社会福祉法人真宗協会
シンシュウキョウカイ
2024

社会福祉法人真宗協会

養護老人ホーム帯広信楽苑
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

社会福祉法人真宗協会は、1948年に北海道・帯広市で設立されました。地域に密着して、医療・介護・障がい者支援の3つの分野で事業を展開。病院、高齢者施設、障がい者支援施設など、8つの施設を経営しています。当法人を利用される皆さま、そして、そのご家族の方に親身に寄り添ったサービスを提供。各施設で安心して快適に過ごしていただけるよう、職員一同あたたかい対応を大切にしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

医療と福祉を一体化したサービスを提供し、未来の福祉文化を創造

戦後間もない頃、社会福祉法人真宗協会の創始者・菊地達男が、国民病として恐れられていた結核の治療施設を開設。病気に苦しむ人たちを救い、治癒後には就労支援の場も提供するという、先進的な取り組みを進めました。さらに、高齢者問題にも注目し、さまざまな理由で家族と生活できない高齢者のための入居施設を開設。また、知的障がいをもつ子どもたちとその家族の困窮を耳にし、なんとか手助けしたいと、障がい者施設も立ち上げました。こうして、病院・高齢者支援施設・障がい者支援施設が揃い、当法人の事業基盤が完成。「未来の福祉文化を創造する」という、創始者の想いは今に受け継がれ、医療と福祉を一体化したサービスを届けています。

企業理念

「ケア・シェア・フェア」の3軸で、介護・福祉サービスを届ける

当法人では「ケア(Care)・シェア(Share)・フェア(Fair)」の3つを理念に掲げています。それぞれが示す意図について、ご紹介しましょう。まずは「ケア」。思いやりをもって、施設の入居者さま・利用者さまを包括的に「ケア」し、信頼されるサービスの提供に努めます。続いて「シェア」。人と人とのつながりを何よりも大切に考え、心を通わせて喜びや笑顔を「シェア」し、地域共生とネットワークづくりに努めます。そして、「フェア」な精神で地域社会のルールを守り、嘘偽りのない運営と情報公開を行い、法令遵守と透明性の確保に努めます。これらを実現することで、職員がいきいきと、誇りをもって業務を遂行できる環境を構築しています。

施設・職場環境

充実した福利厚生メニューで、職員のモチベーションをアップ!

ワークライフバランスを確立し、ON-OFFともに輝いて過ごしてほしい。職員へのそんな想いから、働きやすい環境づくりと福利厚生メニューの充実に取り組んでいます。年間休日は120日以上。勤続6年を迎えた職員には、特別休暇5日間とお祝い金10万円を支給しています。また、資格報奨金制度を設けており、介護福祉士や社会福祉士などの資格を取得した職員に報奨金を授与。医療費助成制度により、職員とその家族が当法人運営の帯広光南病院を受診した時には医療費の一部を助成します。出産時や入園・入学など、子どもの育成に合わせた支援助成金制度も導入。これらの手厚い待遇が、職員たちのやる気を高め、さらなるサービスの拡充を促しています。

会社データ

事業内容 ◆特別養護老人ホーム・養護老人ホームの経営
◆障がい者支援施設・生活介護施設・グループホームの経営
◆病院の経営
設立 1948年7月1日
基本金 38億6,209万1,000円
従業員数 400名(2021年12月現在)
売上高 サービス活動収益 3,658,080,985円 (令和2年度実績)
代表者 理事長 樋渡 喜久雄
事業所 養護老人ホーム・特定施設 「帯広信楽苑」 /帯広市空港南町345-2
沿革 1947年 「浄土真宗の社会事業への進出について」発表
1948年 社団法人真宗社会事業協会創立。病院事業・授産事業(印刷所)・紙工作業(マッチ箱製作)開始
1949年 病院事業が「帯広真宗病院」として独立開院
1952年 社会福祉法人真宗福祉事業協会に組織変更
1953年 生活相談所新設
1955年 「中士幌診療所」開設
1957年 「真宗養老院」開設
1958年 法人事務所を独立事務所として設置、「東1条診療所」開設
1960年 精神薄弱児施設慈光学園開設
1961年 愛光園(授産施設)設置
1963年 帯広市養老院を吸収合併、法人創立15周年記念祝賀会
1964年 慈光学園特殊学級開設
1968年 帯広真宗養老院を「帯広老人ホーム」に名称変更、真宗病院を廃止し「帯広光南病院」を開設
1973年 帯広老人ホームを「信楽苑」と名称変更
1975年 特別養護老人ホーム「至心寮」開設
1979年 慈光学園特殊学級(ポプラ)を閉級し、養護学校訪問学級開設
1985年 精神薄弱者更生施設「帯広はちす園」開設
1988年 帯広光南病院「特例許可病院」の認可
1991年 慈光学園、精神薄弱児施設から精神薄弱者更生施設に種別変更、「帯広はちす園通所部」開設
1992年 帯広光南病院「介護力強化病院」として新たなスタート
1996年 老人デイサービスセンター及び在宅介護支援センター「至心寮」開設
1998年 法人創立50周年記念式典及び祝賀会挙行、記念誌発刊
1999年 帯広光南病院を新築移転
2000年 知的障害者更生通所施設「帯広やわらぎ園」開設
2002年 グループホームぽぷら設置、川上理事長「福祉村構想」を発表
2006年 地域包括支援センター「帯広至心寮」開設、4グループホームを「帯広大正ホーム」に名称統合、「ヘルパーステーション帯広信楽苑」開設
2007年 特別養護老人ホーム「帯広慈恩の里」開設
2008年 法人創立60周年及び記念誌発刊、ISO9001認証取得
2011年 地域密着型介護老人福祉施設「光輪」開設
新事業体系移行により、帯広慈光学園 帯広はちす園 障害者支援施設として指定
多機能型就労支援事業所 帯広はちす園設置
2012年 グループホームりあん設置、訪問リハビリテーション事業所を帯広光南病院 に設置
2018年 法人創立70周年記念式典及び祝賀会挙行、記念誌発刊
法人HP http://shinsyukyoukai.jp/
帯広信楽苑HP http://shinsyukyoukai.jp/shingyoen/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)