五所川原市ゴショガワラシ
業種 公社・官庁
本社 青森

先輩社員にインタビュー

財政部収納課
後藤 稔貴(28歳)
【出身】仙台大原簿記情報公務員専門学校  法律・公務員学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 各種施策に必要な財源を確保するため市民の方々に税金を納めていただく仕事
様々な事情により、税金を納めていただけず、滞納してしまっている方に対し、電話や窓口で納付相談を行うのが私の仕事です。
納付相談においては、厳しい対応をしなければならないこともありますが、どうすれば税金を支払うことができるようになるかを一緒に考え、整理していきます。
市の公共施設、道路、教育費などは税金で賄われています。地域の皆さんの生活を支える施策の財源を確保する大切な仕事です。
相談者の方の滞納を解消できた際のさっぱりした笑顔が印象的で、非常にやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「あなたに説明されて、税金を納めなければと思った。」と言われたこと
異動後、最初に受け持った相談者の方で、滞納の金額も大きく1回の相談では具体的な計画を立てることもできませんでした。それでも、何度も相談する中で「税金を整理していこう。」という共通の目標を持つことができ、最初は何年かかるか分からなかったものを1年間で整理することが出来ました。最後の支払いを終える際、「お疲れ様でした。」と伝えると、「あなたに説明されて税金を支払わなければと思った。これからは支払いが遅れないように頑張ります。」と言っていただき、私たちは税金を支払わせる人ではなく、税金の大切さを説明し、市民の皆さんの良き相談相手であることが大切なことだと認識させられました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 基本的に市外への転勤が無く、業務の幅が非常に広いこと
地域に腰を下ろして仕事をしたいという思いが強かったため、公務員のなかでも転勤の少ない市役所を志望しました。私は様々なことに興味を持ってしまうため、市役所ならば、地域の中で様々な業務に就くことができるので、楽しみながら積極的に働けると考えました。県庁や国家公務員も考えましたが、ジャンルを超えて様々な業務に取り組むならやはり市役所だと決断しました。
 
これまでのキャリア 税務課(7年間)→収納課(現職:今年で2年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動しているときはこれから定年まで勤めあげる会社を探すように考えてしまいますが、一度就職した会社で定年まで勤めあげるのが普通という常識が最近は変化しているように感じます。考えることは大切ですが、あまり悩みすぎず興味がある会社へチャレンジしてください。その結果、合わなければまたチャレンジできますし、働くうちに好きになるかもしれません。私は働いてからのほうがより市役所を好きになりました。

五所川原市の先輩社員

ケースワーカーとして市民に寄り添い、安全・安心な暮らしを守ります!

福祉部保護福祉課
蝦名 杏哉
弘前学院大学 社会福祉学部

農地を守り、農業を次代につなぐ仕事をしています。

農業委員会事務局
工藤 知徳
東京都市大学 工学研究科

市の最上位計画である総合計画に基づくマネジメントサイクルの推進

財政部ふるさと未来戦略課
山田 大輔
弘前大学 教育学部

市営住宅のほか市有建築物における機械設備の設計・工事監理業務

建設部建築住宅課
秋元 信人
東北学院大学 工学部環境建設工学科

安心な市民生活に必要な国民健康保険に関すること!

民生部国保年金課
匿名
岩手大学 人文社会科学部・法学経済課程

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる