社会福祉法人南台五光福祉協会ミナミダイゴコウフクシキョウカイ
業種 福祉・介護
本社 千葉

先輩社員にインタビュー

もくせい園 支援課
小嶋 えみ(25歳)
【出身】聖徳大学  児童学部 児童学科 卒
【年収】400万円位
これが私の仕事 知的障がいを持った利用者様の日常生活をサポート
知的障がいを持った利用者の日常生活、主に食事や入浴、排泄の介助をしています。時には看護師と相談をして薬の調整をすることもあります。体力の維持を図ることや園の中とは違う景色を見ることを通して気分や情緒の安定を図るために散歩やドライブに一緒に出掛けることもあります。基本的には健常の方の生活と変わりません。そのサポートです。また、園全体の支援員で全利用者様を見ていますが、中心的に見る担当利用者様もいます。その方との担当別活動として関わる時間は特別なものを感じます。もちろん利用者様の保護者の方とのコミュニケーションも大切です。私は生活支援員という仕事は「できないことを支援してあげている」という認識ではなく、「困難なことをに対して生活しやすいように支援させて頂いている」という認識として考えています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
利用者との日々の関りから感じる変化
まだ1年目ということもあり、大きな何かをやり遂げたことがないため、日々感じるちょっとした嬉しかった出来事をお話します。仕事でできなかったことが出来るようになったり、苦手を克服できた時はすごく嬉しいですが、私は利用者様との関わりで喜びを感じることが多いような気がします。例えば、名前を呼んでくれた時。最初の頃は「ねえねえ」だった呼び方が自分の名前に変わった時、生意気ですが少し受け入れて頂けたように感じました。また、担当利用者様に爪を切って欲しい、ジュースやお菓子を買って欲しい等、自分に声を掛けてくれた時担当支援員であると認識して下さったんだと思うよりも、こんな自分でもその方の役に立てていると感じられ嬉しかったです。利用様との関わりが、少しの変化が仕事をする上でのモチベーションへ繋がっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分もここの一員となって働きたい!と思えたから
当法人で働きたい!と思った理由は、実習時の楽しかった・もっとやってみたいという気持ちと温かい雰囲気でした。私は幼稚園の先生になりたいという夢があり、保育の勉強をしていました。最初は正直“資格のため”そういう気持ちでのスタートでしたが、日が経つごとに大変な仕事であると感じるとともにやりがいやその中に楽しさを感じるようになりました。実習終わりが近づく頃、もっと障害を持った方の支援がしたい、自分の学んでこなかった分野で頑張りたいと思うようになり、将来の目標が変わりました。今振り返っても一番やりがいを感じ、楽しいと思えたのが当法人での実習です。配属先である「もくせい園」もそうですが、雰囲気や利用者様、先輩方みなさん温かみのある法人です。これらのことに魅力を感じ、決め手となりました。
 
これまでのキャリア 大学卒業後、新卒入職です。(1年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

周りの友達の就職先が決まってきて焦ることがあるかもしれません。でも、絶対に焦らず、自分の夢がある方はそれに向かって、まだ迷っている方は今までの実習やボランティア等の経験を振り返ってみて下さい。その中で自分に合っている、これを仕事にしたいと思える場所が見つかることもあります。私も実習がきっかけで当法人に就職しました。今までの経験や就職活動中の出会いを大切に頑張って下さい。時間を有効的に使うことも大事ですが、息抜きも忘れずにして下さいね。

社会福祉法人南台五光福祉協会の先輩社員

利用者が有意義に過ごすために

支援課
伊藤 香織
東京福祉専門学校 社会福祉士・精神保健福祉士科

知的障がいを有する方たちの生活支援全般

やまぶき園 生活介護推進員
竹内 智亮
千葉経済大学 短期大学部 こども学科 保育コース

知的障がい者の生活全般の支援。―利用者様の豊かな生活を目指して-

高橋 幸宏
立正大学 経営学部

障がい者支援員として

おおはし園
池田 有希
了徳寺大学 健康科学部理学療法学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる