東芝トランスポートエンジニアリング株式会社トウシバトランスポートエンジニアリング

東芝トランスポートエンジニアリング株式会社

鉄道システム開発・設計・品質保証
業種 鉄道
総合電機(電気・電子機器)/コンピュータ・通信機器・OA機器/情報処理/機械設計
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

国内営業部
松岡 秀樹
【出身】経済学部産業経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 大手電鉄会社相手の営業担当として自分の顔を売り、信頼関係を築く
私が担当しているのは、当社の主要顧客である大手電鉄会社。3人で担当しているのですが、主にメンテナンスに関する提案をし、発注から回収まで一貫して行っています。営業の方法としては、まずは株式会社東芝が納入した電気用品の年数を調査し、予防保全を行うべき対象を洗い出します。それから実際に提案活動を行っていくのですが、基本的にはルート営業ですので、お客様との信頼関係を築いていないと商談に持ち込むことはできません。とにかくお客様のもとへ足を運び、「松岡さんだったらお願いしようかな」と言ってもらえる関係性を築くことが大切。そして、相談を真っ先に持ちかけられるようになり、会社の代表として信頼されること。受注できるか否かは、その営業の関係性によるところが大きいのです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様のニーズを満たし、技術者の誇りを守る
お客様の要望はいろいろあり、ときには出来ないことや、望ましくない要望を受けることもあります。実際、設計担当者と話していて「こんなことは出来ない」と言われることもある。そんな中、いかにしてお客様のニーズを満たしつつ、かつ高い品質を保っていくか。そのポイントとなるのは、やはり信頼性です。顧客関係性はもちろん、社内とのコミュニケーションを日ごろから密に取っておくことが重要。お客様を第一に考えつつ、とにかく工場によく足を運び、技術的な知識を見学させてもらいつつ社内の信頼性を築いていく。そうした取り組みを続けていくと、技術部門との信頼関係も築けますし、トラブルが起きた時には助けてくれます。そうやって各関係者との信頼関係をつくり、味方を増やしていくこの働き方は、自分に合っていると思いますね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学生の立場で話してくれた面接が、驚きでした
部長面接のときだったんですが、自社の説明ばかりでなく、終始一貫して学生の立場で話してくれたのが驚きでした。よく学生のことを考えてくれているんだな~と。銀行や不動産などいろいろな営業職を受けていたのですが、「明るい職場だし、君だったら楽しくやれると思うよ」と言ってもらえたときには、もうここで働こうと思っていましたね。実際に入社してみてもギャップはなく、充実した職場生活を送れています。頼りになる仲間も多くいるし、目標となる営業の先輩もいる。もともと鉄道にあまり興味はなかったのですが、気がつけば自分で本を買って勉強するようにもなっていました。ここは、社員のことを大事にしてくれる会社だと思います。
 
これまでのキャリア 2007年新卒入社。入社以来、営業部にて大手電鉄会社相手の営業担当を一貫。「この会社には松岡あり」と言われる存在になることが目標です。

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

実は、私が当社に興味を持ったキッカケはサッカー部があったから。不純ですね(笑)。でも、それをキッカケに社風を知り、仕事内容を知り、入社する決意が固まりました。自分の気持ちに素直になり、とにかく色々な会社をみてみることで、自分に合った会社が見つかるかもしれません。あまり堅く考えず、自分の目で確かめることを私はおすすめします。

東芝トランスポートエンジニアリング株式会社の先輩社員

劣化故障を防ぐため、鉄道車両用電気用品の代替え設計を行う

交通フィールドシステム部 システム設計担当
永岡 隆史
理工学部電気工学科

最後の砦として、鉄道車両用の電気用品の品質検査を行う

品質保証・サービス部 品質保証担当
徳留 伸
工学部機械工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる