テクノ・モリオカ株式会社
テクノ・モリオカ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

テクノ・モリオカ株式会社

医薬用水、産業用水、環境水の水質測定機器 研究開発型企業
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
機械
精密機器/医療機器/半導体・電子部品・その他/プラント・エンジニアリング
本社
宮城、山形

私たちはこんな事業をしています

私たちは東北日本から「水を創る、水を見守る」をコンセプトに、医療用純水装置や水質管理機器製品の研究開発、製造、販売、保守まで一貫した業務を担っているメーカーです。自社製品の開発のみならず、大学や研究機関、公共団体との共同研究・開発を長年にわたって実施。当社の水に関わる独自の技術力と、大学や各研究機関が得意とする先端技術、それぞれの強みを融合して、お客様に喜ばれる製品と付加価値を提供しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

東北日本から「水を創り、水を見守る」 高い技術で社会に貢献

私たちはニッチトップ企業を目指し「水を創り、水を見守る」をコンセプトに水処理装置や水質機器の研究開発・製造販売に取り組んでいます。美しい故郷である東北日本から水に関わる製品や技術を発信し、社会の一隅を支えたいとの思いからです。水を創る水処理機器では、不純物が極めて少ない医療用純水装置の設計と製造を。水を見守る水質管理機器では、水質の僅かな汚れや変化を監視する『Sensing eye』シリーズを開発。私たちはこうした高度な技術を活かして、安全で清浄が求められる医薬・製薬・半導体などの業界に貢献しています。

戦略・ビジョン

ニッチな市場で業界トップクラスのシェアを目指すものづくり。

私たちテクノ・モリオカは、医療用水の製造装置、製薬用精製水の管理計器、精密部品の製造工程で使用される洗浄水などで独自の技術力を発揮。それぞれのニッチな市場で業界トップクラスのシェアを目指しています。また、半導体製造工場や、新エネルギー、食品、農業分野へ展開を続け、新たな市場の拡大に取り組んでいます。そのため、当社で活躍しているのは新しい発想でものづくりに取り組む社員たちです。自分に何が必要かを柔軟に考えて対応していく能力、自身の成長について考えながら行動できる力、失敗を実績ととらえ前へ前へ協力してやり抜いていく意欲。こうした力を発揮している社員が成長し、当社の新しい企業文化を生み出しています。

社風・風土

失敗を恐れず挑戦できる環境が、ものづくりのモチベーションに。

当社は水に関わる製品・装置の研究開発、設計、製造、販売、施行、メンテナンスに至るまで一貫した業務に携わっています。電子回路設計やプログラムも得意とし、ソフトもハードも担える技術力があります。そんな私たちが貫いているのは、常に挑戦する姿勢を忘れない「愛と勇気のものづくり」です。挑戦に失敗はつきもので、当社も失敗を重ねて今があります。その経験を糧にして次に活かしていく。こうした社風が仕事に没頭できる環境を作り、「自社ブランドを発信する」「新しいものづくりに挑戦する」という社員のモチベーションにつながっているのです。私たちはすべての人々、自然への感謝を忘れずに愛と勇気のものづくりに取り組んでいます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

<技術職>
みなさんにお任せするのは、水処理機器や水質機器の研究、開発、設計、製造業務。または、電子回路設計、プログラムのいずれかの仕事です。当社はソフトもハードも含めた一貫した業務を行っているため、仕事を通して幅広い技術や知識を身につけることができます。また、開発へのプロセスは自由であり、仕事に没頭できる環境もあります。自らのフィールドを開拓しながら、技術職としてのキャリアアップが可能です。

会社データ

事業内容 水質管理機器の研究開発・製造・販売・保守
医療用高度精製水製造装置の設計・製造・保守
設立 1984年8月1日
資本金 7,000万円
従業員数 60名(2022年4月現在)
売上高 12億円(2022年7月期実績)
代表者 代表取締役社長 吉田 圭樹
事業所 仙台本社/宮城県仙台市青葉区落合6丁目1-7
山形本社・工場/山形県長井市成田2613
東京営業所/東京都江東区永代2-31-15 Bell wood永代9F
許認可 医療機器製造業:06BZ006005
医療機器製造販売業:06B2X00003
会社沿革 1984年 山形県長井市幸町にて電子機器組立製造事業を開始
1988年 超純水製造装置への組込型、超小型水質センサーの開発
1990年 純水中の全有機体炭素(TOC計)モニターを開発
1991年 「全有機体炭素(TOC計)モニターの性能評価」山形大学工学部との共同研究を開始
1992年 純水中の微量有機物の検出方法の開発「通産省中小企業技術改善補助金」交付
1993年 「山形テクノポリス財団補助金」交付
1994年 電気伝導率計、電気抵抗率計、水質センサーの開発・販売、医療用パッケージ型高度精製水製造装置(純水装置)を開発
1996年 長井市成田2613に本社工場、新築移転、東京営業所を東京都中央区新富町に開設
1997年 「中小企業新分野進出事業費補助金」「中小企業雇用環境整備奨励金」「中小企業新分野展開支援人材確保助成金」交付
1998年 医療用高度精製水製造装置の開発、山形しあわせ銀行「しあわせ産業賞」受賞
2002年 超純水中の微量有機物センサーの開発、「経済産業省中小企業創造技術開発助成金」
2003年 医療用具製造承認及び医療用具製造業許可(手術室手洗い用無菌水製造装置)
2004年 仙台事業所(東北メンテナンスセンター)開設
2008年 組込型TOC計の開発・販売
2010年 アンプ内蔵型小型電気伝導率計を開発・販売、平成22年度発明協会地方発明表彰 山形支部長賞受賞
2013年 平成25年度発明協会地方発明表彰 山形発明協会会長賞受賞「全有機体炭素の監視装置」
2014年 水質機器の新ブランド『Sensing eye』発表、第16回山形県環境保全推進賞受賞
2015年 文部科学大臣表彰 科学技術部門受賞、第6回ものづくり日本大賞 東北経済産業局長賞 受賞
2016年 可搬可能な燃焼式全有機体炭素測定器の製品評価及び河川水質管理で国立研究開発法人「産業技術総合研究所」及び「タイ科学技術研究所(TISTR)」を招聘
2017年 経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定
2018年 公益財団法人 東北活性化研究センターより「東北・新潟のキラぼし企業」に選定
2019年 可搬可能な燃焼式全有機体炭素測定器の販売開始、東北大学多元物質科学研究所と共同研究開始
企業HP https://techno-morioka.co.jp/

連絡先

〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合6丁目1-7

TEL:022-392-1355 
総務課採用担当まで
掲載開始:2023/01/30

テクノ・モリオカ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

テクノ・モリオカ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2024における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)