公益財団法人 岡山県環境保全事業団
オカヤマケンカンキョウホゼンジギョウダン
2024

公益財団法人 岡山県環境保全事業団

環境事業(廃棄物処理/環境調査/分析測定/生物調査/環境教育)
業種
団体・連合会
その他サービス/エネルギー/教育関連
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

当法人では、持続可能な地域社会の実現を目指し、「地球環境の保全」「良好な生活環境の確保」「資源循環型社会の形成」「自然共生社会の形成」など4つの事業領域を設定し、岡山県の行政施策と協働しながら事業を行っています。具体的には、廃棄物処理事業、環境調査・分析事業を中心に、生物調査、環境教育、公共施設の管理運営受託など幅広く事業を展開。SDGsの理念と目標を中期経営計画に反映し、各事業に取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

仕事を通して、SDGsやカーボンニュートラルに貢献できる!

2018年の西日本豪雨に象徴される気候変動やプラスチックの海洋汚染など、地球環境問題は深刻さを増しています。そうした中で当法人の廃棄物処理事業は、環境保全と密接につながっています。世界的な目標であるSDGsやカーボンニュートラルにも寄与するもので、職員一同、やり甲斐を持って仕事に取り組んでいます。また、廃棄物埋立処分場は埋立完了後に土を被せて、新しい土地となります。新しい土地を生み出す大規模な工事は、他ではなかなか経験できない仕事です。埋立跡地には環境に配慮した廃棄物処理施設を整備し、更なる資源循環を目指します。このような私たちの取り組みに共感してくれる方を歓迎します!

施設・職場環境

ワークライフバランスの取れた職場環境づくりを推進

当法人では「安心して働き続けることのできる職場づくり」を重要な経営課題とし、「健康経営」を推進しています。職員が健康な状態で働き続けるには、「活きる時間」を生み出すことが大切だと考え、業務の「生産性向上」に取り組むことで、残業時間の削減や有給休暇を取得しやすい環境づくりを目指しています。2020年度実績では、有給休暇平均取得日数12.8日/年、平均時間外労働実績7.3時間/月となっています。今後は、テレワークやフレックスタイム等の柔軟な働き方ができる環境整備や、職員の健康活動(ウォーキング、禁煙等)をポイント化し、還元する仕組みの検討を進めて、職員のみなさんの幸せと事業団の持続的発展に取り組みます。

会社データ

事業内容 ◆廃棄物処理事業
1979年から廃棄物の埋立を開始し、廃棄物の適正かつ安全な埋立事業を行っています。埋立に伴い発生する浸出水は、高度な処理施設により適正に処理しています。

◆環境調査・分析事業
公的役割を担う環境調査機関として、環境アセスメントや土壌汚染などの調査を行うほか、水質分析、騒音・振動測定などの調査・分析も行っています。

◆生物調査事業
動物や植物の生息状況をきめ細かく調査し、環境アセスメントなどの影響予測と保全対策の立案などを行います。野生鳥獣の保護対策支援などの活動も行っています。

◆環境学習事業
環境学習センター「アスエコ」を中心に、年間300件を超える出前講座(講師を派遣)の実施やエコツアー、環境セミナー、イベント・学習会など、さまざまな活動を展開しています。

◆公共施設の管理運営
「岡山県自然保護センタ―」の管理・運営を受託しています。環境学習事業のノウハウを活かして自然体験や環境教育を提供し、自然と親しむための研修施設も整備しています。
その他、「岡山県地球温暖化防止活動推進センター」「津山圏域クリーンセンター内リサイクルプラザ」「倉敷資源化センター」の管理・運営も受託しています。
設立 1974年10月
沿革 1974年10月 財団法人 岡山県環境保全事業団設立
緑化事業・環境保全サービス事業・環境調査事業開始
1975年3月 大気環境測定器保守管理業務開始(岡山県公害防止センター内)
1979年2月 産業廃棄物埋立処分場護岸工事完成(第1処分場)
1979年4月 産業廃棄物埋立処分開始、水島管理事務所発足
1983年10月 事務所を岡山市内尾に新築し、全事業を統合
1984年3月 下水道汚泥中間処理事業開始(セメント固化事業)
1986年10月 第1処分場第1工区埋立て竣工(254,580平方メートル)
1989年11月 下水汚泥新中間処理場完成
1993年9月 第1処分場第2工区埋立て竣工(342,000平方メートル)
1995年2月 建設残土センター事業開始
1996年4月 倉敷資源化センター事業開始
1998年9月 寄島干拓地埋立処分終了
1999年3月 下水道汚泥中間処理(セメント固化)事業終了
1999年4月 水島クリーンセンター供用開始(下水汚泥等焼却事業)
2002年5月 岡山県地球温暖化防止活動センターに指定される
2004年3月 岡山県循環資源総合情報支援センターに指定される
2007年4月 岡山県自然保護センターの管理運営を開始
2007年6月 岡山市街地に環境学習センターをオープン
2009年2月 公共関与臨海部新処分場護岸工事完成(第2処分場)
2012年4月 公益財団法人へ移行
2013年5月 産業廃棄物埋立処分場(第1処分場)竣工
2015年3月 エコアクション21地域事務局に認定
2016年4月 津山圏域クリーンセンターリサイクルプラザの管理運営を開始
資本金 なし(公益財団法人のため)
従業員数 117名(2021年8月現在)
売上高 48億4300万円(2020年度実績)
出損総額 16億2650万円
代表者 理事長 坂井俊英
基本理念 わたしたちは環境関連事業を通して社会の持続的発展に貢献します。
事業所 ◆内尾事務所/岡山県岡山市南区内尾665-1
◆水島管理事務所/岡山県倉敷市水島川崎通1-18
◆倉敷市資源選別所(倉敷資源化センター)/岡山県倉敷市水島川崎通1-18
◆環境学習センター/岡山県岡山市北区下石井2-2-10
◆岡山県自然保護センター/岡山県和気郡和気町田賀730
◆津山圏域クリーンセンター リサイクルプラザ/岡山県津山市領家1446
認証取得・指定 エコアクション21(環境マネジメントシステム)認証取得
「エコアクション21地域事務局」認定
ISO/IEC 17025認定取得
優良産廃処理業者認定
土壌汚染対策法に基づく指定調査機関
「岡山県地球温暖化防止活動推進センター」指定
「岡山県循環資源総合情報支援センター」指定
ホームページ http://www.kankyo.or.jp
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)