株式会社日本精機
ニホンセイキ
2024
業種
金属製品
機械/自動車/精密機器
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

【ダイカスト金型といえば日本精機。世界中の自動車産業が認めた技術!】本田技研工業、日産自動車、ルノー、GM、現代自動車...エンジンだけでも200型を超える金型を自動車メーカーに供給。トヨタ製ハイブリッド車インバーターの細かく複雑な金型も試作を重ねて完成させ、「ここまでやれるのか!」と関係各所をうならせる事ができました。その技術を活かし、小型精密金型を中心に新たな市場を開拓しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

自動車産業の発展と共に、金型を設計・製作し 世に送り出す。

◎ダイカスト金型を始めた頃、2輪車の金型を製作してきた当社ではホンダのベストセラー、スーパーカブの部品も数多く手がけていました。やがて自動車の普及に伴い、四輪車のエンジンブロック等の金型も製作するように。30トンクレーンや20トンクレーンで巨大な金属塊を吊り下げ、大型切削加工機で金型をつくるようになりました。今までで一番大きな金型は、GMから発注を受けた54トンのV8シリンダーブロック。切削加工にこ だわり、自動車メーカーに応えてきた技術で、ダイカスト金型業界の先頭を走っています。

戦略・ビジョン

事業の3本柱で成長を続ける。

◎リーマン・ショック以降、私たちは市場の縮小に合わせ、当社の特色である『金型の直彫り加工』の技術を活かして小型精密金型中心の事業にシフトしました。ハイ ブリッド車のインバーターケースなど、他社では実現できない精密な直彫り加工が当社の特徴です。この他、高精度・高寿命の金型部品の開発に成 功し、第2の事業の柱に育て上げました。また、金型の製作だけでなく修理も手がけることで、第3の柱も立てることができました。

技術力・開発力

航空機産業やエネルギー産業への参入を目指す。

◎金型製作には放電加工と、直彫り加工による削り出しの二種類があります。当社が得意とする直彫り加工は放電加工に比べ金型の表面を破壊しないことから、高寿命・高精度の金型製作をつくることが可能。さらに5輪加工ができるマシニングセンターを2台導入し研究したことで、従来では 難しかった複雑な曲面加工も量産できるようになりました。この技術を応用して、航空産業など異業種への挑戦もはじめています。

会社データ

事業内容 ダイカスト金型の設計製作及びメンテナンス
金型部品製作
金型コンサルティング
航空機部品製作
金属AM部品製造
工作機械設計製作及び販売
設立 1974年4月 創業:大正9年(1920年)
資本金 4000万円
従業員数 61名
売上高 15億円(2022年3月期)
代表者 代表取締役社長 辻村正稔
事業所 〒463-0002
愛知県名古屋市守山区中志段味西原2799
沿革 1920年(大正9年)
ゴム製品の金型メーカーとして神戸市に創業

1941年(昭和16年)
名古屋市北区に名古屋分工場を設立
ダイカスト用専門工場として操業開始

1946年(昭和21年)
名古屋分工場へ本社移転操業開始

1953年(昭和28年)
合弁会社辻村鐡工所として組織変更
資本金80万円

1974年(昭和49年)
株式会社日本精機を設立
資本金2000万円

1980年(昭和55年)
大型化に対処するため、仕上組立ならびに、大型機械工場を増設
資本金4000万円

1983年(昭和58年)
第一次ハイテク化設備
CAD/CAM導入 CAD/CAMによるDNC化

1990年(平成2年)
新事業として超硬、セラミック部品加工に進出

1991年(平成3年)
第二次ハイテク化設備
CAD/CAM/CAE設備更新増強 コンピュータ・システム強化

1994年(平成6年)
高精度・高効率加工を目指し、高速加工機導入

2001年(平成13年)
第三次ハイテク化設備
CAD/CAM/CAE設備更新、高速ネットワークシステム強化

2005年(平成17年)
ISO9001:2001 認証取得

2009年(平成21年)
ISO9001:2008 更新取得

2011年(平成23年)
高精度・高効率加工を目指し、5軸加工機(2機)導入

2012年(平成24年)
更なる高精度・高効率加工を目指し、5軸加工機(1機)増設
生産性の向上・品質の均一化を目指し、ツールプリセッター導入
CAD/CAM設備大幅増設

2014年(平成26年)
部品事業拡大のため、MC設備大幅増設

2017年(平成29年)
大型化MC、横中ぐり、ダイスポッティングプレス導入
品質保証体制強化(大型3次元測定機・非接触3次元測定機)

2018年(平成30年)
ISO9001:2015 更新取得

2021年(令和3年)
AM事業を設立
金属3Dプリンタ「M2 cusing SL Series4」2台導入、
日本初となる金属AMによる金型作りを開始
主要取引先(敬称略・五十音順) 株式会社アイシン
アイシン九州キャスティング株式会社
愛知機械工業株式会社
朝日アルミニウム株式会社
いすゞ自動車株式会社
ウメトク株式会社
九州柳河精機株式会社
ジヤトコ株式会社
株式会社ジェイテクト
スズキ株式会社
株式会社スズキ部品富山
株式会社SUBARU
精工産業株式会社
ダイハツ工業株式会社
ダイハツ九州株式会社
東海精機株式会社
東洋電産株式会社
トヨタ自動車株式会社
トヨタ自動車九州株式会社
トヨタ自動車北海道株式会社
株式会社豊田自動織機
豊田合成株式会社
株式会社豊通マシナリー
日産自動車株式会社
広島アルミニウム工業株式会社
本田技研工業株式会社
マツダ株式会社
三井金属ダイカスト株式会社
美濃工業株式会社
美濃工業栃木株式会社
柳河精機株式会社
リョービ株式会社
関連会社 株式会社ダイナモ
株式会社Tooling Innovation
DYNAMO Vietnam Co.,LTD
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)