスーパー、駅や空港…
色んなところでインパムの商品は使われています。
ラベルは食品だけではありません。
車に貼られるシールなど工業用も多種多様にあります。

★パッケージは中身の商品の良さを惹き立てる重要なファクターです!
そして商品を惹き立てる以外にも、
色々な問題を解決しうる商材がラベルなのです。
設立 2001年 創業は1950年
資本金 2,740万円
従業員数 43名(2022年11月実績)
売上高 14億3765万円(2022年6月期実績)
代表者 代表取締役 岩田大樹
事業所 ■岡山
〒702-8042
岡山市南区洲崎1丁目2番13号

■東京
〒103-0004
東京都中央区東日本橋3-7-19 
東日本橋ロータリービル2F 

■神戸
〒650-0023
兵庫県神戸市中央区栄町通6-1-17
栄町通佐田野ビル302 
impamグループ 印刷物の企画・営業を担う「株式会社インパム」
シール・ラベル印刷の製造を担う「株式会社インパムシール」
企画・デザイン作成を担う「株式会社インパムクリエイト」
3社で企画デザインから製造までトータルでプロデュースする事業を展開をしています。

★『impam』とは…
衝撃(impact)、臨機応変さ(imagination)、限りないこと(immense)
3つのWordを掛け合わせ作った造語です。

社会に対して[衝撃(impact)]を与える存在であること。
激動の時代に対して[柔軟に臨機応変(imagination)]な対応を可能とする組織であること。
[限りない(immense)]可能性を秘めた集団であること。
それらの願いを象徴するため考案し、社名としました。
沿革 1950年 岡山市小野田町(現清輝本町)において岩田二三男がシール印刷業を開始
1952年 合資会社岩田美術印刷所を設立
1967年 株式会社に改組 資本金200万
1969年 資本金400万に増資
1970年 資本金600万に増資
1974年 資本金1500万に増資
1977年 資本金2000万に増資
1980年 新本社・新社屋落成、岡山市洲崎に移転
1987年 工場増築 ロータリー印刷機導入
1990年 神戸営業所開設
1991年 営業本部新築移転
1999年 岩田冨士夫 社長に就任
2000年 オフセット印刷機導入
2001年 株式会社インパムを設立 営業・企画部門を分社
      岡山市西大寺新地に新社屋・工場完成 全面移転/東京営業所開設
2004年 株式会社岩田美術印刷所を社名変更し株式会社インパムシールに 
      資本金1000万円を増資し3000万円とする
2005年 デジタル印刷機 HP indigo WS4000 Digital Pressを導入
2006年 レーザーカット機導入
2008年 東京営業所移転
2010年 株式会社インパムクリエイトを設立 制作部を分社
      岡山市南区洲崎社屋を改築/株式会社岡山本社移転
2011年 デジタル印刷機 HP Indigo WS6000 Digital Pressを導入
2015年 シルク印刷機導入/Versant2100導入
2017年 間欠輪転機ALTO導入/資料室完成
2018年 間欠輪転機BABY導入
2020年 インパムシール工場敷地を岡山市より購入取得/デジタル印刷機HP Indigo 6900導入
2021年 株式会社インパムシール 岩田冨士夫 会長就任 岩田大樹 社長就任
主要取引先 (株)グレープストーン
天馬(株)
(株)トーラク
(株)源吉兆庵
モロゾフ(株)
B-Rサーティーワンアイスクリーム ほか
ホームページ http://www.impam.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)