社会福祉法人 尼崎市社会福祉事業団アマガサキシシャカイフクシジギョウダン

社会福祉法人 尼崎市社会福祉事業団

社会福祉事業/児童養護施設/尼崎市尼崎学園
業種 福祉・介護
医療関連・医療機関/教育関連/外食・レストラン・フードサービス/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

尼崎学園
Y・A(26歳)
【出身】神戸常磐大学  教育学部こども教育学科 卒
【年収】380万円位
これが私の仕事 児童養護施設とは
学校や通所施設とは異なり、こどもたちにとっては施設が家の代わりになっています。
施設で寝泊まりをしているため、職員の勤務にも宿直という泊まりの勤務があります。
また早出、遅出勤務の他に、断続という中抜けの勤務もあります。
施設から学校等に通っているので、学校行事等にも参加することがあります。
森に囲まれた施設で、グラウンドもあるので、こどもたちと身体を動かして遊ぶことができます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
返ってきたあいさつ
就職して1年目の時、まだこどもも私自身も慣れていないこともあり、挨拶しても返事がない子がいました。それを寂しく思いながらも、仕方がないと思って、会ったときは、「おはよう」、「いってらっしゃい」、「おかえり」と声をかけていました。
何日か経った日、いつものように帰ってきたこどもに「おかえり」と声をかけると、初めて「ただいま」と返事が返ってきました。何気ない言葉ですが、その返事がすごく嬉しかったことを今でも覚えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き こどもの成長を見られる
幼児から高校生まで居るので、年齢の幅は広く、関わり方もそれぞれ違っています。
また、個々によって違った関わりが必要になってくるので、大変なことも多いですが、その分、こどもの成長を間近で見られることは職員の特権だと思います。
日頃から関わっている分、こどもの成長を見られた時は、よりいっそう嬉しく感じますし、頑張ってきてよかったと思うと同時に、もっと頑張ろうと思います。
 
これまでのキャリア 大学在学中に、インターンシップとアルバイトで学園の子どもたちと関わり、卒業と同時に正規職員になりました。

この仕事のポイント

職種系統 保育士
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

児童養護施設は話を聞くだけでは暗いイメージを持たれがちですが、そういったことはなく、こどもたちも明るく、楽しい日々過ごしていることが多いです。
もちろん、それぞれ課題はありますが、職員と一緒に話をし、過ごしていく中で乗り越えていこうとしています。
興味のある方は一度、実際に見学に来てもらえれば、職場の雰囲気が伝わると思います。みなさんと働ける日を楽しみに待っています。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる